◎Wi-SUN Allianceが認証試験所にテュフ・ラインランドを指名

Wi-SUN Alliance

2013/1/8 09:20

◎Wi-SUN Allianceが認証試験所にテュフ・ラインランドを指名

AsiaNet 51765

共同JBN 0011 (2013.1.8)

【東京、サンノゼ(米カリフォルニア州)2013年1月7日】Wi-SUN Allianceは7日、初めてとなる中立系認証試験所(ATL)を発表した。テュフ・ラインランド(TUV Rheinland)は、Wi-SUN Allianceの世界的会員社に試験サービスを提供するAlliance最新の中立系ATLとなる。テュフ・ラインランドはAllianceのネットワークに中立系ATLとして参加し、世界のWi-SUN Alliance会員社向けにテストを実施する。

  (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120904/SF66824LOGO

開発されるWi-SUN認証製品の成長は、13社以上のグローバルカンパニーが最近行われたWi-SUN Allianceの第2回総合運用テストに参加するなど顕著になっている。Wi-SUN Alliance会員社は、5大陸すべてでスマートユーティリティーネットワーク(SUN)基盤の構築を支援する国際企業が含まれる。欧州、北米、南米、アジア地域などスマートグリッド市場の最近の成長は、発展中のスマートグリッド基盤の恩恵を最大化するアプリケーション依存のサービスの統合に向けて進んでいる。Wi-SUN認証製品は、今年から世界市場のユーザー向けに出荷される見込みである。Wi-SUNは現在、公益事業からエンドユーザーまで価値命題を達成する業界を支援するとともに、総合運用性に欠けた部分を埋め、オープンスタンダードの保証を支援する用意がある。

Wi-SUNテクノロジーは世界のスマートユーティリティーネットワークに不可欠の一部である。スマートグリッドは世界の電力インフラストラクチャーの劇的な転換を約束しており、将来的なエネルギー供給チェーンの効率を最大化し、多様化に欠かせない長い目標リストを設定している。スマートグリッドの展開は、電力業界向けに相対的に速いペースで進んでいる。既存のプレーヤーは構造変革を進め、新しいプレーヤーは進歩するエコシステムのニーズに対応するためこの市場に参入し、消費者は新たな一連の可能性に気付いている。約3億台のスマートメーターが世界中に配置され、その内5000万台は北米にある。2013年はこの部門の転換期にあり、スマートグリッドはインフラストラクチャーからアプリケーションの配備へと移行する。Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は「公益事業は既に、スマートメーターなどのスマートグリッド技術がコストを削減し、エネルギー効率を高めるという両側面で価値ある努力になっている」と語った。

ビーチャー会長はさらに「Wi-SUNテクノロジーは、スマートユーティリティーネットワークの広くさまざまなアプリケーション分野に適用可能である。広範なスマートユーティリティーネットワーク領域への展開数が増えることは、自動化計測基盤、配電自動化、家庭エネルギー管理を含めて、機器が適用基準に適合するとともに相互運用できて、製品が良好なユーザー体験を提供できることを保証する基本となる。テュフ・ラインランドをWi-SUN CERTIFIED(登録商標)プログラムを提供する認証試験所として指名したことは、この目標を達成するために新たな段階に踏み出すことである」と語った。

製品はWi-SUN CERTIFIED(商標)のAlliance会員社の製品の相互運用保証の支えとなる、ロゴを付帯するため一連の厳格な適合性および相互運用性試験を受けなければならない。

テュフ・ラインランドのCompetence Center-ICTグローバルディレクターであるサルビジット・シェロパル氏は「われわれはWi-SUN Allianceの認証試験所になることを誇りに思い、Wi-SUN Allianceの周知の厳しい品質基準に対応する試験にコミットする。われわれはWi-SUN認証への扉を開けることを非常に喜んでいる」と語った。

▽Wi-SUN Allianceについて

Wi-SUN Allianceは、あらゆる機器と市場部門にまたがるWi-SUNテクノロジーの普及に努める数百の有力企業による世界的な非営利業界団体である。Wi-SUN Allianceはテクノロジー開発、市場構築、規制プログラムをもって、Wi-SUNの広く世界的採用を実現する。

Wi-SUN CERTIFIED(商標)プログラムは、2012年3月に始まった。同プログラムは相互運用性と品質の世界的に認められる認定を提供し、Wi-SUN認証製品が最高のユーザー体験を確かに提供することを支援する。Wi-SUN Allianceの製品認証プログラムは、新興市場と既存市場におけるWi-SUN 製品とサービスの利用拡大を進める。

