白タヌキの「ポンちゃん」全国都市緑化とっとりフェアで展示飼育

10月15日(火)に、鳥取県西伯郡南部町で捕獲された全国的にも珍しい全身の毛が白いタヌキ「ぽんちゃん」。下記のとおり、全国都市緑化とっとりフェアの主会場で展示飼育します。

2013/10/18

第30回全国都市緑化とっとりフェア実行委員会

白タヌキの「ポンちゃん」全国都市緑化とっとりフェアで展示飼育

10月15日(火)に、鳥取県西伯郡南部町で捕獲された全国的にも珍しい全身の毛が白いタヌキ「ぽんちゃん」。下記のとおり、現在開催中の花と緑の博覧会「第30回全国都市緑化とっとりフェア」主会場で展示飼育します。

1 展示飼育期間

平成25年10月19日(土)~  午前10時~午後3時

※当面展示飼育を行う予定ですが、ポンちゃんの健康状態等により、展示飼育を止める場合があります。

※19日10時の展示飼育開始の際、小旗を振って歓迎や缶バッジの配布を実施予定

2 展示飼育場所

全国都市緑化とっとりフェア主会場・湖山池公園内(鳥取市桂見)

「緑花の輪ゾーン」の動物ふれあいコーナー

3 ポンちゃん

毛の色が白色の白変種のタヌキで、毛の色が白という以外は普通のタヌキです。遺伝子変異でメラニン色素が作れないアルビノとは違います。

白変種は、タヌキ以外の動物でも見られますが、雪に対する保護色で氷河期を生き残るのに有利と考えられています。野生では目立つので長生きできないと言われており、保護されることも多いようです。

「ポンちゃん」の名前は、捕獲者の奥山俊二さんが命名。「ポンポコリン」が名前の由来になっています。

4 経緯

 10月15日 鳥取県西伯郡南部町内の牛舎で、わなにかかっているのを発見

 10月16日 全国ニュースで流れ、話題に

 10月17日 動物病院で受診

 10月19日 フェア会場で展示飼育開始

5 参考

第30回全国都市緑化とっとりフェア「水と緑のオアシスとっとり2013」

会期:9月21日(土)~11月10日(日)

会場:湖山池公園(鳥取市)ほか

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

動物病院で診察を受けるポンちゃん

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 第30回全国都市緑化とっとりフェア実行委員会
  • 所在地 鳥取県
  • 業種 各種団体
  • URL http://oasistottori.jp

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中