うきは市を拠点とするラグビーチーム「LeRIRO福岡」との オフィシャル・パ ートナー契約締結のお知らせ

自社寝具の提供で睡眠環境をサポートし、チームのパフォーマンス向上に貢献

2022年8月1日

日本で初めてウレタンフォームの生産を始めた高分子素材のリーディングカンパニーである株式会社イノアックコーポレーションの系列会社、株式会社九州イノアック(代表取締役:飯田康雄、本社:福岡県福岡市博多区 以下、九州イノアック)は、株式会社LERIRO(代表 取締役 島川大輝 、 本社:福岡県うきは市)が運営するプロラグビーチーム「LeRIRO福岡(ルリーロ)」とのオフィシャル・パートナー契約を締結いたしました。

1966年に設立された 九州イノアックは、 樹脂・ウレタン・ゴムなど、高分子化学の分野で長い歴史を持つ化学メーカーです。素材から製品までを行橋工場(福岡県行橋市)・浮羽工場(福岡県うきは市)・北九州工場(福岡県遠賀郡)・菊池工場(熊本県菊池市 )という4つの拠点で幅広く生産しています。

 

また、独自のシステムによる品質保証体制、環境を考慮した生産技術や、資源の有効活用にも積極的に取り組んでいます。

 

https://www.kyu-inoac.co.jp/

 

この度、LeRIRO福岡が掲げる「ラグビーの価値の最大化」と「地域経済に貢献する組織」という理念、そしてラグビーだけにとどまらない様々な活動を通じて多くの方々に「感動・笑・夢」を与えるという活動方針に共感し、オフィシャル・パートナー契約を締結する運びとなりました。

 

九州イノアックが製造するマットレスやまくらなど寝具の提供や、練習に使用するヒットバックなどを新たに開発することで多角的にチームをサポートしていく予定です。LeRIRO福岡ファンの皆さまに九州イノアックを少しでも知っていただけるよう技術力とアイデアで「感動」を提供してまいります。

 

 

 

<LeRIRO福岡について>

■   設立年:2022年

■   活動区域:うきは市を中心とした福岡県内全域

■   チーム名の由来:「LeRIRO(ルリーロ)」の由来は、うきは市のシンボルになっている鳥の「カワセミ」の羽色である瑠璃色と、フランス語で「笑い」を意味する「Le Rire」の造語。

■   クラブの紹介:2022年春、福岡県うきは市の地に新しいラグビーチーム「ルリーロ福岡」が誕生しました。ルリーロ福岡は特定の企業には所属せず、地域の企業群と連携して活動する地域密着型のチームです。ゼロからのスタートではありますが、私たちは日本ラグビーの最高峰「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」(以下、「リーグワン」)を目指し、挑戦します。

 

https://www.leriro-fukuoka.com/

 

 

<本プレスリリースに関しまして>

本プレスリリースに掲載されている内容やその他の情報は、発表時点(2022年8月)での情報です。予告なく変更する場合があります。予めご容赦ください。

 

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中