PrometheumがChris Whitestock氏を最高セキュリティー責任者に任命

Prometheum

2022/5/13 14:46

Asianet 95965 (1088)

 

【ニューヨーク2022年5月12日PR Newswire=共同通信JBN】

*20年超の経験を有するブロックチェーンサイバーセキュリティーのベテランがPrometheum に入社し、立ち上げに先立ちサイバーセキュリティー、セキュリティーアーキテクチャー、エンジニアリングを主導

 

FINRAメンバー企業で米証券取引委員会(SEC)登録のデジタル資産証券代替取引システム(ATS)である「Prometheum ATS」の親会社、Prometheum Inc (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3534219-1&h=50127422&u=https%3A%2F%2Fwww.prometheum.com%2F&a=Prometheum+Inc. )は12日、Chris Whitestock氏を最高セキュリティー責任者に任命したと発表した。Chris氏は、ATS立ち上げに向け、サイバーセキュリティー、とりわけブロックチェーン分野での幅広いナレッジを同社にもたらす。

 

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1419136/Prometheum_Logo.jpg

 

業界のベテランであるChirs氏は、これまでBlockchains Inc.でIT・サイバーセキュリティー担当副社長を務め、アプリケーション・セキュリティー、セキュリティー・オペレーション、コーポレートリスク・チームなど6つのチームや委員会の構築と指導を担当した。それ以前には、Concentrixでグローバルサイバーセキュリティー担当シニアディレクターとして、同社のグローバルサイバーセキュリティープログラムの創設の初期段階を主導した。

 

Chris氏は、Prometheumの最高セキュリティー責任者として、コンプライアンス、運用、戦略、資金、風評に関するセキュリティーリスク戦略の軽減・削減を目的とするポリシーとプログラムの開発を監督する。また、データプライバシーと保護に関連する地域的、国内的、国際的な規制環境へのPrometheumのコンプライアンスを確保する。

 

PrometheumのAaron Kaplan共同最高経営責任者(CEO)兼共同設立者は「Chris氏のようなセキュリティーとブロックチェーンの専門家がわが社の経営チームに加わったことは、われわれがPrometheumで構築しているものに対する信頼と勢いを浮き彫りにするものだ。当社のATSの立ち上げは数カ月以内に予定されており、すべての人々に向けたセキュアかつコンプライアンスに準拠したデジタル資産証券取引プラットフォームの構築には、Chris氏などの業界リーダーの参加が不可欠だ」と語った。

 

Prometheum ATSは、顧客管理(KYC)とマネーロンダリング防止(AML)自動化することにより合理化されたオンボーディングプロセスを提供している。Prometheum ATSはユーザーフレンドリーなインターフェース、カスタマイズ可能なチャート、履歴データ、レベル2(depth of the book)データを組み合わせ、個人投資家と機関投資家の両方に完全な取引体験を提供する。重要なことに、Prometheum ATSは先端的市場監視とリスク管理システムにより、顧客保護を重点とする公正かつ秩序ある市場の確保を目指している。

 

Prometheum ATSと近く行われる立ち上げに関する詳細な情報は、https://www.prometheum.com/ats を参照。

 

▽Prometheumについて

ウォール街の弁護士グループにより2017年に設立されたPrometheumは、ブロックチェーンに特化した企業であり、デジタル資産証券の取引、保管、決済のためのエンドツーエンドのエコシステムを構築を提案している。

 

▽Prometheum, Inc.の情報開示

 

本プレスリリースは、情報提供のみを目的として発表され、いかなる有価証券の売却オファー、ないしいかなる証券の購入オファーの勧誘を構成するものではなく、そのようなオファー、勧誘、販売が違法になる州や法域においては、証券の販売は行われない。

 

▽メディア関係問い合わせ先

Ross Stevens

Caliber Corporate Advisers

ross@calibercorporateadvisers.com

+1 (803) 549-7529

 

ソース:Prometheum

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中