◎第13回ノーベル平和賞受賞者サミットをポーランドで開催 公式議題を発表

Lech Walesa Institute Foundation

2013/10/8 11:01

◎第13回ノーベル平和賞受賞者サミットをポーランドで開催 公式議題を発表

AsiaNet 54536

共同 JBN 1162 (2013.10.8)

【ワルシャワ2013年10月7日PRN=共同 JBN】「平和のために連帯して立ち上がる-行動の時」-。2013年10月21日から23日までワルシャワで開催される第13回ノーベル平和賞受賞者世界サミットのモットーである。サミットが中欧の国で開かれるのは初めて。ワルシャワでのイベントにはノーベル平和賞受賞者が数人参加する他、世界中から6000人が集まる。

「連帯」のメッセージはポーランドと欧州の平和的な変革を推進した力であり、サミットのモットー、「平和のために連帯して立ち上がる-行動の時」のなかに適切に書き込まれてグローバルな動きについての討論を導くポイントとなる。ノーベル平和賞受賞者サミットの初日、受賞者は2つの全体会議「平和と安全保障のために連帯して立ち上がる」と「危機の時代における社会的価値のシステム」に参加する。サミットの2日目は2つの討論会が開かれる予定だ。テーマは「聞かれることのない声―社会正義における不公平」と「人権-古くて新しい脅威」である。3日目の23日、受賞者は平和と和解に関する問題について、以下のセッションで発言する。それは「連帯と和解-ノーモア戦争」と「若者の連帯-平和のために立ち上がれ」である。同日、2013年平和サミット賞の授賞式も行われる。

出席確認済みの来賓、参加者には次の人々が含まれる:

ダライ・ラマ14世

フレデリク・ウィレム・デクラーク

http://www.nobelforpeace-summits.org/uczestnicy/frederik-willem-de-klerk/?lang=pl

ベティ・ウィリアムズ

シリーン・エバディ

モハマド・ユヌス

http://www.nobelforpeace-summits.org/uczestnicy/mohammad-junus/?lang=pl

ミハイル・ゴルバチョフ

レフ・ワレサ

参加登録は以下のサミット公式ウェブサイトで受け付け。

http://www.nobelforpeace-summits.org

参加者全員、参加費用は無料。取材予定のメディアはサミット公式サイトで登録を。

▽問い合わせ先

Zdzisaw Wojcik

e-mail: zdzislaw.wojcik@ilw.org.pl

phone: +48(22)622-22-20,

mobil: +48-797-030-581

ソース:Lech Walesa Institute Foundation

13th World Summit of Nobel Peace Laureates in Poland: Official Agenda Announced!

PR54536

WARSAW, Poland, Oct. 7, /PRN=KYODO JBN/ --

"Stand in solidarity for peace - time to act" is the official motto of the 13th

World Summit of Nobel Peace Laureates which is to take place in Warsaw on 21-23

October 2013. For the first time in its history the event will be held in

Central Europe. Warsaw will host several Nobel Peace Prize Laureates as well as

six thousand other guests from around the world.

The message of "Solidarity", a driving force behind the peaceful change in

Poland and Europe, will become the point of reference for a debate on global

development, aptly described in the Summit's motto "Stand in Solidarity for

Peace - Time to Act". On the first day of the Summit the Nobel Peace Prize

Laureates will participate in two plenary sessions: "Stand in Solidarity for

Peace and Security" and "A System of Social Values in the Time of Crisis". Two

following debates are planned for the second day of the Summit: "Unheard

Voices. Inequalities in Social Justice" and "Human Rights: Old and New

Threats". On 23rd of October Peace Prize winners will talk about problems

connected with peace and reconciliation on following sessions: "Solidarity and

Reconciliation: No More Wars" and "Solidarity of the Youth - Stand up for

Peace". On this day there will also take place the prize-giving ceremony of the

Peace Summit Award 2013.

Among guests who confirmed their presence there is: the 14th Dalai Lama,

Frederik Willem de Klerk [

http://www.nobelforpeace-summits.org/uczestnicy/frederik-willem-de-klerk/?lang=pl

], Betty Williams, Shirin Ebadi, Mohammad Junus [

http://www.nobelforpeace-summits.org/uczestnicy/mohammad-junus/?lang=pl ],

Mikhail Gorbachev and Lech Walesa.

Register via Summits website: http://www.nobelforpeace-summits.org. All

participants may attend the Summit free of charge. The media may register

online at the Summits website.

Contact:

Zdzislaw Wojcik

e-mail: zdzislaw.wojcik@ilw.org.pl

phone: +48(22)622-22-20, mobil: +48-797-030-581

Source: Lech Walesa Institute Foundation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中