◎東大で日本初のBerlin Heart製補助人工心臓EXCOR手術成功

Berlin Heart GmbH

2012/8/7 14:15

◎東大で日本初のBerlin Heart製補助人工心臓EXCOR手術成功

AsiaNet 50253

共同JBN 1021 (2012.8.7)

◎東大で日本初のBerlin Heart製補助人工心臓EXCOR手術成功

【ベルリン2012年8月6日PRN=共同JBN】日本の歴史上初めて8月2日、東京大学の医師がBerlin Heart(ベルリンハート)社の補助人工心臓である心室拍動支援装置EXCOR(登録商標)の助けを借りて重症の心臓病に罹った幼児を救うことができた。医学的観点からして、生後14カ月の少女はこの心拍支援装置がなければ今後数週間生き残ることができるだけだった。今回は人工心臓が完全に機能低下した心臓の拍動機能を引き継いでいる。体重僅か7キロのこの少女に提供される心臓が見つかるまで、機械的人工心臓を頼りにすることになる。

関連参照写真はepa通信(european pressphoto agency、http://www.epa.eu)あるいはhttp://www.presseportal.de/pm/63857 を参照。

この幼い患者は恐らく日本で行われる臓器移植を待って、あるいはほかの国に移送されて移植されることで、機械的支援を受けずに生き残れる可能性がある。EXCOR(登録商標)VAD(補助人工心臓)装置の支援を受けて、彼女は移植手術を待つことができるほど容態が安定することになろう。

ドイツのBerlin Heart社製の心室支援装置EXCOR(登録商標)は1990年に初の移植手術以来、これまでに世界で1100人余りの子供たちに埋め込まれて成果を得てきた。同装置は新生児から子供、成人まですべての患者を支援できる唯一のシステムであり、心臓移植手術が行われるまで生命を維持することができる。EXCOR(登録商標)VADは、臓器提供されるまでのしばしば長い待ち時間を橋渡しするため、34カ国の138医療センターで使われている。欧州では57.5%の患者が新たな心臓の提供を受けるため1年以上待っている。心臓は時にはまたこのような機械的支援によって十分回復する可能性もあり、支援装置は外部移植も可能で、患者は自分の心臓で生き延びることができる。

心臓移植は東京大学の小野稔、村上新両教授の手で行われ、ワールデン教授(ピッツバーグ小児科病院)、ドイツと米国のBerlin Heart社臨床専門医らの医学的助言を得た。この手術は同時に、日本におけるEXCOR(登録商標)Pediatric(小児科)VADの認可研究の始まりとなる。認可研究の目標は、小児科患者のすべてにこの療法を提供できることである。欧州、米国、そして南米、アジアの多くの国では、このシステムは既に患者に適用されている。

今回の幼児は術後経過が順調であることは、臨床回覧報告書で発表されている。

▽Berlin Heartについて

Berlin Heart GmbHは、あらゆる年齢層と身体サイズの心臓疾患患者の身体に、移植可能な心室支援装置および外部に設置できるシステムの双方を開発、製造、販売している世界で唯一の企業である。INCOR(登録商標)、EXCOR(同)Adult装置およびEXCOR(登録商標)Pediatricは、心臓の短期間および長期間の拍動機能を支援するので、患者の生命を救う治療法になる可能性がある。さらにこの装置の利用者は、24時間の臨床的、技術的なサポートを受けることができる。Berlin Heartはドイツと欧州のこの分野のマーケットリーダーである。

▽EXCOR(登録商標)について

EXCOR(登録商標)VADは、末期状態の心不全を患う患者の機械的な心臓支援に使われる。EXCOR(登録商標)は今日までに、体重2.2キロ以上の新生児から成人まで、世界の3000人以上の患者に利用されてきた。

▽問い合わせ先

BerlinHeart GmbH

Katharina Schubert

Marketing & PR

Wiesenweg 10 12247 Berlin

schubert@berlinheart.de

Tel: +49-30-81-87-26-00

ソース:Berlin Heart GmbH

First Baby With Artificial Heart in Japan

PR50253

BERLIN, August 6 /PRN=KYODO JBN/ --

     - Cross reference: Picture is available at epa european pressphoto agency

(http://www.epa.eu) and http://www.presseportal.de/pm/63857 -

    For the first time in the history of Japan it was possible for doctors at

the University of Tokyo, on August 2, 2012, to save a small child who was

seriously suffering from a severe heart condition, aided by a Berlin Heart

EXCOR(R) ventricular assist device. From a medical point of view the

14-month-old girl would only have been able to survive a few more weeks without

the ventricular assist device. Now the artificial heart has taken over the

pumping function of the completely weakened heart. Until a donor heart is found

for the girl, weighing only seven kilograms, her life depends on the mechanical

artificial heart.

    The little patient would very probably not have survived waiting for

transplantation in Japan, or for transport to another country for

transplantation without the mechanical support. Assisted by the EXCOR(R) VAD,

the infant could be stabilized well enough to be able to wait for

transplantation.

    The ventricular assist device EXCOR(R) from the German company Berlin Heart

has been successfully employed in more than 1,100 children worldwide since its

first implantation in 1990. It is the only system which can support all

patients from newborns up to young people and adults such that they can survive

until the heart transplantation. The EXCOR(R) VAD is used in 138 centers in 34

countries for bridging the often long waiting periods - in Europe 57.5% of the

patients wait longer than one year for a new heart. Occasionally the heart can

also recover so well, due to the mechanical support, that the assist device can

be explanted and the patient can continue to live with their own heart.

    The implantation was performed by Professor Ono and Professor Murakami,

with medical advice from Professor Wearden (Children's Hospital of Pittsburgh)

and clinical specialists from the Berlin Heart company from Germany and the

USA, and at the same time constitutes the beginning of the approval study for

the EXCOR(R) Pediatric VAD in Japan. The goal of the approval study is to be

able to supply all of the pediatric patients with this therapy. In Europe, the

USA and many countries in South America and Asia, this system is already

available to patients.

    It was announced from clinical circles that the little patient is doing

well after the operation.

    About Berlin Heart

    Berlin Heart GmbH is the only company worldwide which develops,

manufactures and distributes both implantable ventricular assist devices and

systems lying external to the body for patients with heart disease of all ages

and body sizes. The systems INCOR(R), EXCOR(R) Adult and EXCOR(R) Pediatric

support short- to long-term pumping function of the heart and thus present a

life-saving therapy possibility for the patient. Furthermore the user can

access clinical and technical support around the clock. Berlin Heart is the

market leader in Germany and Europe.

    About EXCOR(R)

    The EXCOR(R) VAD is employed for mechanical heart support for patients who

suffer from terminal stage heart failure. To date, EXCOR(R) has been used in

more than 3,000 patients worldwide, from new-borns with a body weight of 2.2 kg

up to adults.

    Contact:

    BerlinHeart GmbH

    Katharina Schubert

    Marketing & PR

    Wiesenweg 10

    12247 Berlin

    schubert@berlinheart.de

    Tel: +49-30-81-87-26-00

    Source: Berlin Heart GmbH

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中