◎GENIVI準拠プラットフォームの採用拡大が継続  加盟18社が提供

GENIVIアライアンス

2012/12/12 16:00

◎GENIVI準拠プラットフォームの採用拡大が継続  加盟18社が提供

AsiaNet 51632

共同JBN 1592 (2012.12.12)

【サンラモン(米カリフォルニア州)2012年12月12日PRN=共同JBN】オープンソースの車載インフォテインメント(IVI、In-vehicle Infotainment)のレファレンス・プラットフォーム開発と導入を推進する自動車および家電業界団体であるGENIVIアライアンスは12日、GENIVI加盟企業18社が現在、GENIVI準拠として認証登録されているグローバルな自動車メーカー・ソフトウエア・プラットフォームを提供していると発表した。

GENIVI準拠のソフトウエア・プラットフォームは、必要とされるオペレーティング・システム、システム・インフラストラクチャー、ミドルウエア・エレメントを自動車メーカーに提供し、これによって自動車メーカーの次世代IVIシステムのソフトウエア・コンポーネントを構成する差別化されたアプリケーションとその他の機能を構築することができる。

PSAプジョー・シトロエン(PSA Peugeot Citroen)のConnectivity, Telematics, Infotainment Modules部門のゼネラルマネジャーであるフィリッペ・ジケル氏は「PSAプジョー・シトロエンにとってGENIVIは多数の部品サプライヤーが品質上の競争を行えるようにするうえで極めて有益であり、GENIVIはあらゆる業界要件に関してGENIVIアライアンスが規定した一貫性があるIVIソフトウエア・プラットフォームを提供している。これによってPSAはインフォテインメント市場で競争しなければならない差別化にだけに専念できる」と語った。

2011年8月に開始したGENIVIの準拠プログラムは、加盟企業が非差別化エレメントを共有するソフトウエア・インフラストラクチャーを共同で開発し、共同して保有するメリットを得たいとする自動車メーカーの要望を満たすよう、詳細な技術要件一式を規定し、長期間にわたる再利用を促進することで、加盟企業が顧客向けの独自のブランド価値に集中することを可能にするように設計されている。

GENIVIが上海で最近開催された加盟企業の総会で発表した最新の準拠仕様は、準拠プラットフォームがLinuxオペレーティング・システムの最新バージョンを使用することを義務付けている。同仕様はまた、最新のBluetooth(商標)能力のほかに、車両の多様なソースからの情報を照合し、同一ディスプレーを共有するアプリケーション間で迅速な表示切り替えができるノード・マネジャーを付加している。

この仕様3.0はまた、インターネット接続を管理する最新のオープンソース・コンポーネントの使用を義務付けており、オンデマンドによるネットワーク接続、WiFiネットワークの選択と認証、アプリケーションおよびサービスの相互データ通信の提供を実現する。

GENIVI準拠プラットフォームは、大手自動車部品サプライヤー、シリコン・メーカー、ソフトウエア/サービス・プロバイダーなど全業界をカバーする加盟企業によって提供されている。これら技術の焦点領域に関する専門家グループはGENIVIの全加盟企業総会の決定に従って、自動車メーカーが次世代IVIヘッドユニットを開発するために設計された加盟企業作成の準拠プラットフォームなどを加えて改訂、強化したオープンソースIVIミドルウエアの仕様を作成した。

このプロセスはうまくできている。GENIVIの仕様はプラットフォーム構築の際にソフトウエア・ベンダーが採用する。これを受けて、プラットフォームは他のGENIVI加盟企業が提供するハードウエアと組み合わせて、自動車メーカーは業界最新のインフォテインメント・システムを顧客に提供することが可能となる。

GENIVIアライアンスのエグゼクティブディレクターであるスティーブ・クラム氏は「GENIVI準拠としてすでに認証登録された多数のプラットフォームによって実証されたように、GENIVIの採用は早いペースで増加し続けている。業界専門家の幅広い分野からのサポートによって、GENIVIの採用は勢いを増すばかりである」と語った。

さらに、9月に発表されたGENIVI支援のオープンソース・プロジェクト、すなわちレイヤー・マネジャー(Layer Manager)、オーディオ・マネジャー(Audio Manager)、オートモーティブDLT(Diagnostic Log and Trace)は一般公開されており、自動車産業の内外のGENIVI加盟企業および非加盟企業からこれらのプロジェクトにすぐさま示された関心からも実証されるように、FOSS(Free and Open-Source Software)コミュニティーへの参加は順調である。

