SunPower、東芝との長期提携契約を2018年まで延長

SunPower Corporation.

2012/12/4 18:20

SunPower、東芝との長期提携契約を2018年まで延長

AsiaNet 51531

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

【サンノゼ(米国カリフォルニア州)2012年12月4日PRN=共同JBN】SunPower Corporation(ナスダック: SPWR)は3日、株式会社東芝との長期提携関係を2018年まで延長すると発表した。2010年以来、先端技術を用いたSunPower製ソーラーパネルの販売を通じて、東芝は日本の住宅用太陽光発電市場における高効率パネルの主要プロバイダーとなった。

基本供給契約の内容では、SunPowerは年間100メガワット以上に相当する同社製最高効率住宅用ソーラーモジュールを日本市場で独占的に東芝に供給することとしている。東芝は急拡大する日本の住宅市場において、SunPower製最高効率ソーラーモジュールを搭載したシステムを販売する。なお、2010年の提携以来、東芝に販売した高効率ソーラーパネルは、150メガワット以上に上る。

株式会社東芝執行役常務の横田岳志氏は、次のように述べている。「東芝は日本の住宅用市場において、高効率ソーラー発電システムの主要なプロバイダーとなった。今回の提携契約延長により、当社は今後も長期的に高信頼性を誇るソーラー発電システムの日本市場への供給を継続していく。SunPowerとの提携関係と、同社の優れた製品のシステムを販売する機会を得ていることは、当社にとってきわめて重要である。」

SunPower Corporationの社長兼最高経営責任者(CEO)トム・ワーナー氏は、次のように述べている。「東芝との強固な提携関係なくして、日本の住宅用市場における当社の急成長は実現できなかった。高効率性、高信頼性、パフォーマンス保証付きの当社のソーラーパネルは日本で高い評価を得ており、提携契約を2018年まで延長したことで、当社の日本における今後の活動はより確実なものとなる。」

▽SunPower Corporationについて

SunPower Corporation(ナスダック: SPWR)は、今日利用できる最高の効率と信頼性を誇るソーラーパネルを設計、製造、供給しており、四半世紀にわたる実績と、ソーラー発電システムの製品寿命を通じて投資収益率を最大化する保証付きのパフォーマンスによって、個人住宅、企業、政府、公共施設の顧客から支持を得ている。SunPowerは米カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、北米、欧州、オーストラリア、アフリカ、アジアにオフィスを構えている。詳しい情報は、http://www.sunpowercorp.comを参照。

SunPower Corporationによる「将来予想に関する記述」についての注意条項

本プレスリリース中には、1995年私募証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)にいうところの「将来予想に関する記述」が含まれる。「将来予想に関する記述」とは、過去の事実について述べない記述のことであり、予測に基づいている可能性がある。東芝へ100メガワット分のソーラーパネルを販売することや、同社との提携関係を2018年まで延長することなど、本プレスリリース中の「将来予想に関する記述」は、「契約」、「~する予定である」、などの表現によって示されている。こうした将来予想に関する記述は、いずれも本プレスリリース発表時点で同社が入手していた情報に基づいており、同社が統制できる範囲を超えた、不特定数のリスクや不確定要素をはらんでいる。実際の結果が将来予想に関する記述で予測される結果と大きく異なる可能性のある、これらのリスクや不確定要素には、以下が含まれる。(i) 十分な原材料を調達し、確保するSunPowerの能力、 (ii) ビジネスや経済の全般的な状況と、日本市場におけるSunPower製品の成長度合い、 (iii) 太陽光発電の使用を後押しする政府によるインセンティブや、その他関連する経済的なインセンティブの継続状況、 (iv) 製造上の困難、(v) 東芝とSunPowerとの関係の継続状況、(vi)同社の、様式10-Kによる2012年1月1日締めの年度決算報告や、様式10-Qによる2012年4月1日、同7月1日、同9月30日締めの四半期に関する四半期決算報告を含め、同社が証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に提出した書類内に詳述される、その他リスク。これらの将来予想に関する記述は、今後のいかなる日付においても、同社の見解を示すものではない。同社は、新たな情報や、将来の出来事、その他の結果を踏まえて将来予想に関する記述を更新または変更するいかなる義務についても、ここで明白に放棄する。

ソース:SunPower Corporation.

