Utimacoが決済業界向けのハイセキュリティー・ソリューションで豪州市場に参入

Utimaco

2022/3/8 14:22

AsiaNet 94723

【シンガポール2022年3月8日 PR Newswire】Utimacoはこのほど、ABI ResearchのCompetitive Ranking of Hardware Security module Original Equipment Manufacturers(ハードウエアセキュリティーモジュールのオリジナル機器製造業比較ランキング)で、Overall Leader(全体リーダー)およびTop Implementer(最高実装者)に指名された。 Utimacoは、決済、電気通信、自動車などの産業や公共部門向けに多岐にわたるITセキュリティーソリューションを提供している。

 

 


UtimacoのAtalla AT1000 Payment Hardware Security Module(HSM)がAustralian Payments Network(AusPayNet)の認証を獲得 (PRNewsfoto/Utimaco)



ITセキュリティーソリューションの世界的プロバイダーであるUtimacoのAtalla AT1000 Payment Hardware Security Module(HSM)は、 Australian Payments Network(AusPayNet)の認証を受けて、 IAC Approved Devices Listに追加された。Atalla AT1000 は比類ないスピードで銀行間ビジネスを可能とし、また同時に決済サービスプロバイダー、アクワイアラー、プロセッサー、およびイシュアー向けに決済エコシステムのセキュリティーも提供している。

 

また、オーストラリアの顧客はデータとトランザクションを最高レベルのセキュリティーで保護し、業界特有の認証やコンプライアンス要件を満たし、デジタルトランスフォーメーションのプロセスに役立つさまざまなソリューションやサービスの恩恵を受けることができる。例えば、Utimacoの汎用HMSは、PKI(公開鍵暗号基盤)やデジタル署名、ジェネリックの対照あるいは非対称暗号化操作など多岐にわたる使用事例にとって理想的なソリューションを提供している。

 

急速に変化するデジタル世界においては、セキュリティーとコンプライアンスが主要な懸念事であるものの、組織は同様に柔軟性を持ち、新しいデジタル・ビジネスモデルに適応し、クラウドベースのモデルを事業に一層統合できる必要がある。Utimacoは、企業がクラウドにおいて安全でコンプライアンスに準拠した方法でデータの活用と処理を行うのを可能にするだけでなく、顧客のニーズと要求に応じてオンプレミスとサービスとしての実装の両面に向けたソリューションを提供している。

 

UtimacoのDeval Shethアジア太平洋担当マネジングディレクターは、「AusPayNetの承認により、決済業界において世界最速とまではいかないまでも、そのうちの1つである当社のAtalla AT1000をオーストラリア市場に投入し、このソリューションやその他のソリューションを、代替的および革新的なITセキュリティーソリューションを求めている顧客やパートナーに紹介できることに大変嬉しく思っている。ITセキュリティー分野で30年以上の実績を持つことから、世界中の数百の組織から信頼を得ており、私たちの専門的知識と顧客志向がオーストラリア市場の要求を満たせると確信している」と語った。

 

▽UTIMACOについて

 

UTIMACOは、信頼されるサイバーセキュリティーとコンプライアンスソリューションとサービスのグローバルプラットフォームプロバイダーあり、アーヘン(ドイツ)と米国カリフォルニア州キャンベルに本社を置いている。 UTIMACOはオンプレミスとクラウドベースのハードウエアセキュリティーモジュールおよび暗号化キー管理サービスを開発し、規制分野関連では電気通信プロバイダー向けのコンプライアンスソリューションも開発している。 UTIMACOはこれらの2つの市場セグメントのどちらでも世界を主導するメーカーである。

 

世界中で470人以上の社員が、グローバルな顧客と人々のために、責任を持ってデータとアイデンティティー、通信ネットワーク保護のための革新的ソリューションとサービスを構築している。さまざまに異なる業界の顧客とパートナーが、UTIMACOのハイセキュリティー製品とサービスの信頼性、長期的投資としての安全性を評価している。


(日本語リリース:クライアント提供)



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中