「ドコモオープンイノベーションクラウド」の提供拠点拡大と新基盤の提供開始

~サービス名称は7月1日から「docomo MEC(ドコモメック)」に変更~

NTTドコモ

2022/4/12 15:30

2022年4月12日

株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモのネットワーク網と接続したクラウドサービスである「ドコモオープンイノベーションクラウド®※1」(以下、本サービス)の提供拠点を、2022年6月末までに東北・東海・北陸・中国・四国の5拠点を追加し、低遅延でドコモのネットワークをご利用いただける範囲を全国へ拡大します。新規拡大拠点では、高速かつ低遅延のデータ処理を実現する新基盤「Compute D※2」を提供します。また、新規拡大拠点での受付は本日以降、順次開始します。なお、本サービスは2022年7月1日(金)から、サービス名称を「docomo MECTM(ドコモメック)」に変更します。

 

 本サービスは、ドコモ5Gコアネットワーク内のお客さまの近くにサーバを配置し※3、仮想マシン環境や接続環境を提供して低遅延・高セキュリティを実現するMEC(Multi-access Edge Computing)サービスです。

 また、本サービスは2021年12月に開始した、法人のお客さま向けのスタンドアローン(Stand Alone)方式による5Gサービス※4(以下、5G SA)にも対応しているため、今後実現するユースケースごとに最適化したネットワークとかけ合わせることで、必要な場所で利用用途に適した低遅延・高セキュリティなネットワークの利用が実現し、地域に結びついた課題を解決できるようになります。これにより、たとえば製造・建設現場の機器・重機の遠隔操作や医療現場の遠隔画像診断では、操作指示から現場への反応・伝達のズレが少なくなり、操作性や安全性が向上します。その他にも、スタジアムにご来場のお客さま向けのマルチアングル映像配信では、眼前の試合状況とのズレを感じないリアルタイム映像をお楽しみになれます。

 

 

 新たに加わる東北・東海・北陸・中国・四国の5拠点では、次世代MEC試験環境「Beyond-MEC※5」で先行活用している新基盤「Compute D」を提供します。「Compute D」は、基盤内部の高いネットワーク性能や、高性能GPUを活用いただくことで、高速かつ低遅延のデータ処理を実現できることが特長です。

 

 本サービスの新拠点でのご利用に関するお申し込みは、まず中国拠点において、本日から受付を開始します。さらに、2022年6月末までに東北・東海・北陸・四国の4拠点も順次受付を開始する予定です。

 

 今後もドコモは、「5G×MEC」を通じた新しい価値を創出し、全国のワークスタイル・トランスフォーメーション(WX)や地域社会のデジタル・トランスフォーメーション(DX)に貢献することで、お客さまの生活がより便利で、豊かなものになるよう努めてまいります。

 

 なお、本サービスの提供開始にあわせ、中国拠点において導入予定のお客さまである株式会社熊平製作所様、独立行政法人国立高等専門学校機構 呉工業高等専門学校様、および「Compute D」の基盤技術を提供するパートナー企業であるNVIDIA様よりコメントをいただいています。コメントの詳細は別紙1をご覧ください。

 

※1 「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、ドコモ網内の設備にクラウドコンピューティング設備を構築することで、5G時代に求められる低遅延・高セキュリティ通信を実現するMEC(Multi-access Edge Computing)を活用したソリューションが利用できるクラウドサービスです。(各種条件により遅延時間は変動するため、ネットワークの伝送遅延が必ず一定以下になるといった保証をするものではありません。)

※2 「Compute D」は、分散配置(Distributed)されたコンピューティングを意図した名称です。

※3 東北、東京、神奈川、北陸、東海、大阪、四国、中国、大分の9つの拠点のなかからお選びいただけます。

※4 スタンドアローン(Stand Alone)方式による5Gサービスとは、5G専用のコアネットワーク設備である5GC(5G-Core)と、5G基地局を組み合わせて提供する5Gサービスです。

