◎バヤト基金がカブールに小児救命救急センター開設

バヤト基金(Bayat Foundation)

2013/6/14 14:46

◎バヤト基金がカブールに小児救命救急センター開設

AsiaNet 53392

共同JBN 0704 (2013.6.14)

【カブール(アフガニスタン)2013年6月14日】起業家で慈善事業家のイーサノラー(イーサン)・バヤト(Ehsanollah Bayat)氏が率いるバヤト基金(Bayat Foundation)はこのほどカブールのインディラ・ガンディー病院に新たな小児救命救急センター(ICU)と集中治療室(CCU)を開設した。この施設は建物の使われていない破壊された部分のがれきの上に5カ月足らずの期間で再建されたもので、先進的な遠隔患者モニタリング技術、近代的なベッドと医療設備、子供の緊急治療を可能にすることに集中したさまざまな追加的ソリューションを備えている。

バヤト氏は「この近代的な小児救急施設を建設することによってアフガニスタンの献身的な医療スタッフと幼い子供たちを援助する機会を持てたことに感謝している。インディラ・ガンディー病院の幼い白血病患者に対する長期的なサポートを通じて、われわれは医師たちが治療を最も必要とし、最もリスクの高いもっと多くの子供に、これまでより効果的に奉仕できるようにするために新しいICU/CCUが果たせる大きな違いを認識した。基金は次世代のアフガニスタン人ができるだけ安全で恵まれた生活を始めるのを助けるために国内各地の病院に引き続き関与したいと考えており、この新しい小児施設が最も援助を必要としているアフガニスタンの子供たちの多くに健康管理の結果の改善をもたらすと信じている」と語っている。

新しい集中治療室は、母親の福利、子供の健康、安全な出産に重点的に集中しているアフガニスタンの恵まれない、開発の遅れた地域に乳幼児病院のネットワークを構築するという活動を2005年に始めてからバヤト財団が国内各地に建設した12番目の健康管理施設である。

マザリシャリフ(バルフ州)、ダイクンディ(ウルズガン州)、マイマナ(ファルヤブ州)、ベスード(ワルダク州)、タガーブ村(ワルダク州)、ヘサドウォン(ワルダク州)、トラボラ(ナンガルハル州)、サリプル市(サリプル州)、ラシュカルガー(ヘルマンド州)、ガルデス(パクティア州)にある、アフガニスタンの母と子のために構築されたこの医療介護施設のネットワークは、基金の母子健康計画が始まってから70万人以上の患者に奉仕している。病院の規模は10-150ベッドで、近代的な設計で建てられており、完全な電気システム、病室、手術室、分娩(ぶんべん)室、術後回復室、薬局、医局、受付区域、貯蔵室、浴室がある。詳しい情報、新しいICU/CUU施設のビデオ映像およびバヤト基金の健康管理計画などの計画全体はhttp://www.youtube.com/user/BayatFoundation/videosで見ることができる。

▽バヤト基金(Bayat Foundation)について

米国に本部を置く501 c(3)の慈善組織であるバヤト基金は2005年からアフガニスタン国民の福利を促進している。イーサン・バヤト、ファテマ・バヤト両氏が創設、指導する同財団はアフガニスタンの若者、女性、貧困層、高齢者の生活の質を向上させるための200以上のプロジェクトに貢献している。プロジェクトには必要な地域での新しい施設、持続可能なインフラの建設、健康、教育、経済、文化計画の促進が含まれている。自らの慈善計画に加えて、イーサノラー・バヤト氏は2002年にアフガニスタンで初めてのGSM無線およびインターネット・サービス・プロバイダーとなった、テレフォン・システム・インターナショナル社(TSI)と通信省の合弁企業アフガン・ワイヤレスを創立し、後にアリアナ・ラジオ(FM93.5)を含むアリアナ・ラジオ・テレビ・ネットワーク(ATN)を設立した。詳しい情報はEメールでinfo@bayatfoundation.orgへ。

▽問い合わせ先

Jill Ketron

j.ketron@bayatfoundation.org

+1-904-686-1470

ソース:Bayat Foundation

Bayat Foundation Inaugurates New Pediatric Critical Care Facility at Indira Gandhi Hospital in Kabul

PR53392

KABUL, Afghanistan, June 14, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    The Bayat Foundation, led by entrepreneur and philanthropist Ehsanollah

Bayat, recently inaugurated a new pediatric intensive care unit (ICU) and

critical care unit (CCU) at Indira Gandhi Hospital in Kabul.  The facility,

rebuilt atop the debris of an unused, ruined section of the building in less

than five months, features advanced remote patient monitoring technology,

modern beds and medical equipment, and a variety of additional solutions

focused on enabling acute care for children.

    "We are grateful to have the opportunity to aid the committed medical staff

and young children of Afghanistan by constructing this modern pediatric care

unit," Mr. Bayat said. "Through our long support of young leukemia patients at

Indira Gandhi Hospital, we realized the significant difference that new ICU/CCU

facilities could play in allowing doctors to serve many more of the neediest

and most at-risk children, more effectively than before.  The Foundation looks

forward to remaining engaged with hospitals around the nation to help ensure

the next generation of Afghans begin life as safely and well as possible, and

we believe this new pediatric facility will provide improved healthcare results

for many of the neediest children in Afghanistan."

    The new critical care unit is the twelfth health care facility that the

Bayat Foundation has constructed around the nation since beginning a mission in

2005 to build a network of maternal and early childhood hospitals in

underserved and underdeveloped areas of Afghanistan whose main focus is

maternal wellbeing, child health, and safe births.  

    This network of medical care facilities for Afghan mothers and children -

located in Mazar-e-Sharif (Balkh Province), Dai Kundi (Uruzgan Province),

Maimana (Faryab Province), Behsood (Wardak Province); Tagaab Village (Wardak

Province); Hessa Dowom (Wardak Province); Tora Bora (Nangahar Province), Sar-e

Pul City (Sar-e Pul Province), Lashkargah (Helmand Province), and Gardez

(Paktia Province) - has served more than 700,000 patients since the inception

of the Foundation's maternal/child health initiative.  The hospitals range in

size from 10 to 150 beds and are built to a modern design, with complete

electrical systems, patient rooms, operating rooms, delivery rooms,

post-operative recovery rooms, a pharmacy, doctor's offices, reception area,

storage and bathrooms.  Further information and video coverage of the new

ICU/CCU facilities, as well as all Bayat Foundation health care initiatives and

other programs may be viewed at:

http://www.youtube.com/user/BayatFoundation/videos.

    About the Bayat Foundation

    Since 2005, the US-based Bayat Foundation, a 501 c(3) charitable

organization, has promoted the well-being of the Afghan people. Founded and

directed by Ehsan Bayat and Fatema Bayat, the Foundation has contributed to

more than 200 projects dedicated to improving the quality of life for the

youth, women, poor, and elderly of Afghanistan.  Projects have included the

construction of new facilities and sustainable infrastructure in needy regions,

and the promotion of health, education, economic, and cultural programs. In

addition to his charitable initiatives, Ehsanollah Bayat founded Afghan

Wireless (AWCC) in 2002 - a joint venture between Telephone Systems

International, Inc. (TSI) and the Ministry of Communications - which was the

first GSM wireless and Internet Service Provider in Afghanistan, and later

established Ariana Radio and Television Network (ATN), which includes Ariana

Radio (FM 93.5). For more information, please email: info@bayatfoundation.org.

    CONTACT: Jill Ketron

             j.ketron@bayatfoundation.org

             +1-904-686-1470

     SOURCE: Bayat Foundation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中