日本の未来型洗浄技術:世界で最も嫌われている家事の煩わしさを解消する「柔京姫便器洗浄パウダー」

LOGESKI

2021/11/18 11:56

AsiaNet 93128

 

【東京2021年11月18日PR Newswire】日本で開発された未来型洗浄技術をベースにした「LOGESKI便器洗浄パウダー」がLOGESKIブランドで発売された。同パウダーは、先駆的な泡吸着ベースの洗浄技術「泡スパークリング技術」を採用した新発想の家庭用トイレ洗浄剤である。

 

地球上のどこに住んでいようと、便器の掃除は嫌な家事の一つとされている。時間も手間もかかり、不愉快になる。家庭衛生のグローバルモデルである日本の家庭では、いかに効率よく時間をかけず常に快適に掃除をして、トイレを新品のようにきれいな状態に保ち、全体的な暮らしの質を高めているのか?LOGESKIの便器洗浄パウダーは、効率的で手間のかからない、包括的な便器洗浄ソリューションを提供する。

Caption: 世界で最も嫌われている家事の煩わしさを解消する「LOGESKI便器洗浄パウダー」

 

▽LOGESKIが特許を取得したコア技術が、家庭での面倒な掃除を不要に

 

LOGESKIのR&Dセンターは、泡吸着をベースとする先駆的な洗浄ソリューションを開発した。このソリューションには、コア技術がもたらした2つのメリットがある。

 

1.泡スパークリング洗浄技術。洗浄パウダーは濡れると素早く泡立ち、洗浄剤をたっぷり含んだ高密度の泡を大量に発生させ、この泡が被洗浄面に強く吸着して汚れを素早く分解、便器をこする手間を省いてくれる。

 

2.黄金の組成比。洗浄パウダーに次亜塩素酸ナトリウムを添加することで、適切な殺菌・消毒ができないという、従来の酸性洗浄剤の限界を克服。その結果、99%の有効殺菌率を達成した。

 

▽原材料の厳選、標準的な製造工程、国際基準を満たす品質

 

LOGESKIは、複数のグローバルな原材料供給元と協力して高品質の原材料を厳選、LOGESKI製品の独自性と安定性を確保している。LOGESKIはまた、GMP認証を受けたクラス10万の無菌製造工場と完全自動化された製造設備を使用して製造工程を厳格に管理、全バッチが国際基準を満たしていることを保証している。

 

2020年に日本で設立されたLOGESKIは、「暮らしを変える清掃(Cleaning, Change Life)」をモットーに、清掃という無限の可能性の追求に注力している。今後も清掃製品メーカーとして、よりシンプルで効率的な清掃製品を研究し、よりシンプルな清掃ソリューションを生み出し、世界中の家族に手間いらずの清掃体験を提供し、より良い暮らしを楽しんでもらいたい。

 

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=407927

写真説明:世界で最も嫌われている家事の煩わしさを解消する「LOGESKI便器洗浄パウダー」

 

(日本語リリース:クライアント提供)

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

世界で最も嫌われている家事の煩わしさを解消する「LOGESKI便器洗浄パウダー」

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中