◎P・ベスーン氏とシー・シェパードの紛争が決着

Earthrace Conservation & Sea Shepherd Conservation Society

2013/5/14 11:00

◎P・ベスーン氏とシー・シェパードの紛争が決着

AsiaNet 52975

共同JBN 0535 (2013.5.14)

【オークランド(ニュージーランド)、フライデー・ハーバー(米ワシントン州)2013年5月14日PRN=共同JBN】Earthrace Conservation(http://www.earthraceconservation.org)の創立者ピーター・ベスーン氏とシー・シェパード・コンサベーション・ソサエティー(http://www.seashepherd.org/uk/uk.html)はこのほど両者間で長く争われていた法的紛争について仲裁に従う合意に達した。この合意はベスーン氏に対する金銭的な和解を含んでいるが、同時にポール・ワトソン氏が日本に引き渡されることのないようシー・シェパードにベスーン氏が協力することが条件になっている。

シー・シェパードとベスーン氏との間の紛争は2010年、南極で日本の捕鯨を止めようとしたシー・シェパードの作戦中にアディ・ギル号が損なわれた後に発生した。アディ・ギル号は日本の監視船第2昭南丸によって意図的に衝突され、一定時間えい航された後に放棄された。

2009年にベスーン氏とシー・シェパードの間で署名されていた合意では、同船が失われたり破壊されたりした場合、シー・シェパードはベスーン氏に一定の支払いをすることが定められていた。今回の仲裁は支払いと金額に関したもの。

ベスーン氏は「私としてはこの件が結論に達したことをうれしく思い、結果にも満足している。基本的に同じ目的のために働いている個人と団体が争うのは時間や金、エネルギーの浪費で、これらは本来海洋生物や環境を守るために使われるべきものだ」と語りさらに次のように述べた。

「今回の和解が意味することは、今まで私が何とかやれるよう寛大にも助けてくれた人たち、また今回の事件の間ずっと一貫して私を支えてくれたかれらのサポートがなければ、私もアディ・ギル号のように沈んでしまったことだ」

ベスーン氏とシー・シェパードの両者は現在、海洋のために協力することに集中しており、その活動の一環として、ベスーン氏は日本の要請によってインターポールが発行したレッド・ノーティスにしたがって日本に引き渡されないように努力しているワトソン氏を助けている。

シー・シェパードはこのレッド・ノーティスが政治的な判断によるもので、主張は誤っているとしている。ベスーン氏は2010年のシー・シェパードの作戦の後、日本の法廷によって5件の犯罪について有罪判決を受けているが、日本のワトソン氏に対する主張は本質的に誤っているか誤り導くものであるとしており、ワトソン氏に対するレッド・ノーティスを撤回させることを目標にしている。

シー・シェパードのスーザン・ハートランド理事長は「シー・シェパードはわれわれがピーター・ベスーン氏と結んだ合意を守った。いまや、両組織はこの件をわれわれの歴史の一幕として終わらせ、世界の野生生物を守るために前に進む」と語った。

シー・シェパードは今後も絶滅が危惧されているか、あるいは絶滅の危機が増大している海生哺乳動物や魚を守るさまざまな活動を続ける予定である。同団体はヒット作になっているシー・シェパードのドキュメンタリー・スタイル、リアリティー・テレビ番組「Whale Wars(くじら戦争)」の第6シーズンが今年後半に始まる前にポール・ワトソン氏に対するレッド・ノーティスが取り消されることを望んでいる。

ベスーン氏とEarthrace Conservationは現在、外国船によって行われている不法漁業を記録したリアリティーTV番組を撮影しているアフリカに戦術部隊を送ろうとしているところだ。この番組ではすでに2エピソードが撮影されており、今後7月から10月にかけて6エピソードが撮影される予定。

ソース:Earthrace Conservation & Sea Shepherd Conservation Society

Pete Bethune and Sea Shepherd Settle Long Running Legal Dispute

PR52975

AUCKLAND, New Zealand and FRIDAY HARBOR, Washington State, May 14 /PRN=KYODO JBN/--

     Pete Bethune, founder of Earthrace Conservation

[http://www.earthraceconservation.org ], and Sea Shepherd Conservation Society

[http://www.seashepherd.org/uk/uk.html ], have reached an agreement following

arbitration in their long-running legal dispute. The agreement, which involved

a financial settlement to Bethune, also provided that he will assist Sea

Shepherd to help ensure Paul Watson is not extradited to Japan.

    The dispute between Sea Shepherd and Bethune arose after the Ady Gil vessel

was damaged in the 2010 Sea Shepherd campaign, while trying to stop Japanese

whaling in Antarctica. The Ady Gil was deliberately rammed by the Shonan Maru

#2, a Japanese security vessel, and after a period of towing, the Ady Gil was

abandoned.

    Under agreements signed between Bethune and Sea Shepherd in 2009, if the

vessel was lost or destroyed, Sea Shepherd would be required to make certain

payments to Bethune. The arbitration was regarding the payment and its amount.

    Bethune said, "I am happy that the case has reached its conclusion and am

pleased with the result. Fighting between individuals and organisations that

are fundamentally working towards the same goals is a waste of time, money and

effort that could be better spent protecting marine life and environments.

    "This settlement means that I will be able to repay all those who have been

so generous in helping me keep my head above water, as well as all those who

have steadfastly supported me throughout this whole episode, especially all the

Earthrace volunteers. Without that support, I would have been sunk, much like

the Ady Gil."

    Bethune and Sea Shepherd are both now focused on working together for the

good of the oceans and as part of that endeavour, Bethune has been helping

Watson in his efforts to avoid extradition to Japan pursuant to an Interpol red

notice that was issued against Watson at the request of Japan.

    Sea Shepherd contends that the red notice is politically motivated and that

its allegations are false. Bethune, who was convicted of five offenses by a

court in Japan following Sea Shepherd's 2010 campaign, says that Japan's

allegations against Watson are essentially false or misleading, and his goal is

to see the red notice against Watson lifted.

    "Sea Shepherd has honored the agreement we made with Pete Bethune," said

Susan Hartland, Sea Shepherd Administrative Director. "Now both of our

organizations can close this chapter in our history and move forward to support

marine wildlife worldwide," she added.

    Sea Shepherd will continue its various campaigns to protect endangered and

threatened marine mammals and fish. The organization would like the red notice

against Paul Watson lifted before the sixth season of Sea Shepherd's hit

docu-reality TV show, "Whale Wars," airs later this year.

    Bethune and Earthrace Conservation are about to deploy their tactical unit

to Africa where they are filming a reality TV series documenting illegal

fishing by foreign vessels. Two episodes of the show have already been filmed,

and another six will be filmed from July to October this year.

    SOURCE: Earthrace Conservation & Sea Shepherd Conservation Society

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中