京都蒸溜所IWSC受賞のお知らせ

京都蒸溜所

2021/11/2 11:00

英国品評会IWSC表彰式において2度目の快挙となる「インターナショナル ジン プロデューサー」を受賞

株式会社京都蒸溜所(京都市南区 代表取締役 CEO: デービッド・クロール)は、11月1日(月)に発表された英国の酒類品評会「IWSC(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)」において「インターナショナル ジン プロデューサー」を受賞したことをお知らせします。

京都のプレミアムジン「季の美 京都ドライジン」(以下「季の美」)を製造する京都蒸溜所は2014年京都市南区吉祥院に設立し、2016年10月「季の美」を発売しました。2021年現在世界30ヶ国以上に輸出をしております。この度の受賞は2018年に同賞で日本のジン生産者として初めて受賞をして以来2度目の快挙となります。

京都蒸溜所は2020年3月ワインとスピリッツの製造において世界 2 位を誇るフランスの酒造メーカーペルノ・リカール社と資本提携を結び今後は国内外の流通をさらに強化していく所存です。

■受賞にあたってのコメント

株式会社京都蒸溜所 創業者 デービッド・クロール

この度の受賞は京都の伝統、歴史、文化を担う方々や農家の方々、ご協力いただいた皆様のコラボレーションのおかげで受賞することができました。季の美は何世代にも亘って受け継がれたクラフトマンシップや技術にインスパイアされた商品です。旅行ができる暁には国内外から多くの皆様が京都にいらっしゃることを心待ちにしております。

同 マーチン・ミラー

まず京都の老舗職人や農家の皆様とタッグを組み、季の美を造っている蒸溜チームに感謝したいと思います。私達は常に上質なものを目指して日々努力を重ねて改善しております。創業してかわずか5年間でこのような賞を2度もいただきとてもありがたく思います。

■IWSC(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)とは

1969年に英国で設立の世界的な酒類品評会。毎年世界各国からエントリーされる多種多様な酒類には日本酒や焼酎も含まれ、カテゴリー別のブラインドテイスティングと技術的な分析により審査が行われます。

■京都蒸溜所

HP:kyotodistillery.jp     

Facebook: @TheKyotoDistillery

Instagram: @thekyotodistillery

■季の美 京都ドライジン

京都蒸溜所が造るプレミアム クラフトジン。柚子や赤紫蘇、山椒など京都産のボタニカルと銘酒「月の桂」で知られる増田德兵衞商店の柔らかな仕込み水を使用し、「和」を追求した味わいが特徴です。ボトルデザインは、江戸時代から続く唐紙屋を継承する雲母唐長(KIRA KARACHO)が文様監修したデザインを用いており、日本が誇る四季の美しさを表現しています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中