◎エレクタの革新的なマルチリーフコリメータAgilityで、日本でもより高速でより高精度な放射線治療可能に

エレクタ

2012/7/31 15:01

◎エレクタの革新的なマルチリーフコリメータAgilityで、日本でもより高速でより高精度な放射線治療可能に

AsiaNet 50140

共同JBN 0981(2012.7.31)

◎エレクタの革新的なマルチリーフコリメータAgilityで、日本でもより高速でより高精度な放射線治療可能に

エレクタ株式会社が医薬品医療機器総合機構(PMDA)承認を取得

【東京2012年7月31日PRN=共同JBN】エレクタ(Elekta)のマルチリーフコリメータ(以下、MLC)であるAgility(商標、注1)(http://www.elekta.com/agility)が米国、欧州で承認されたのに続いて、日本の医薬品医療機器総合機構(PMDA)がAgilityを承認したことで、このビーム成形デバイスの国際的なユーザーコミュニティに日本も加わった。この承認によって、今後数ヶ月以内に日本の医療施設でAgilityの初の臨床使用が行われることになる。160枚の高度分割タングステン製リーフと飛躍的に高速化したその動きによって、Agilityはがん患者の放射線治療における新たなレベルの精度と照射スピードを約束する。

多数の個別のタングステン製リーフで構成されるMLCは、放射線治療において様々な角度から患者様に照射されるビームの成形に使われる。Agilityは一般的なMLCの2倍の枚数のリーフを備えており、腫瘍の輪郭に合わせてビームを正確に照射する一方で、健康な正常組織に照射するリスクを減らす。

さらに、Agility のリーフは業界で一般的に使われているMLCの2倍の速さで作動し、臨床医は定位放射線手術(SRS)、定位放射線治療(SRT)(http://www.elekta.com/srt)、強度変調回転放射線治療 (VMAT)(http://www.elekta.com/vmat)のような先進的ながん治療をさらに推し進めることができる。また新開発の低放射線漏洩設計により、他の一般的なMLCに比べ、Agilityが患者の非治療部位の不必要な放射線被曝量を減少させることが学術研究で示されている(注2)。

エレクタ株式会社の代表取締役であるティマスィ・ジョン・ルーニー氏は、「世界的な臨床パートナーとの多年にわたる緊密な協力の積み重ねの結果、日本にAgilityを導入できるのはこの上ない喜びである。Agilityによって治療時間が短縮されるだけでなく、患者様はまた、治療結果の向上とともに合併症リスクの低減が期待できるこのソリューションがもたらす大きな恩恵を受けることができる。患者に対するこうした重要な恩恵の提供は、日本の放射線治療コミュニティが強く要望してきたものであり、われわれはこの技術の急速な普及を期待している。」と語っている。

エレクタが欧州でAgilityのCEマークを取得して販売を開始した直後から、ビーム成形の精度と照射スピードの著しい向上がユーザーから報告され始めている。治療時間の短縮によって、患者に快適性と利便性の向上がもたらされるとともに、医療従事者が1日により多くの患者を治療することが可能になった。

Agilityの機能概要

*わずか5mm幅の160のタングステン製リーフを持ち、最大稼動速度は6.5cm/秒

*可変線量率や各種治療パラメータでリーフ動作を高精度に制御する、エレクタの第7世代フルデジタルコントロールシステムである専用のIntegrity(商標)R3.0

*統合型ダイナミックリーフガイドによる効率的な照射と、他の一般MLCシステムで発生する「照射野のつなぎ合わせ」の排除

*大照射野MLCで最大40cm X 40cmまでの照射野が作成可能

 (注1)Agility はすべての国の販売許可を取得しているわけではない。詳細は各国の販売拠点に問い合わせを。

 (注2)Cosgrove, VP, Thompson, C, Chrisophides, D et al. (2009) Physical characterization of a new concept design of an Elekta Radiation Head with integrated 160-leaf multi-leaf collimator. Poster presented at ASTRO 2009.

▽問い合わせ先

Stina Thorman, Vice President Corporate Communications Elekta AB

Tel: +46 8 587 254 37,

email: stina.thorman@elekta.com

Michelle Joiner, Director、Global Public Relations and Brand Management、Elekta

Tel: +1 770-670-2447,

email: michelle.joiner@elekta.com

▽エレクタ(Elekta)について

エレクタは、がんや脳疾患の治療分野で卓越したイノベーションやクリニカルソリューションを他に先駆けて提供してきた、ヒューマンケアにおけるグローバル企業。当社は、放射線治療やラジオサージェリー、小線源治療のための先端技術を駆使して高機能の治療装置や治療計画システムを開発し、さらにはがん治療全体のワークフローを強化し効率化するソフトウエアアプリケーションを開発した。科学技術の限界を超え、医療従事者と患者に信頼される高度で効率的なソリューションを提供することで、患者の生活の質を高め、寿命を延ばし、さらには命を救うことをエレクタは目指している。