※5 「Beyond-MEC」は、「ドコモ5Gオープンラボ®Yotsuya」において提供する、スタンドアローン方式の5Gでの利用を想定した「ネットワーク特化型クラウド」を備えた検証環境です。通信ネットワーク上のお客さまに近い位置にサーバなどを配備するMEC(Multi-access Edge Computing)の特長を備えています。

 

* 「ドコモオープンイノベーションクラウド」「 docomo MEC 」「ドコモ 5G オープンラボ」は、株式会社 NTT ドコモの商標または登録商標です。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

別紙1

 

 

「ドコモオープンイノベーションクラウド」の拠点拡大と新基盤「Compute D」の概要

 

1.拠点拡大の概要

 ・本サービスを、現在提供中の東京・大阪・神奈川・大分に加え、新たに5拠点(東北・東海・北陸・中国・四国)でも順次提供を開始。

 ・新規拡大拠点の地域のお客さまは、現在提供中の4拠点より近い拠点を選択することが可能になるため、より低遅延※1の通信が可能となり、本サービス上のソリューションやサービスが、より快適・安全に利用することが可能。

 ・モバイル回線の接続先拠点を変更できる機能や、仮想マシンインスタンスや仮想ネットワークを管理するコンソールへの導線を提供しているポータルサイトのログイン認証に、パスワードレス設定や生体認証などのセキュリティ機能に対応した法人向け共通認証ID「ビジネスdアカウント」※2を採用。

 

2.新基盤「Compute D」の概要

 ・仮想マシンインスタンス※3単位で契約、利用が可能。

 ・シンプルで自由度の高いOpenStack※4を採用。

 ・高性能ネットワーク機器の採用と高速インターフェースの提供により、高いネットワーク性能を実現。

 ・物理GPUサーバ(パススルー方式)※5を提供。

 

3.「Compute D」の利用料金および新規拡大拠点での受付開始時期

メニュー 月額料金
(税込み)
受付開始

基本サービス

仮想マシンインスタンス

6,050円~

▪中国: 2022年4月12日(火)

▪東北・東海・北陸・四国:
 2022年6月末までに順次開始予定

オプションサービス

クラウドダイレクト※6

未定

2022年夏頃予定

その他のオプションサービス

(ネットワークセキュリティサービスなど)

未定

順次対応予定

 

4.申し込み方法

 ・全国のドコモ法人営業担当者にお問い合わせください

 

5.サービスホームページ

 「ドコモオープンイノベーションクラウド」サービスページ

  https://www.docomo.ne.jp/biz/service/doic/

 

6.導入予定のお客さまおよび技術パートナー企業からのコメント

<株式会社熊平製作所 販売促進部 参事 立間輝志様>

 この度、ドコモの5GとMECサービスの共同検証およびプロモーションにクマヒラグループ2社(株式会社クマヒラ、株式会社熊平製作所)が参加させていただくことになりました。本検証は弊社ショールーム(広島県広島市南区)をご活用いただき実施いたします。

 ドコモの5GとMECサービスの特長である超高速、低遅延、かつセキュアな通信により、オンプレミス環境が一般的な大規模セキュリティシステムの認証制御においても、今後クラウド化の声が高まることが予想されます。本検証の成果は、クラウド化によるUX向上など、お客さまに新しいさまざまな価値を提案する基盤になると期待しております。

 《クマヒラグループの概要》

 自社で開発・製造したフィジカルセキュリティを全国ネットワークで販売からサービスまで一貫して提供。

 

<独立行政法人国立高等専門学校機構 呉工業高等専門学校 協働研究センター長 黒木太司様>

 呉市の産業は若者の流出と少子高齢化により、後継者不足という危機に直面しています。また、急傾斜地では毎年のように土砂崩れが発生し、呉地域は今「安心安全な街づくり」と「魅力ある産業づくり」が喫緊の課題です。このような課題を解決しうる手段として、サーバが身近に設置されるMECは、高齢者の見守りや車両走行支援、災害時の避難状況把握など、即時性が要求される場面に適し、かつサイバーセキュリティにも強みがあり、安心安全な社会に貢献する素晴らしい技術といえます。

