アスクル、2013年 秋・冬号 カタログを発刊

アスクル

2013/8/21 12:00

2013年8月21日

アスクル株式会社

~“ビジネスにパワーを!”をテーマに~

アスクル、2013年 秋・冬号 カタログを発刊

~MRO商品の大幅拡充により、オリジナル商品が5,000アイテムを突破~

~カタログにない商品はWebへ。商品数50万アイテム以上に!~

アスクル株式会社 (本社:東京都江東区、社長:岩田彰一郎、http://www.askul.co.jp/ 、以下アスクル)は、オフィスの必需品である文具・事務用品やOA/PC用品、生活用品、オフィス家具から、建設現場・物流現場・研究所向けの工具・理化学用品まで、約31,300アイテムのお買い得品を掲載した新しいカタログ「アスクルカタログ2013秋・冬号」を8月21日に発刊しました。

新カタログでは、 “ビジネスにパワーを!”をテーマに、日本中の仕事場にさらに活力をお届けしたいという想いから、価格、品質、機能、デザインなどあらゆる面からお客様のビジネスの後押しをする新たな商品を多数ご用意しました。

そのひとつとして、オリジナルブランドを含めた品揃えを引き続き強化しました。オリジナル商品のラインアップは、前号カタログから約700アイテム増となる約5,000アイテムに拡充し、確かな品質の商品をよりお求めやすい価格でご提供します。

主なものとしては、昨年8月よりスタートした作業用品ブランド “現場のチカラ”を新たに約300アイテム投入し、MRO※1商品の大幅な拡充に努めました。その追加アイテムの内、店舗向け商品を新ブランド“現場のチカラfor Shop”として展開し、これまで以上に店舗のお客様のご期待に添える商品を多数投入しました。加えて、新たな商品カテゴリーとして「塗装用品」にも“現場のチカラ”ブランド商品を投入しました。

また、アスクルのオリジナル乾電池シリーズとしては今までになかったトップクラスのハイパワーと長持ち性能を兼ね備えた「アルカリ乾電池PRO」を発売しました。トランシーバーを使用する建設現場・警備などのお客様の声にお応えし、国内メーカーとの共同企画により圧倒的な低価格で約10年の保存性能を実現しました。

生活用品では、期間限定価格で1mあたり単価がアスクル最安値のロングタイプのパルプ100%オリジナルトイレットロールなど生活消耗紙を中心に、低価格、品質、デザインを兼ね備えたオリジナル商品を多数投入し、品揃えを強化しました。

そのほか、コピー用紙、クリアーホルダー、フラットファイルに加え、飲料、洗剤など文具・生活用品を中心に約1,950アイテムの期間限定価格を実施、圧倒的な低価格でご提供します。

「アスクル・インターネットショップ」(http://www.askul.co.jp/)および「ソロエルアリーナ」(https://solution.soloel.com/)も、新商品や季節商品が増えるほか、前述のMRO商品などを約43万アイテム以上に拡充し、WEBでの取扱商品数が前号カタログ発行時から10万アイテム以上増加し50万アイテムを超えました。

<アスクルカタログ2013秋・冬号の概要>

総ページ数:1,274 ページ

取扱商品数:約31,300アイテム

新規取扱商品数:約2,950アイテム

オリジナル商品数※2:約5,000アイテム

グリーン商品数:約11,100アイテム

<参考> 2013春・夏号の概要

総ページ数:1,258ページ

取扱商品数:約30,000アイテム

※1 MRO:Maintenance, Repair and Operationsの略称で、工場・作業・研究用品等を示す

※2オリジナル商品数:アスクル限定販売を含む

*********************************************************************************

プレスリリースの詳細は、添付PDFおよび弊社広報サイトでご確認ください。

※プレスリリースに掲載の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに

 変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

アスクルカタログ2013秋・冬号

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中