◎飛び入りのロシア人女性歌手にスタンディングオベーション

R.I.M. Porter Novelli

2012/8/17 13:55

◎飛び入りのロシア人女性歌手にスタンディングオベーション

AsiaNet 50360

共同JBN 1057 (2012.8.17)

◎飛び入りのロシア人女性歌手にスタンディングオベーション

【モスクワ2012年8月16日PRN=共同JBN】イタリアのジェノバ近くにある、リビエラ海岸の真珠と呼ばれる町ポルトフィーノで8月12日、マエストロが行った即興の音楽コンクールで、ロシア人歌手がセンセーションを起こした。

ポルトフィーノの町は8月12日、世界一流のテノール歌手アンドレア・ボチェッリを招いて野外コンサートを行った。コンサートのプロデューサーは有名なカナダ人歌手のデイヴィッド・フォスター氏だった。

このインターミッションで、フォスター氏はいつもそうするように、観客の中から出てきて皆の前で歌う人を募った。一人の女性がマイケル・ケイン、ポール・アンカ、マイク・メダボイなどVIPゲスト、有名な俳優、プロデューサー、音楽家が座っていた会場前列から進み出て、美しい歌の何小節を歌った。この女性はイタリアの映画スター、オルネラ・ムーティの娘だった。

若い女性は拍手を浴びると、フォスター氏が尋ねた。「誰か他にも歌う人はいませんか」。観客の一人が自分のそばにいる控えめな女性を指したので、彼は喜んでこの東洋的な女性をステージに招いた。女性は「ロシアのカザンから来たアイーダ」と名乗った。彼女が歌ったのはプッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」でラウレッタが歌う有名なソプラノ・アリア「私の父さん」を歌った。そばに付き添っていたデイヴィッド・フォスター氏は驚きを隠しきれなかった。観客は満場総立ちになって拍手喝采し、「ブラボー」と叫んだ。

当社の調査によると、この控えめな若い歌手はカザン出身のアイーダ・ガリフッリーナ(Aida Garifullina)さんで、ウィーン音楽院の卒業生だった。アイーダ・ガリフッリーナさんのこれまでの歌手活動には、世界的に有名なスターとの共演だけでなくロシアの一流のエンターテイナーとの共演も含まれている。ガリフッリーナさんの有名なアリアやロマンスの美しい歌唱は、彼女自身の公式ウェブサイトhttp://www.aidagarifullina.comで視聴できることが分かった。

ガリフッリーナさんはこれに先立つ8月9日、ロンドンのロシア・ハウスで有名な五輪ゲストのために開催された「ロシアン・ラプソディー」と名付けられたチャリティーの夕べで、ソロ歌手として登場し注目されている。

ガリフッリーナさんは8月11日再びロシア・ハウスに招かれて、人気ロックバンド、ロシア・オリンピック委員会のアレクサンドル・ジューコフ委員長、2014年ソチ五輪組織委員会のドミトリー・チェルニシェンコ委員長と共に、ロンドン五輪の金メダリストを祝っている。

ガリフッリーナさんの五輪に対する関心は、彼女の重要な使命と関係しているかもしれない。彼女は2013年に故郷の町カザンで開催される世界学生大会(ユニバーシアード)のアンバサダーである。

ソース:R.I.M. Porter Novelli

Sensation at Andrea Bocelli Concert: a Standing Ovation for Russian Singer Aida During the Intermission

PR50360

MOSCOW, Aug. 16 /PRN=KYODO JBN/ --

    

    At the concert on the 12th August in the pearl of the Italian riviera

-Portofino, near Genoa - a Russian singer caused a sensation in an improvised

musical competition hosted by the maestro.

    On the 12th of August, Portofino hosted an open performance by the

world-class tenor Andrea Bocelli. The concert producer was famous Canadian

singer David Foster.

    During the intermission, the maestro improvised the way he always does,

decided to invite spectators to sing something. A young lady rose from the

front rows where the VIP guests, famous actors, producers and musicians,

including Michael Caine, Paul Anka and Mike Medavoy, were seated, and sung

several bars of a pretty song. She turned out to be the daughter of Italian

movie star Ornella Muti.

    The young lady was applauded and the maestro asked, "Who else would like to

sing?" One of the spectators pointed David to his shy neighbour, and the

producer gladly invited the Eastern-looking girl to the stage. She introduced

herself as 'Aida from Kazan, Russia'. She sang Lauretta's famous soprano aria

"O mio bambino caro" from Puccini's opera "Gianni Schicchi". David Foster

accompanied her, without hiding his amazement. The spectators gave

her a standing ovation, chanting "Bravo!"

    Our research showed that the shy singer was Aida Garifullina, a young

singer from Kazan and graduate of the Vienna Conservatory. Aida Garifullina's

performances have included duets not only with world-famous stars, but also

first-rank Russian entertainers. We found Aida's beautiful renditions of famous

arias and romances on her official website, http://www.aidagarifullina.com.

    Earlier, on the 9th of August, Aida was noted in London where a charity

evening entitled 'Russian Rhapsody' was arranged at the Russian House for

famous Olympic guests, at which she was the sole performer.

    On the 11th of August, Aida was invited back to the Russian House to

congratulate the Olympic champions together with popular rock bands, Russian

Olympics Committee President Alexander Zhukov, and the Chairman of the

Sochi-2014 Organising Committee, Dmitry Chernyshenko.

    Aida's close attention to the Olympics is likely due to her important

mission: Aida is the ambassador of the World Student Games 2013, which will

take place in her home town of Kazan.

    Source: R.I.M. Porter Novelli

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中