Besreyは創業7周年を記念し、乳幼児の親に景品とギフトを提供

Besrey GmbH

2022/8/5 12:54

 

AsiaNet 97343 (1838)

 

【深セン(中国)2022年8月4日PR Newswire=共同通信JBN】世界中の若い家族に高品質のベビー用品を提供して7周年を迎えることを記念し、ドイツを拠点とするBesrey(https://www.besrey.com/ )は、さまざまな製品の特別オファーや、幸運な当選者に贈られる賞品やギフトを多数用意した記念イベントを開始する。7周年記念イベントは、8月2日から8日までの1週間開催される。

 

過去7年間、高品質のデザインと研究開発(R&D)に重点を置いてきたBesreyは急速に成長し、主要なグローバルベビー用品ブランドの1つになった。高度に進化したベビー用品を提供することで、乳児と親の両方に利益をもたらすことを目指して、ブランドは改良を重ね、子育てを容易にしながら赤ちゃんの安全と快適さを確かなものとする、考え抜かれたデザインの製品を作ることに注力している。

 

記念イベントの一環として、Besreyは8月2日から、Baby Bedside Sleeper Crib Bassinet、Lightweight Gravity Easy to Fold Baby Stroller、Child Carrier Hiking Backpack、5-in-1 Toddler Bikeなどのマーク付きの製品を、50ドル、100ドル、または200ドル購入した顧客に対し、10%のキャッシュバックを提供する。

 

Besreyはまた、1週間を通して割引コードを集めた幸運な当選者に10個のHip Seat Baby Carriersをプレゼントするとともに、8月7日の午前0時(世界標準時(GMT)マイナス8時間)には無料の賞品を手に入れるチャンスも用意している。また、8月2日から8日まで、Besreyは宝くじ大会を開催し、すべてのユーザーは1日1回抽選に参加するチャンスを得て、最大299ドル相当のクーポンやギフトを獲得できる。

 

Besreyの製品ラインは、アウトドア、睡眠、旅行の3つの主要分野に焦点を当てている。すべての子供のニーズを満たすために、同社はベビーカー、三輪車、キャリア、カーシート、バシネット、および、この商品構成内のより多くの革新的な製品を開発した。「born with love(愛によって生まれた)」というコアバリューに加えて、発売された各製品は、欧州連合(EU)、Swiss SGSなどの厳格な業界基準に準拠している。Besreyチームは、精巧な職人技、実用的で快適な体験、安全で環境に優しい素材、ミニマリストな外観、科学的でプロフェッショナルなデザイン、斬新でユニークなスタイルという6つの製品原則に従っている。

 

▽Besreyについて

2015年に創設されたBesrey(愛によって生まれた)は、乳幼児と子供向けのハイエンド製品の製造と販売を専門とするドイツのブランドである。創業以来、同社は研究開発チームの育成に注力してきた。チームは現在、150人を超える専門家で構成され、79件の特許を取得している。ベビー用品のスペシャリストであるBesreyは、verywellfamilyやtripsavvyなどの多くの専門メディアからも推奨されている。現在、Besreyは3つの近代的な工業パークを運営しており、130以上の国と地域にわたる家庭に3000万を超す製品を販売した。

 

詳細はhttps://bit.ly/Besrey7thevent を参照。

または、以下で当社をフォロー:

Instagram:https://bit.ly/BesreyIG

Facebook:https://bit.ly/BesreyFacebook

Twitter:https://bit.ly/Besreytwitter

YouTube:https://bit.ly/BesreyYoutube

PR問い合わせ先:marketing@besrey.com

 

ソース:Besrey GmbH

 

▽画像添付リンク:

 

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=426995

 

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=426997

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中