 当呉高専は、現在ドコモと新たなパートナーシップを構築する中、今回新たなMECが中国地域に設置されるとの朗報を受け、大変心強く思います。MECと5Gを活用し、一層の教育研究や地域支援を推進してゆく所存です。

 《呉工業高等専門学校の概要》

 昭和39年に開校。ものづくり現場を理解し企画開発力を持った「中核技術者」の育成をめざす。

 

<エヌビディア日本代表 兼 米国本社副社長 大崎真孝様>

 ドコモの新たな5G MECサービス「Compute D」に採用された、「NVIDIAアクセラレーテッドネットワーキング ソリューション」により、全国のMEC拠点から高速かつ低遅延でさまざまなワークロードを加速することができます。また、NVIDIA GPUの活用で、高精細の映像処理やXRのクラウドレンダリング、そしてエッジAI推論が高速化され、さらなる5Gビジネスの発展が期待されます。今後もNVIDIAプラットフォームを活用いただくエコシステムパートナーの皆さまと共に新たなビジネス創出を支援してまいります。

 《NVIDIAの概要》

 並列コンピューティングでAI、仮想現実、高性能コンピューティングの世界をリードする企業。

 

※1 無線区間や有線区間の各種条件により遅延時間は変動するため、ネットワークの伝送遅延が必ず一定以下になるといった保証をするものではありません。

※2 既に「ドコモオープンイノベーションクラウド」をご契約いただいているお客さまを含め、すべてのお客さま向けに対応します。

※3 仮想マシンインスタンスとは、物理的な一台のコンピュータ上で、ソフトウェアとして実装された仮想的なコンピュータを起動したもののことです。

※4 OpenStackとは、仮想マシンなどのクラウドコンピューティング環境を構築するためのオープンソースソフトウェアのことです。

※5 物理GPUサーバー(パススルー方式)とは、専用のGPUを直接仮想マシンに接続する方式のことです。1台の仮想マシンにGPUの機能をすべて割り当てることができます。

※6 「クラウドダイレクト」は、接続端末とサーバ基盤間の通信経路を最適化することでネットワーク伝送遅延を短縮する「ドコモオープンイノベーションクラウド」のオプションサービスです。新規拡大拠点における「クラウドダイレクト」の5G SA対応については、提供に向けて準備中です。また、「ドコモオープンイノベーションクラウド」のサービス名称変更にあわせ、「クラウドダイレクト」は2022年7月1日(金)からサービス名称を「MECダイレクト」へ変更します。

 

 

 

 

別紙2


docomo MEC」への名称変更の概要

 

1.名称変更の背景と目的

 「ドコモオープンイノベーションクラウド」の名称は、新しい価値の創出や社会課題の解決を進めていくために、多くのパートナーとともに社会・産業のイノベーションを協創する「協創プラットフォーム」の役割を表しています。2020年3月のサービス提供開始から、5Gの進化やエリアの拡大とともにサービスを進化させ、社会・産業の課題を解決するソリューションなど200件を超える事例で活用いただいています。

 

 2021年12月には「ドコモオープンイノベーションクラウド」「クラウドダイレクト」が5G SAにも対応し、5Gネットワークと一体となってサービスを進化させています。4G時代のアプリケーションではインターネットやインターネット上のクラウドでのコンテンツとともに発展してきました。5G SA時代はそれらに加え、5G SAを生かしたソリューションの実現に向け、お客さまのより近くで、5Gネットワークと一体に配置されたMECがますます重要な役割を担うことになります。

 

 このたびの拠点拡大にあわせ、全国のワークスタイル・トランスフォーメーション(WX)や地域社会のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を実現する「地域のプラットフォーム」として、5Gと共に進化し低遅延・高セキュリティを実現するMEC(Multi-access Edge Computing)としてわかりやすく伝えるため、2022年7月1日(金)から、サービス名称を「docomo MEC」に変更します。

 

2.名称

 現名称 : 「ドコモオープンイノベーションクラウド」

 新名称 : 「docomo MEC」

 ※あわせて、「クラウドダイレクト」は「MECダイレクト」に変更します。

 

3.サービスロゴ

 

 

4.名称変更適用日

 2022年7月1日(金)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ドコモビジネス

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中