アスクル、「東日本メディカルセンター」を新設、稼働開始

アスクル

2013/5/7 16:15

2013年5月7日

アスクル株式会社

~メディカル事業の東日本物流拠点を移設~

アスクル、「東日本メディカルセンター」を新設、稼働開始

~保管・出荷能力の向上で事業拡大に対応~

アスクル株式会社 (本社:東京都江東区、社長:岩田彰一郎、

http://www.askul.co.jp/、以下アスクル)は、一般医療用消耗品と

医療材料のデリバリーサービスにおける東日本エリアの物流拠点

「東日本メディカルセンターを東京都江東区から東京都品川区に移転し、

5月6日より稼動を開始しました。

東日本メディカルセンターは、トライネット・ロジスティクス株式会社

(本社:東京都中央区、代表取締役社長:信岡正章、

http://www.trinet-logi.com/、以下トライネット・ロジスティクス)が

所有する「トライネット・ロジスティクス勝島1号倉庫」(東京都品川区

勝島1-5-21)の地上6階建の1階から3階部分を賃借するもので、

アスクルのメディカル事業専用の物流施設となります。

■移設・新設の背景

アスクルは、「オフィス用品だけではなく医療用品もまとめてアスクルで

購入できたら便利」という多くの医療関係のお客様の声に応えるべく、

2004年1月にメディカル事業に参入いたしました。

2012年5月期におけるメディカル事業の売上高は76憶円まで成長し、

医療通販売上高№1(※)となっております。また、メディカル事業は、

2011年7月に専用ウェブサイト「アスクル メデトモ」をリリースし、

同時にウェブでの取り扱い商材数を拡大したことも功を奏し、足元では

二桁成長を継続しており、アスクルの成長を牽引する事業の一つとなって

おります。

高齢化に伴う社会保障費の拡大や診療所・介護施設数の増加を受けて、

メディカル事業が対象とする市場規模は今後もさらなる拡大が見込まれ

ます。「流通革新を通じて医療介護に貢献する」という事業理念のもと、

今回の新センター立ち上げにより事業スピードを加速し2014年5月期に

おいて100億円を超える売上高を目指してまいります。

(※)当社推計

■移設による効果

1. 出荷・保管能力の向上

 保管能力が125%増加したことで、売上拡大の必須要件となる在庫能力が

 増加します。また、マテハンの刷新とセンター構造の見直しにより、

 出荷能力も130%向上を見込んでおります。

 <取扱商品数>

 (開設時)約8,500アイテム(旧センター:約6,700アイテム)

2. 海外調達品(コンテナ等)入荷の実現

 新センターは首都高速や東京港、羽田空港など首都圏物流の心臓部から

 近い好立地にあります。また、旧センターでは出来なかったコンテナ納品の

 新設備により、海外からの商品調達が可能となり、サプライヤー様を

 含めた物流効率の改善が期待できます。

3. 耐震性と環境配慮に優れた施設

 最新のBSL(*1)工法の免震構造を採用することでBCP(*2)に対応し耐震性に

 優れているため、従業員や荷崩れによる商品破損を地震の脅威から

 守ります。また、新センターはLED照明や空調負荷を低減する断熱性能に

 優れた「金属断熱サンドイッチパネル」などを採用した環境配慮型の

 施設です。

(*1) BSL:Ball-Point Slider, 杭頭免震装置

(*2) BCP:Business Continuity Planning,事業継続計画

アスクルは今後もさらなる取扱い商品の拡大と、より競争力のある物流・

配送力を実現することで、医療・介護業界への貢献を目指します。

<東日本メディカルセンターの概要>

名称  : 東日本メディカルセンター

所在地 : 東京都品川区勝島1-5-21トライネットロジスティクス勝島1号倉庫

稼働開始: 2013年5月6日

専有面積: 約6,839平方メートル(約2,068坪)

延床面積: 約19,958平方メートル(約6,037坪)

建物階数: 地上6階建(賃借部分1階~3階)

設備機能: 免震装置/LED照明/金属断熱サンドイッチパネル/

      GHP空調完備(事務所部分)/高度医療機器・薬品保管設備/

      少量危険物倉庫/屋上緑化

取扱商品: 医療・介護施設向け消耗品(衣料品、事務消耗品、文具等)

      医療機関向け医療材料(一般医療機器・管理医療機器・

      高度管理医療機器、消毒液等の医薬品)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中