◎CVPath InstituteのCEOにマイケル・ジョナー博士

CVPath Institute

2013/8/28 09:30

◎CVPath InstituteのCEOにマイケル・ジョナー博士

AsiaNet 54033

共同JBN 0961 (2013.8.27)

【ゲイザースバーグ(米メリーランド州)2013年8月27日=共同JBN】有力な心臓血管研究機関であるCVPath Instituteの役員はマイケル・ジョナー(Michael Joner)博士を新たな最高経営責任者(CEO)に任命した、とCVPathの創立者であり、社長兼医学担当役員であるレヌ・ビルマニ博士が発表した。任命は2013年8月15日付で発効している。

ビルマニ博士は「われわれはジョナー博士がCVPathに加わり、この重要な指導ポストにつくことに興奮している。同博士は患者ケアに深く関わる臨床科学者あるとともに実証済みの指導実績を持つという二重の観点からInstituteの心臓血管研究サービスに新たな次元をもたらす。CEOとして博士はInstituteを次のレベルの成功に推し進め、変化が激しく、高度に革新的で、競争の厳しい分野で一流の心臓血管研究機関の地位を維持できるようにすることに責任を持つ」と語っている。

ジョナー博士は心臓血管医学、病理学、技術評価で卓越した経歴を持っている。ビュルツブルク大学で医学訓練を終え、2004-2006年はCVPath Instituteの心臓血管病理学フェローとして過ごした。ドイツに戻った後、2007年からミュンヘンのドイツ心臓センターで臨床前研究の責任者を務め、またここでインターベンショナル心臓医学実習も完了した。ジョナー博士は熟達した科学者であり、高度成長の医療技術会社で働いた実績を持つリーダーである。

ジョナー博士は「この挑戦的でエキサイティングな新ポストでCVPath Instituteに戻ることに大変興奮しており、ビルマニ博士が引き続きCVPath Instituteの医学担当役員、役員会メンバーにとどまることも喜んでいる。ビルマニ博士とその業績を深く尊敬しており、彼女と同僚になることを非常に楽しみにしている」と述べている。

▽CVPath Instituteについて

CVPath Instituteは有力な医学研究、教育機関で、心臓、血管病に苦しんでいる患者の健康管理の改善に専心している。2005年に内国歳入法501条(c)(3)に基づく非営利機関として設立され、基本研究、トランスレーショナルな「ベンチ・ツー・ベッドサイド(研究室の研究結果を直接実地に使用して開発を進める手法)」研究を行うことを使命としている。同社は心臓血管病の診断、治療を前進させる発見を促進するため、コンサルテーション、組織学、診断サービスを提供している。詳しい情報はwww.cvpath.orgへ。

ソース:CVPath Institute

▽問い合わせ先

CVPath Institute

Shelley Mahal

+1-650-468-8206

CVPath Institute Appoints Dr. Michael Joner As New CEO

PR54033

GAITHERSBURG, Md., Aug. 27, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    The directors of CVPath Institute, a leading cardiovascular research

organization, have appointed Dr. Michael Joner as the Institute's new Chief

Executive Officer, announced Dr. Renu Virmani, CVPath's founder, president and

medical director. His appointment became effective August 15, 2013.  

    "We are thrilled that Michael is joining CVPath in this key leadership

role," Dr. Virmani said. "He brings a new dimension to the Institute's

cardiovascular research services, given his dual perspective as a clinical

scientist who is deeply engaged in patient care, as well as his proven

leadership track record. As CEO, he will be responsible for propelling the

Institute to the next level of success to ensure that it remains the premier

cardiovascular research organization in an ever-changing, highly innovative and

competitive field."

    Dr. Joner has a distinguished career in cardiovascular medicine, pathology,

and technology evaluation.  He completed his medical training at the University

of Wuerzburg and spent 2004-2006 as a cardiovascular pathology fellow at the

CVPath Institute. After returning to Germany, since 2007 Dr. Joner has been

Head of the Preclinical Research at the German Heart Center in Munich, where he

also completed his interventional cardiology residency.  Dr. Joner is an

accomplished scientist and leader with a track record of working with

high-growth medical technology companies.

    "I am very excited to return to the CVPath Institute in this challenging

and exciting new role," said Dr. Joner, "and I am also delighted that Dr.

Virmani will continue as CVPath's Medical Director and board member. I have

immense respect for her and her accomplishments, and I greatly enjoy our

colleagueship."

    About CVPath Institute

    CVPath Institute is a leading medical research and education organization

dedicated to improving patient health management for those suffering from

cardiac and vascular diseases. Established in 2005 as a not-for-profit

organization under section 501(c)(3) of the Internal Revenue Code, our mission

is to conduct basic and translational "bench to bedside" research. We provide

consultation, histology, and diagnostic services to promote discoveries that

advance diagnosis and treatment of cardiovascular diseases. For more

information, please visit www.cvpath.org.

     SOURCE: CVPath Institute

    CONTACT: CVPath Institute

             Shelley Mahal

             +1-650-468-8206

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中