▽問い合わせ先

Helen Kendrick,

SunPower Corp.,

+1-408-240-5585,

hkendrick@sunpowercorp.com

Sachiko Masuda, Burson-Marsteller Tokyo,

+81-3-3264-6687,

Sachiko.masuda@bm.com

SunPowerJP.PR@bm.com

SunPower Corporation and Toshiba Extend Long-Standing Partnership through 2018

PR51531

SAN JOSE, Calif., Dec. 4, 2012 /PRN=KYODO JBN/ --

    SunPower Corporation (NASDAQ: SPWR) today announced that it has extended

its long-standing partnership with Toshiba through 2018. Toshiba has sold

SunPower Corporation's world leading technology solar panels since 2010, making

Toshiba the efficiency leader in the Japanese residential market.

    Under the terms of the master supply agreement, SunPower will provide more

than 100 megawatts of its highest-efficiency residential solar panels annually

exclusively to Toshiba. Toshiba will offer solar systems with SunPower's

highest efficiency solar modules in the rapidly growing Japanese residential

market. Since the company first partnered with Toshiba in 2010, it has

delivered more than 150 MW of its high-performance solar panels.

    "Toshiba has become a leading provider of high efficiency solar systems to

the Japanese residential market and this extended agreement means we will

continue to deliver the most reliable photovoltaic systems in the country for

years to come," said Toshiba Executive Officer, Corporate Vice President,

Takeshi Yokota. "We greatly value our partnership with SunPower and the

opportunity to market their premium product systems."

    "Our strong partnership with Toshiba has been instrumental in our rapid

growth in the Japanese residential market," said Tom Werner, SunPower

Corporation president and CEO. "Extending our partnership through 2018 provides

further certainty in a region that values our high efficiency, high

reliability, guaranteed performance solar panels."

    About SunPower Corporation

    SunPower Corporation (NASDAQ: SPWR) designs, manufactures and delivers the

highest efficiency, highest reliability solar panels and systems available

today. Residential, business, government and utility customers rely on the

company's quarter century of experience and guaranteed performance to provide

maximum return on investment throughout the life of the solar system.

Headquartered in San Jose, Calif., SunPower has offices in North America,

Europe, Australia, Africa and Asia. For more information, visit

www.sunpowercorp.com.

    SunPower Corporation Forward-Looking Statements

    This press release contains forward-looking statements within the meaning

of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995.  Forward-looking

statements are statements that do not represent historical facts and may be

based on underlying assumptions. SunPower Corporation uses words and phrases

such as "agreement," "will" and similar expressions to identify forward-looking

statements in this press release, including forward-looking statements

regarding the sale of more than 100 megawatts of solar panels to Toshiba and

extending its relationship with Toshiba through 2018.  Such forward-looking

statements are based on information available to the company as of the date of

this release and involve a number of risks and uncertainties, some beyond the

company's control, that could cause actual results to differ materially from

those anticipated by these forward-looking statements, including risks and

uncertainties such as: (i) the company's ability to obtain and maintain an

adequate supply of raw materials; (ii) general business and economic

conditions, and the growth in the Japanese market for SunPower products; (iii)

the continuation of governmental and related economic incentives promoting the

use of solar power; (iv) manufacturing difficulties; (v) Toshiba's continued

business relationship with SunPower; and (vi) other risks described in the

company's Annual Report on Form 10-K for the year ended January 1, 2012 and

Quarterly Reports on Form 10-Q for the quarters ended April 1, 2012, July 1,

2012 and September 30, 2012 and other filings with the Securities and Exchange

Commission.  These forward-looking statements should not be relied upon as

representing the company's views as of any subsequent date, and the company is

under no obligation to, and expressly disclaims any responsibility to, update

or alter its forward-looking statements, whether as a result of new

information, future events or otherwise.

    SOURCE: SunPower Corp.

    CONTACT: Helen Kendrick, SunPower Corporation, +1-408-240-5585,

hkendrick@sunpowercorp.com, or Sachiko Masuda, Burson-Marsteller Tokyo, +81 3

3264-6687, Sachiko.masuda@bm.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中