BtoBに おけるインバウンド・マーケティングに関する調査レポートを発表

NTTアド

2014/5/14 10:00

2014年5月14日

株式会社NTTアド

IT導入で進行する“BtoBでのインバウンド・マーケティング”の影響力

~国内企業キーパーソンへの調査から見えた現状とヒント~

(株)NTTアド(東京都品川区、代表取締役社長:軸屋真司)は、国内ICT業界のBtoBに

おけるインバウンド・マーケティングに関する受容性を把握するための調査を行いました。

【本調査の目的】

スマートフォンやソーシャルメディアの普及により生活者の行動が大きく変わり、

企業と生活者のコミュニケーションの方法も変化しています。企業が広告等を通して

一方的に情報を発信する「アウトバウンド」から、ソーシャルメディアやPR、

検索エンジン対策などを組み合わせ自社サイトへ誘引してビジネスチャンスを広げる

「インバウンド」の取り組みへシフトしています。

このインバウンド・マーケティングの取り組みは、Webコミュニケーションの先行する

北米で、企業と生活者(BtoC)だけではなく、企業と企業(BtoB)の間でも積極的に

活用される傾向があります。

本調査は、日本でも同じくBtoC だけではなくBtoBにおけるインバウンドの需要が

高まっていくという考えのもと、企業のICTシステム導入に関わるキーパーソンに対して

現状の確認と今後どのような影響を及ぼす可能性があるのかリサーチしました。

========================================

■導入検討の情報源はIT専門サイト、検索エンジン、展示会、Webサイト(図1参照)

========================================

IT専門サイト、検索エンジン、展示会、Webサイトでの情報発信及び掲載対応は必須。

海外で注目されているSNSの情報は、国内BtoBでは重視されていない現状。

========================================

■リスティング広告だけでは引き寄せられない!? 検索結果の上位表示のため、

 コンテンツの充実は必須(図2参照)

========================================

情報収集における検索エンジンの利用法として、広告よりも検索結果画面の上位表示を

重視している。自然検索で上位に表示されるためのWebサイトのコンテンツの充実が

重要である。

========================================

■IT導入検討開始時にWebサイト訪問。サイトの質が顧客獲得の分岐点(図3参照)

========================================

Webサイトを訪れるのは「導入検討の情報収集段階」が多く、見込み客獲得において

重要なコンタクトポイントとなっている。

========================================

■Webサイトのコンテンツ、キーワードは「わかりやすさ」(図4参照)

========================================

Webサイトのコンテンツで求められているのは「わかりやすさ」。

導入事例、仕様書、データを視覚的に表現した図、FAQなどもユーザー視点での

コンテンツが重視されている。

========================================

■キーマンの8割がSNS利用者だが、業務利用意向は低い。発信側とのギャップ顕著に(図5参照)

========================================

個人的なSNS利用者は8割に達しているが、業務の情報収集としてSNSは活用されて

いない状況。BtoB領域におけるSNSの発信者と受信者で大きなギャップが生まれている。

【調査方法 インターネット調査(n=200)】調査期間:2014年3月13日~2014年3月16日

(1)性別:男女  

(2)年代:20~50代

(3)勤務地:<首都エリア>埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県

             <中京エリア>愛知県<近畿エリア>大阪府・兵庫県

(4)情報システム関連職種従事者(主任以上の役職者、情報システム導入への関与者)

【 本件に関するお問い合わせ先】

株式会社NTTアド(URL:http://www.ntt-ad.co.jp

担当:福嶋・柴田 TEL:03-5745-6850

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

図1:システム導入検討において利用する情報源

図2:業務上の情報収集における検索エンジンの利用法

図3:情報システム会社のWebサイトを訪れる情報収集段階

図4:Webサイトにおけるコンテンツの重視度

図5:個人で利用しているSNS

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中