現在、放射線治療とニューロサージェリーにおけるエレクタのソリューションは、世界の6000を超える医療施設で使われている。世界で約3300人の従業員を有するエレクタの本社はスウェーデンのストックホルムにあり、ノルディック証券取引所に上場している。

本社ウェブサイト http://www.elekta.com

日本オフィスのウェブサイト http://www.elekta.co.jp

ソース:Elekta

Faster, More Accurate Cancer Treatments on Horizon in Japan with Official Approval of Elekta's Agility Beam-shaping Innovation for Radiation Therapy

PR50140

TOKYO, July 31, 2012 /PRN=KYODO JBN/ --

  Use of revolutionary Elekta multi-leaf collimator (MLC) to continue global

spread with Japan's Pharmaceutical & Medical Devices Agency (PMDA) clearance

                                   of Agility

    Following U.S. and European approvals of Elekta's Agility

(http://www.elekta.com/agility )(TM)* MLC, Japan will join the international

community of users of the beam-shaping device with the country's PMDA clearance

of Agility. The approval paves the way for the first clinical use of Agility in

Japanese healthcare centers. Using a combination of 160 high-resolution

tungsten leaves and dramatically faster leaf movement, Agility promises a new

level of precision and delivery speed in radiation therapy treatments for

patients with cancer.

    An MLC, a device made up of numerous, individual tungsten "leaves," is used

to shape radiation therapy beams, which are delivered from different angles

around the patient. Using twice the number of leaves typical of many standard

MLC's, Agility precisely sculpts delivered radiation to the distinctive

contours of the tumor, while reducing the risk of exposure to healthy normal

tissues.

    Agility also includes ultra-fast leaf movements - twice as fast as other

MLCs commonly used in the industry - enabling clinicians to further exploit the

most advanced cancer therapies such as stereotactic radiosurgery (SRS),

stereotactic radiation therapy (SRT (http://www.elekta.com/srt )) and

Volumetric Modulated Arc Therapy (VMAT (http://www.elekta.com/vmat )). Further,

with a new lower radiation leakage design, research has shown Agility can

significantly reduce the patient's non-therapeutic radiation exposure as

compared to other conventional MLC's.[1]

    "Culminating from years of close collaboration with our worldwide clinical

partners, we are extremely proud to introduce Agility in Japan," says Tim

Rooney, President & Managing Director, Elekta KK. "With Agility, not only will

treatment times be faster, but patients also will benefit from this solution's

enhanced targeting capabilities, which are expected to improve treatment

outcomes and reduce the risk of complications. The promise of these critical

patient benefits has generated a great deal of interest in the Japanese

radiation oncology community, which we predict will result in rapid adoption of

this technology."

    Soon after Elekta received CE marking for Agility, permitting sales of the

device in Europe, clinicians there began reporting significant gains in

beam-shaping ability and delivery speed. Shorter treatment times have resulted

in increased patient comfort and convenience, as well as improved the ability

for caregivers to treat more patients each day.

    Agility features include:

    -- 160 tungsten leaves, each 5 mm wide, with a leaf speed of up to 6.5

       cm/sec

    -- Dedicated Integrity(TM) R3.0 software, Elekta's seventh generation

       digital control system, to precisely coordinate leaf movements with

       variable dose delivery rates and other treatment parameters

    -- Integrated dynamic leaf guides streamline delivery and eliminate the

       need for "split fields," commonly required with other MLC systems

    -- Large-field MLC will enable clinicians to shape radiation across fields

       of up to 40 X 40 cm

    *Agility is not licensed for sale in all markets. Please contact your local

representative for details

    [1] Cosgrove, VP, Thompson, C, Chrisophides, D et al. (2009) Physical

characterization of a new concept design of an Elekta Radiation Head with

integrated 160-leaf multi-leaf collimator. Poster presented at ASTRO 2009.

    For further information, please contact:

    Stina Thorman, Vice President Corporate Communications, Elekta AB

    Tel: +46 8 587 254 37, email: stina.thorman@elekta.com

    Time zone: CET: Central European Time

    Michelle Joiner, Director, Global Public Relations and Brand Management,

    Elekta

    Tel: +1 770-670-2447, email: michelle.joiner@elekta.com

    Time zone: ET: Eastern Time

    About Elekta

    Elekta is a human care company pioneering significant innovations and

clinical solutions for treating cancer and brain disorders. The company

develops sophisticated, state-of-the-art tools and treatment planning systems

for radiation therapy, radiosurgery and brachytherapy, as well as workflow

enhancing software systems across the spectrum of cancer care. Stretching the

boundaries of science and technology, providing intelligent and

resource-efficient solutions that offer confidence to both healthcare providers

and patients, Elekta aims to improve, prolong and even save patient lives.

    Today, Elekta solutions in oncology and neurosurgery are used in over 6,000

hospitals worldwide. Elekta employs around 3,300 employees globally. The

corporate headquarters is located in Stockholm, Sweden, and the company is

listed on the Nordic Exchange under the ticker EKTAb. Website:

http://www.elekta.com.

    SOURCE:  Elekta

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中