◎28日に青島市で2013年ハイアール・グローバルフォーラム開催

ハイアールグループ

2013/7/26 11:50

◎28日に青島市で2013年ハイアール・グローバルフォーラム開催

AsiaNet 53805

共同JBN0875 (2013.7.26)

【青島(中国)2013年7月26日PRN=共同JBN】2013年の世界経済は引き続き不安定さを示し続けた。限りのある顧客、資源、トップタレント、利益を求める企業間の競争は、依然として激烈である。こうした課題にもかかわらず、ハイアールグループ(Haier Group)は、家庭用電化製品ソリューション・プロバイダーの世界リーダーとしての立場を維持し、成長を続けている。

2013年7月28日、世界の革新的ビジネスリーダーと学者は中国の青島市で開催されるHaier Global Forum On Business Model Innovation(ビジネスモデル革新に関するハイアール・グローバルフォーラム)に参集する。フォーラムは、ハイアールグループの協力で中国管理科学研究院(Chinese Academy of Management)が主催する。

ハイアールグループは同社の革新・起業家精神で、顧客の需要がインターネット時代に対応できるようネットワーク戦略を導入してきた。ハイアールは早い段階から革新のもたらす直接的影響を認識しており、このため中国企業のほとんどより先駆けることができた。このフォーラムでハイアールは、変化する市場で成功してきた秘けつのいくつかを披露する予定であり、世界の企業に影響する問題を議論する。

ハイアールの張瑞敏最高経営責任者(CEO)はビジネスモデル革新に関するハイアール・グローバルフォーラムで、管理革命と革新的ビジネスモデルに焦点を当てた代表的なハイアールのケーススタディーを紹介する。

ゲストスピーカーには、ベストセラー「Big Data(邦訳:ビッグデータの正体)」の著者でオックスフォード大学インターネット研究所教授(インターネット・ガバナンス&レギュレーション)のビクター・メイヤー・ショーンベルガー氏、マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン大学院教授でベストセラー「Staying Power: Six Enduring Principles for Managing Strategy & Innovation in an Uncertain World」の著者であるマイケル・クスマノ氏が含まれている。このフォーラムでは、学者、ビジネスリーダー、革新愛好者が見逃せないような最優良事例と革新管理戦略への理解を深める東西間の生き生きとした対話が行われるものと予想されている。

▽ハイアールについて

ハイアールグループは、Euromonitor International 2013で世界1とされた大手電化製品ブランドで、家庭用電化製品の世界的リーダーである。ハイアールグループは世界で8万人を雇用し、世界の100以上の国・地域に製品を供給、2012年の世界での総売上高は258億ドルに達した。ハイアールの子会社Qingdao Haier Co., Ltd.(SHA: 600690)は上海証券取引所に上場しており、子会社Haier Electoronics Group Co., Ltd.(HGK: 1169)は香港証券取引所に上場している。

ソース:Haier Group

2013 Haier Global Forum On Business Model Innovation

PR53805

QINGDAO, China, July 26, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

2013 has continued to show the volatility of the global economy. Competition

among companies for limited customers, resources, top talents and profits is

still fierce. Despite these challenges, Haier Group has maintained its position

as the world's leading home appliance solution provider and continues to

thrive.

On July 28, 2013, innovative business leaders and scholars from around the

world will gather in Qingdao, China for the Haier Global Forum On Business

Model Innovation. The forum is hosted by the Chinese Academy of Management in

cooperation with Haier Group.

With its innovative and entrepreneurial spirit, Haier Group has introduced its

network strategy to ensure consumer needs are met in the Internet era. Early on

Haier recognized the direct impact of innovation and it has allowed the company

to stay ahead of most domestic corporations. At the forum, Haier will reveal

some of the secrets of its success in a changing market and discuss issues that

impact global companies.

Haier CEO Zhang Ruimin will share classic Haier case studies focusing on the

management revolution and innovative business models at the Haier Global Forum

On Business Model Innovation.

Guest speakers will include Viktor Mayer-Schonberger, professor of Internet

Governance and Regulation at the Oxford Internet Institute and author of the

best-selling book "Big Data," along with Michael Cusumano, professor at the MIT

Sloan School of Management and author of the best seller "Staying Power: Six

Enduring Principles for Managing Strategy & Innovation in an Uncertain World."

It is expected that there will be lively discussions as the East meets the West

to gain a deeper understanding of best practices and innovative management

strategies that scholars, business leaders, and fans of innovation won't want

to miss.

About Haier

Haier Group is the world's #1 major appliance brand as ranked by Euromonitor

International 2012, and a global leader in consumer electronics. Haier Group

employs more than 80,000 people around the world and distributes products in

more than 100 countries and regions with global revenues reaching US$25.8

billion in 2012. Haier's subsidiary, Qingdao Haier Co., Ltd. (SHA: 600690) is

listed on the Shanghai Stock Exchange and Haier's subsidiary Haier Electronics

Group Co., Ltd. (HGK:1169) is listed on the Hong Kong Stock Exchange.

SOURCE   Haier Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中