◎ビジネスを方向転換しなければネット時代の敗者になる ハイアールCEO

ハイアール

2013/8/14 11:50

◎ビジネスを方向転換しなければネット時代の敗者になる ハイアールCEO

AsiaNet 53941

共同JBN 0925 (2013.8.14)

【北京2013年8月13日PRN=共同JBN】

 *経営者はコーポレートストラクチャーとステークホルダー・エンゲージメントを根本的に再考しなければならない、とAcademy of Management年次総会で張瑞敏氏が発言した。

ハイアール(Haier)の会長兼最高経営責任者(CEO)、張瑞敏氏は有力経営者の会合で13日、経営者たるものは競争力を維持するためには自社のコーポレートストラクチャーと有力ステークホルダーとの関係を根本的に再考しなければならない、と発言した。世界中の経営学専門家が最大規模で参加するAcademy of Management年次総会で、張会長は成功した企業は革新的であり続けるためには、よりいっそう勤勉に仕事に打ち込む必要があるとして、この分野での課題に取り組むハイアールのアプローチを概略的に紹介した。

「成功した企業は本質的に他社より優れているから成功したのではない-本当の成功を収めた経営者は市場の変化に素早く対応したから成功したのであり、意図的に自身の構造を改革し、企業規模が大きくなっても迅速に対応して従来型のビジネスにとらわれなかったからである」と張会長は述べさらに次のように続けた。「ハイアールは10年以上もグローバルリーダーであり続けている。しかしインターネット時代にもリーダーであり続けるため、2年前に当社はコーポレートストラクチャーと企業文化の再定義を完成した。新しいアプローチを『3つのノー』と呼んでいる。会社内を部門ごとに隔離することはノー、マネジメント階層はノー、サプライチェーンのスケーラビリティの限界にノー、である」。

Academy of Management年次総会は今週、米フロリダ州オーランドで開催されており、マネジメント専門家やビジネスリーダー約1万人が83カ国から参加、経営問題のあらゆる分野におけるトレンドを討論している。張会長は「成功した企業は存在しない、存在するのは時代に受け入れられた企業である」とコメントした。

▽ハイアールについて

ハイアール世界最大の消費者向け家電製品のメーカーである。2012年の世界総売上は258億ドル、利益は14億2000万ドル。他に例がないネットワークベースのマネジメントストラクチャーと業界をリードする統合グローバル研究開発チームを擁していることで知られる。ハイアールのミッションは、革新的な家庭電気製品を創造することで世界160カ国の消費者の急激に変化するニーズに対応することである。消費者市場の戦略調査で世界のトップリーダーの一つであるEuromonitor Internationalは過去4年連続してハイアールを世界でナンバーワンの家電製品ブランドとして認定している。2012年、ボストン・コンサルティング・グループはハイアールを世界で最も革新的な企業10社の1つに選んだ。

ソース: Haier

Reorient Your Business or Lose Out in the Internet Era, Haier CEO Tells Corporate Leaders

PR53941

BEIJING, Aug. 13, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

Businesses Must Radically Rethink Corporate Structure and Stakeholder

Engagement, says Zhang Ruimin at Annual Meeting of the Academy of Management

Businesses must radically rethink their corporate structure and relationship

with key stakeholders to maintain a competitive edge, Zhang Ruimin, the

chairman and CEO of Haier, today told a conference of leading management

experts. Speaking at the Annual Meeting of the Academy of Management, the

largest gathering of management scholars in the world, Zhang said that

successful companies must work harder than ever to stay innovative and outlined

Haier's approach to this business challenge.

"No company is successful because they are inherently better than their peers -

true business leaders are successful because they adapt more quickly to

changing market trends and remain successful only if they deliberately

structure themselves to be nimble and unconventional even as they grow bigger,"

said Haier CEO Zhang Ruimin. "Haier has been a global leader for more than a

decade. But to ensure that we continue to lead in the internet era, over the

last two years we have completed a radical redefinition of our corporate

structure and culture. We define our new approach by what we call the 'Three

Nos' - no internal borders separating different divisions of the company, no

management hierarchy, and no limits on the scalability of our supply chain."

The Annual Meeting of the Academy of Management, taking place in Orlando, Fla.,

this week, brings together more than 10,000 management experts and business

leaders from 83 countries to discuss global trends across all management

disciplines. Zhang commented, "There is no successful enterprise, but the

enterprise in the era."

About Haier

Haier is the world's leading home appliance provider, with global revenues of

US$25.8 billion and profit of US$1.42 billion in 2012. Renowned for its unique

network-based management structure and industry-leading integrated global R&D

team, Haier's mission is to create innovative home appliances that anticipate

the fast-changing needs of consumers in 160 countries around the globe.

Euromonitor International, a world leader in strategy research for consumer

markets, has named Haier the number one global home appliance brand every year

for the last four years. In 2012 the Boston Consulting Group named Haier one of

the ten most innovative companies in the world.

SOURCE  Haier

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中