北米ドローンメーカーSkydio社ドローン「Skydio X2」「Skydio 2+」の販売を開始

~機体保有による本格的な業務活用と用途拡大を支援~

NTTドコモ

2022/3/17 15:30

2022年3月17日

株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、自律飛行型ドローンを開発するSkydio, Inc.(以下、Skydio社)が提供するドローン「Skydio X2™」を、法人のお客さま向けに2022年3月17日(木)から販売を開始します。

また、ドローン「Skydio 2+™」の注文受付を2022年3月17日(木)に開始し、2022年4月下旬以降に販売を開始します。

 

 「Skydio X2」は、新たにSkydio社が展開する産業特化型機体です。従来の機体と比較し、バッテリー容量が向上したほか、広範囲な状態確認が行えるデジタル16倍ズーム機能やサーマルカメラを搭載するなど、さまざまな機能が向上しました。今回、「Skydio X2」シリーズとして「Skydio X2E」と強固なセキュリティ対策を施した「Skydio X2D」の2機種をドコモで取り扱います。この2機種の操作画面は、カラー映像に加えサーマルカメラで 取得した対象物の熱源をモノクロまたはカラーで色表示が可能であり、タッチパネル操作で画面切り替えが容易に行えます。さらに、専用のコントローラ「Skydio Enterprise Controller」は、操作画面を外部出力することができるため、映像伝送装置などを用いることで離れた拠点へ映像伝送が可能です。

 

 「Skydio 2+」は「Skydio 2™」の後継機で、全方位に障害物回避技術を搭載しており、従来飛行が難しかった狭所などにおいて、安全に飛行が可能です。従来の機体より飛行時間が延長されており、1回の飛行でより長時間の撮影が可能となります。また、パイロットと機体間の通信品質を強化する外部アンテナ機構を有しており、良好な通信を維持することが可能です。さらに、GPSが取得しづらい環境でもドローンを既定の場所へ安全に帰還させることができる「Visual Return-to-Home」などを有した「Skydio Autonomy™ Enterprise Foundation」を活用することで、さまざまな環境において安全に飛行することが可能です。※1

 これらの機体を新たにラインアップに加え、「販売」という形でお客さまに提供することにより、お客さまの活用方法に合わせて最適に選んでいただくことが可能になります。

 

     

       「Skydio 2+」  

 

       「Skydio X2E」

 

 これまでもドコモはSkydio社とともに国内のお客さまに安心・安全にドローンをご利用いただくための技術評価を繰り返し、操作アプリケーションの改善や通信距離の延伸を実現してきました。

また、SKYDIO MASTER INSTRUCTOR 資格に基づく日本で唯一※2の「Skydio認定講習」も開始しました。これらの取り組みに、新たな機体とサービスメニューへ「販売」を追加し、今後もドコモは、ドローンの普及拡大による社会課題解決に努め、安全・安心なドローン活用を推進します。

 

※1 「Skydio社ドローン」の飛行・撮影の様子はhttps://www.youtube.com/watch?v=_t48C57l6uQ をご確認ください。

※2   2022年3月17日時点

*「Skydio 2」「Skydio X2」「Skydio 2+」「Skydio Autonomy」はSkydio, Incの商標です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別紙

 

新たなSkydio社ドローンとサービスメニュー概要

 

1.新たなSkydio社ドローンの概要

 産業特化型機体「Skydio X2」シリーズとして「Skydio X2E」と強固なセキュリティ対策を施した「Skydio X2D」、「Skydio 2」の後継機である「Skydio 2+」の3機種をラインアップします。

 また、「Skydio X2E」「Skydio X2D」については、カラーカメラおよび赤外線カメラ実装モデル「Color/Thermal」と、カラーカメラのみ実装モデル「Color」の選択が可能です。

 


Skydio X2E Skydio X2D Skydio 2+

メインカメラ性能

4K / 60 fps with 16x digital zoom

4K / 60 fps with 3x digital zoom

メインカメラ静止画解像度

4056x3040 (12 MP)

サーマルカメラ解像度

320x256 -

最大駆動時間

35分 27分

Skydio Autonomy Enterprise Foundation

標準搭載

Skydio 3DScan™

オプション

温度範囲

-10℃~43℃ -5℃~40℃

※「Skydio 2+」は操作するために別途タブレットなどの操作端末が必要となります。

 

2. Skydio社ドローンのサービスメニュー

 活用方法や期間が異なるSkydio社ドローンのサービスメニューを3つ提供します。  

 いずれのメニューも、お客さまの要望に応じて組み合わせることが可能です。

メニュー名

提供内容

対応機種

価格(税込み)

(1)

技術検証※1

Skydio社ドローンの有用性の検証/1日

・検証計画の策定、撮影データの提供、報告書の作成

・パイロットによるドローンの飛行

・技術検証用プログラムでの飛行、「Skydio 3DScan」での飛行、データのAI解析などの検証

・「Skydio X2E」

・「Skydio 2」

 

82万5千円~

(2)

運用検証※2

Skydio社ドローンの業務運用可否の検証/ 2か月

・Skydio社ドローンのレンタル

・「docomo sky Cloud」の提供※3

・「Skydio認定講習」

・「Skydio 2」

 

個別見積もり

(3)

販売※4

Skydio社ドローンの販売

・「Skydio 3DScan」の1年ライセンス利用

・「Skydio認定講習」

・「Skydio X2E」

・「Skydio X2D」

・「Skydio 2+」

個別見積もり

※ 「Skydio X2E」および「Skydio X2D」についてはカラーカメラおよび赤外線カメラ実装モデル「Color/Thermal」と、カラーカメラのみ実装モデル「Color」の選択が可能です。

※ これまで提供していた「1年レンタル」につきましては、「Skydio 2+」の販売受付開始と同時にサービス終了となります。

 

3. 注文受付開始日

 2022年3月17日(木)

 

4. 提供開始日

 「Skydio X2」 : 2022年3月17日(木)

 「Skydio 2+」 : 2022年4月下旬以降

 

5. 対象

  企業・自治体のお客さま

 

6. 受付窓口

    全国のドコモ法人営業担当

 

 

※ 1 実施内容、飛行場所および飛行日数などによって提供価格は変動します。また、「Skydio X2E」および「Skydio 2」を用いて検証を実施いたします。

※ 2 「Skydio 2」を用いて検証を実施いたします。

※ 3 詳細は、docomo skyサービスサイトhttps://www.docomosky.jp/をご確認ください。

※ 4 「Skydio社ドローン」をはじめてお使いの場合、ご利用前に「Skydio認定講習」の受講による安全な運用を推奨します。また、ドローン動産総合保険(機体・賠責)に関しては含まれておりませんので、別途お客さまご自身で必要に応じて加入いただく必要があります。

 

*「Skydio 3DScan」はSkydio, Incの商標です。

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中