「地下街における避難誘導対策のための試験施工報告」論文発表

表示灯

2013/11/19 13:30

 総合広告代理店の表示灯株式会社は、11月15日に丸ビルコンファレンススクエアで行われたアーバンインフラ・テクノロジー推進会議の主催する「第25回技術研究発表会」に、(株)日建設計シビルとともに論文「地下街における避難誘導対策のための試験施工報告」を発表した。

2013年11月19日

表示灯株式会社

「地下街における避難誘導対策のための試験施工報告」論文発表

アーバンインフラ・テクノロジー推進会議「技術研究発表会」

(株)日建設計シビルと共同

 総合広告代理店の表示灯株式会社(本社所在地:名古屋市中村区名駅4-2-11代表取締役社長:上田正剛)は、11月15日に丸ビルコンファレンススクエア(東京都千代田区丸の内2-4-1)で行われたアーバンインフラ・テクノロジー推進会議(会長 黒川洸 東京工業大学名誉教授)の主催する「第25回技術研究発表会」に、(株)日建設計シビルとともに論文「地下街における避難誘導対 策のための試験施工報告」を発表した。

 今回の「技術研究発表会」のテーマは、「安心と活力を維持強化する街づくり」。全部で31の論文が発表された。

(31の論文一覧はこちら → http://www.uit.gr.jp/members/thesis/

 今回、当社が共同で発表した論文は、都内にある某地下街において、地震・火災・浸水等の災害時に、館内から多くの来街者を安全・迅速に避難させるため、蓄光材料を利用した誘導対策(看板や帯状の標示など)を試験施行した結果を公表したもの。

(発表論文はこちら → http://www.uit.gr.jp/members/thesis/pdf/honb/418/418.pdf

 試験結果の結論として言えることは、多くの地下街や施設内で重要な電源施設において、実際に蓄光材を現場に適用し改善を加えたことで、非常時の電源消失時に真っ暗な状況での行動の手助けになることは、関係者の意見からも確認することができたこと。今後、地下街防災に関わる補助金等を利用しながら、多くの人が利用する施設内部や地上への階段部へ適用を試みることで、災害時の行動を少しでも和らげることを狙いとして推進していきたい。

(アーバンインフラ・テクノロジー推進会議はこちら → http://www.uit.gr.jp/ )

表示灯(株)は、これまで培ってきた案内サインシステムのノウハウを駆使し、全国の自治体及び地下施設などに避難防災に関するサービスを提供することで、社会に貢献する企業を目指します。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

第25回技術研究発表会の様子

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中