アラブの若者は、環境にダメージを与えるブランドをボイコットすると半数以上が述べて、気候変動対策を支持しています。第13回ASDA'ABCWアラブ青年調査

ASDA'ABCWアラブ青年調査

2021/11/3 12:34

AsiaNet 92794

 

アラブ首長国連邦、ドバイ, 2021年11月2日 /PRNewswire/ -- 若いアラブ人の半数以上(56%)が気候変動を懸念していると述べ、同様の数は、環境に損害を与える方法で運営されていると見られるブランドをボイコットします。この説得力のある感情は、気候変動、気候行動、そして若いアラブ人の気候問題を緩和する上での地方政府の役割に対する懸念の高まりを反映し、第13ASDA'ABCWアラブ青年調査の http://www.arabyouthsurvey.com/ 重要な発見です。

 

この地域の若者は、政府や企業が自分たちの財布を使って行動することにより、気候変動対策に関して責任を持って行動することを確実にするよう設定されているようです。GCCの若者のほぼ3分の2(63%)が環境を尊重しないブランドをボイコットする意思があり、北アフリカの若いアラブ人の半分以上(56%)とレバントの51%がそれに続きます。

 

「気候変動」に関するこの調査結果は、MENAの主要な広報コンサルタントであるASDA'ABCWhttp://www.asdaa-bcw.com/ によって本日発表され、COP26(グラスゴーで開催された第26回気候変動に関する 国際連合枠組み条約(UNFCCC)締約国会議)(https://unfccc.int/process/the-convention/history-of-the-convention#eq-1 )に合わせて発表されました。 

 

この調査では、グローバルな戦略的調査および分析のスペシャリストであるPSB Insightsが、中東および北アフリカ(MENA)地域の17の州の50の都市と地域で18〜24歳のアラブの若者に3,400人の対面インタビューを実施しました。2021年6月6日から30日までの期間。

 

MENABCWの社長でASDA'ABCWの創設者であるSunilJohnは、次のように述べています。「2008年の最初のアラブ青年調査では、調査対象の青年のわずか11%が、気候変動は世界が直面している最大の課題であると感じていました。13年早送りすると、気候変動が若者の議題を支配し、56%が問題に懸念を抱いていると述べています。アラブの若者は、気候変動に対する行動を推進するための政府のイニシアチブ、技術の進歩、個人の行動の組み合わせを信頼しています。ASDA'A BCWアラブ青年調査を感情のバロメーターと見なすと、若いアラブ人の願望は、政府や企業が持続可能性に強い姿勢をとるように促すことの1つであるように思われます。

 

回答者の5分の2以上(43%)が、アラブ政府は気候変動に対処するために他の国よりも多くのことを行い、世界の舞台で主導的な地位を占めるべきだと感じています。GCCの若者の79%の大多数は、政府が効果的な気候変動緩和策を推進できると強く感じています。 

 

詳細:arabyouthsurvey.com

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1675662/ASDAA_BCW_Arab_Youth_Survey.jpg

 

(日本語リリース:クライアント提供)

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中