マレーシアと中国がHERBOMICSデジタル証明書を使った国際貿易で薬草のサプライチェーンを育成

Good Health System Ltd

2021/12/8 18:10

マレーシアのサイフディン・アブドゥッラー外相、Tan Sri Lee Kim Tiong、Suwei博士、CHIANG chun yuan博士

 

AsiaNet 93522(3112)

 

【杭州(中国)2021年12月7日PR Newswire=共同通信JBN】2021年9月29日にマレーシアと中国の外相間で漢方薬協力を含む対話が行われたのを受け、2021年12月4日に浙江省の省都、杭州で行われた式典で、銭海・深センのGood Health System Ltd. (「GHS」)とCountry Heights Holdings Berhad傘下のGHHS Healthcare(「GHHSH」)が覚書(MOA)に署名、マレーシアのサイフディン・アブドゥッラー(Saifuddin Abdullah)、中国の王毅両外相が、漢方薬所管当局間の覚書更新を含む二国間協力について共同声明を発表した。

 

GHSは同MOAに基づき、GHHSHとのHERBOMICSデジタル証明書を通じて、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の人々向けに質の高い薬草の供給促進に取り組む。一方、GHSとGHHSHは中国建設銀行ラブアン支店(CCBL)を通じてつながっており、CCBLは国際的な薬草取引を支援する効率的金融ソリューションの提供を約束している。

 

GHS創業者のCHIANG Chun Yuan博士は「われわれはエンドユーザーからの直接のフィードバックも促しており、これは人類のためになる新たな製剤や投与方法の改善に採用されるかもしれない」と語った。

 

GHSは、動的および静的な生体認証システムの評価計算に基づく、HERBOMICSデジタル分析を専門とするバイオデジタル・テクノロジー企業である。顧客に提供している主なサービスの1つは、バイヤーの手元に届くまでの植物原料の全過程の認証である。

 

GHSは、世界の薬草用品業界に信頼性という付加価値を与えるため、クローズループで安全かつ便利なデジタルサービスプラットフォームを開発した。これはGHSコードの導入を通じて行われ、同コードは、健康、植物原料、国際的サプライチェーン分野の国際的なシステムや基準と互換性がある。

 

▽GHSについて

漢方薬治療は、何世紀にもわたって世界中の様々な文化で広く使われてきた。世界はまだパンデミックから100%回復していないが、人々や科学者たちは、ヘルスケアのために、また研究やイノベーションの方向性として、薬草のような質の高い自然療法に以前よりオープンになっている。

 

GHSは、AIとクラウドコンピューティングを駆使した、化学的定量分析に合致する薬草のバイオインフォマティクスのネットワーク化、デジタル化をベースに、原料となる薬草の長いサプライチェーンに沿ったリアルタイムで便利な分析を提供している。製薬会社、小売チェーン店、エンドユーザーなどへの高品質な製品の供給力を高めるGHSのサービスは、アプリを通じて利用できる。

 

2020年の世界の漢方薬市場の規模は1500億ドルで、2027年には2300億ドルに成長すると予測されており、アジア太平洋地域が市場の50%を占めている。GHSとGHHSHは、ASEAN地域における国境を越えた薬草取引を促進するため、業務体制を確立していく。

 

ソース:Good Health System Ltd

 

画像添付リンク

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=410035

(画像説明:マレーシアのサイフディン・アブドゥッラー外相、Tan Sri Lee Kim Tiong、Suwei博士、CHIANG chun yuan博士)

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

マレーシアのサイフディン・アブドゥッラー外相、Tan Sri Lee Kim Tiong、Suwei博士、CHIANG chun yuan博士

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中