Wi-SUN Alliance およびWi-SUN Alliance ロゴはWi-SUN Allianceの商標である。

▽問い合わせ先

Bhupender Virk

Media@wi-sun.org

ソース:Wi-SUN Alliance

Wi-SUN Alliance Appoints TUV as its First Independent Accredited Test Laboratory

PR51765

TOKYO and SAN JOSE, Calif., Jan. 7, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    The Wi-SUN Alliance has announced its first independent Accredited Test

Laboratory.  Effective January 2013, TUV Rheinland is the Alliance's newest

independent ATL, providing certification testing services to a global roster of

Wi-SUN Alliance member companies.  TUV Rheinland joins as an independent ATL in

the Alliance's network, which will perform tests for Wi-SUN Alliance member

companies worldwide.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120904/SF66824LOGO)

     The growth of Wi-SUN certified products being developed has been

significant, with more than 13 global companies participating in the Wi-SUN

Alliance's 2nd interoperability test event recently.   Wi-SUN Alliance members

include international companies helping in building Smart Utility Network

infrastructure in all five continents.  Recent growth of Smart Grid markets in

Europe, North and South Americas and Asian region, is now moving towards the

integration of application-based services to maximize the benefits of emerging

smart grid infrastructure. Wi-SUN certified products are expected to ship to

users in the global markets starting this year. Wi-SUN is now ready to help the

industry accomplish its value proposition from utility to end-users and helping

in filling the void of interoperability and open-standards assurance.

     Wi-SUN technology is an essential part of Smart Utility Networks around

the world.  The smart grid promises a dramatic transformation of the world's

electricity infrastructure, with a long list of goals essential to maximizing

efficiency and diversifying the future of the energy supply chain.  Smart grid

deployment has been taking place at a relatively rapid pace for the electric

utility industry.  Existing players are transforming and new players are

entering the market to meet the needs of emerging eco-systems, and consumers

are awakening to a new set of possibilities.  Some 300 million smart meters

have been deployed worldwide, 50 million of them in North America.  The year

2013 represents a turning point for the sector, where the smart grid will move

from infrastructure to deployment of applications. "Utilities have already

moved a step forward to prove to both end-use customers and regulators that the

adoption of smart grid technologies, such as smart meters, has been a

worthwhile effort in both reducing costs and boosting energy efficiency," says

Phil Beecher Chair of Wi-SUN Alliance.  

     "Wi-SUN technology is applicable to a wide variety of Smart Utility

Network application areas. The growing number of deployments across the range

of Smart Utility Networks domains, including Automated Metering Infrastructure,

Distribution Automation and Home Energy Management, makes it essential that

equipment both conforms to applicable standards and is interoperable, in order

to ensure that products deliver a good user experience," said Phil Beecher,

chair of Wi-SUN Alliance. "The appointment of TUV Rheinland as an Authorized

Test Laboratory providing the Wi-SUN CERTIFIED(TM) program is the next step in

achieving this goal."

     A product must undergo a rigorous set of conformance and interoperability

tests to carry the Wi-SUN CERTIFIED(TM) logo, helping to ensure that products

from the Alliance's member companies will interoperate.

     "We are proud to become a Wi-SUN Alliance Authorized Test Laboratory and

we are committed to testing that meets the rigorous quality standards for which

the Wi-SUN Alliance is known," said Sarbjit Shelopal, Global Director of

Competence Center-ICT of TUV Rheinland.  "We are very excited to open our doors

for Wi-SUN certification."

     About the Wi-SUN Alliance

     The Wi-SUN Alliance is a global non-profit industry association of

hundreds of leading companies devoted to the proliferation of Wi-SUN technology

across devices and market segments. With technology development, market

building, and regulatory programs, the Wi-SUN Alliance has enabled widespread

adoption of Wi-SUN worldwide.

     The Wi-SUN CERTIFIED(TM) program was launched in March 2012.  It provides

a widely-recognized designation of interoperability and quality, and it helps

to ensure that Wi-SUN enabled products deliver the best user experience.  The

Wi-SUN Alliance product certification program will encourage the expanded use

of Wi-SUN products and services in new and established markets.  

     Wi-SUN Alliance and the Wi-SUN Alliance logo are trademarks of the Wi-SUN

Alliance.

     CONTACT: Bhupender Virk

              Media@wi-sun.org

      SOURCE: Wi-SUN Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中