1.6T トランスポンダ/マックスポンダ 「LE400T」を発売

1Uサイズで400Gbps×4(最大1.6T)の伝送レートを実現

FXC

2022/2/28 13:00

NEWS RELEASE

2022年2月28日

FXC株式会社

 

1.6T トランスポンダ/マックスポンダ LE400T」を発売 1Uサイズで400Gbps×4(最大1.6T)の伝送レートを実現=

 

 

 

 

FXC株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:谷輪 重之)は、1.6T トランスポンダ/マックスポンダ「LE400T」を2022年2月28日(月)より販売開始致します。

 

 

 

LE400Tは、1Uサイズで4x400G(最大1.6T)の伝送レート、EDFAアンプ、4chMux/Demux搭載により、最大35dBのバジェットを実現。400Gアップリンクを100GbE、OTU4、400GbEと組み合わせて提供します。

LE400Tは、企業・キャンパス・クラウドコンピューティングネットワーク向けの大容量DCIの提供および、既存のOTN/DWDMインフラを400Gリンクで拡張することが可能です。

 

またLE400Tは、昨年行われた『Interop Tokyo 2021』の“Best of Show Award”ネットワークインフラ(光伝送装置部門)にて“グランプリ”を受賞しました。

 

≪審査員の評価ポイント≫

・400Gbpsを4波束ねることで最大1.6Tbpsの大容量通信を可能にする先進性

・EDFAアンプとミキサーを1Uサイズに搭載するという省スペース性

 

製品型番と標準価格

・LE400T :OPEN価格

 

受注開始日 2022年 2月28日(月)

出荷開始日 2022年 3月1日(火)

製品情 https://www.fxc.jp/products/wdm-otn/wdm_le400t/

 

 

 

製品特長

 

●1x400Gトランスポンダ/4x100Gマックスポンダ

●Uplink: 400G CFP2-DCO,

 400G CFP2-DCO for Single fiber(将来対応)、

 400G QSFPDD-DCO(将来対応)

●Client: 4x100G QSFP28、

 400G QSFPDD(将来対応)

●Client interfaces:100GE、OTU4、400GE

●GCCインバンドチャネル(将来対応)、またはOSCを介したリモート管理が可能

●FEC(Forward Error Correction) 機能対応

●電源、FANはホットスワップ対応。電源は冗長可能(AC、DC混在可能)

●パフォーマンスモニタ機能(光入出力、回線品質)

●Eye Safety機能

●OAM(ループバックテスト機能)

 

 

 

 

■裏面

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お問い合わせ先】

FXC株式会社:マーケティングチーム

〒111-0053 東京都台東区浅草橋三丁目20番15号 浅草橋ミハマビル7階

  TEL: 03-6820-0319 FAX: 03-5809-3258

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 FXC株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 電気機器
  • URL https://fxc.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中