GENIVI準拠プログラムおよびオープンソース・プロジェクトに関する詳細はウェブサイトhttp://www.genivi.orgを参照。

▽GENIVIアライアンス(GENIVI Alliance)について

GENIVI Allianceは、オープンソース開発の車載インフォテインメント(IVI、In-vehicle Infotainment)の導入を推進する非営利団体。GENIVIは、要件を整理統合し、リファレンス実装を進め、認証プログラムを提供し、活気あるオープンソースのIVIコミュニティーを育成することによってAllianceの目的を遂行している。GENIVIの取り組みにより、開発サイクルの短縮、製品の市場投入の迅速化、IVI機器やソフトウエアの開発における企業のコスト削減につながる。会員数は165社以上。GENIVIは米カリフォルニア州サンラモンに本部を構えている。ウェブサイトはwww.genivi.org。

報道関係問い合わせ先

GENIVI

Craig Miner

248.840.8368

Cminer1@att.net

ソース:GENIVI Alliance

GENIVI(R) Alliance Continues to Deliver Consistent Growth

PR51632

SAN RAMON, Calif., Dec. 12, 2012 /PRN=KYODO JBN/ --

    18 GENIVI member companies now offering compliant software platforms to

global

                                   OEMs

     The GENIVI Alliance, an automotive and consumer electronics industry

association driving the development and adoption of an open in-vehicle

infotainment (IVI) reference platform, today announced that 18 GENIVI member

companies are now offering global automotive manufacturers software platforms

which are registered as GENIVI compliant.

     A GENIVI compliant software platform provides automakers the needed

operating system, system infrastructure and middleware elements on which to

build the differentiated applications and other features that make up the

software components of an automaker's next-generation IVI system.

     "From PSA Peugeot Citroen's perspective, GENIVI is most valuable in

enabling many suppliers to compete on quality, while providing a consistent IVI

software platform as defined by the Alliance across all industry requirements,"

said Philippe Gicquel, general manager for Connectivity, Telematics,

Infotainment Modules, PSA Peugeot Citroen.  "This enables PSA to focus on the

differentiation we need to compete in the infotainment market."

     Launched in August 2011, GENIVI's compliance program was designed to

define a detailed set of technical requirements enabling member companies to

qualify for automaker's request for proposals giving them the benefit of a

commonly developed and collectively maintained software infrastructure that

shares non-differentiating elements, encourages reuse over time and allows them

to concentrate on their unique, branded value to their customers.

     Its latest compliance specification announced at GENIVI's recent

all-member meeting in Shanghai, requires that compliant platforms use a current

version of the Linux operating system. It also adds new Bluetooth(TM)

capabilities and a node manager that collates information from multiple sources

in the vehicle to allow rapid switching between applications sharing the same

display.

     The 3.0 specification also mandates the use of updated open source

components that manage internet connections, establish network connections on

demand, select and authenticate Wi-Fi networks, and provide for applications

and services to talk to one another.

     GENIVI compliant platforms are offered from a full industry range of

member companies including tier-one automotive suppliers, silicon manufacturers

plus software and service providers.  Expert groups within these technology

focus areas have developed a specification for open source IVI middleware which

is refreshed and enhanced in alignment with GENIVI's all-member meetings, with

member-built compliant platforms designed for automakers to develop next

generation IVI head units.

     The process is impressive: GENIVI's specifications are applied by software

vendors to create a platform. This in turn is combined with hardware offered by

other GENIVI members allowing automakers to offer the industry's most advanced

infotainment systems to their customers.

     "GENIVI's acceptance continues to grow at a rapid pace as evidenced by the

number of platforms already registered as GENIVI compliant," said Steve Crumb,

executive director, GENIVI Alliance.  "The breadth of support from a wide cross

section of industry experts will only increase the momentum going forward."

     Additionally, GENIVI-sponsored open source projects announced in September

(Layer Manager, Audio Manager and Automotive DLT-Diagnostic Log and Trace), are

publicly available and participation in the FOSS (Free and Open-Source

Software) community is going strong as evidenced by  immediate interest in

these projects from both GENIVI member and non-member developers, inside and

outside the automotive industry.

     For further information on GENIVI's compliance program and open source

projects, visit http://www.genivi.org.

     About GENIVI Alliance

     The GENIVI Alliance is a non-profit industry association whose mission is

to drive the broad adoption of an In-Vehicle Infotainment (IVI) open source

development platform.  GENIVI will accomplish this by aligning requirements,

delivering reference implementations, offering certification programs and

fostering a vibrant open source IVI community. GENIVI's work will result in

shortened development cycles, quicker time-to-market, and reduced costs for

companies developing IVI equipment and software. Comprised of more than 165

member companies, GENIVI is headquartered in San Ramon, Calif.

http://www.genivi.org.

     Media Contact- GENIVI:

     Craig Miner

     248.840.8368

     Cminer1@att.net

     SOURCE: GENIVI Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中