◎ミラノのトリエンナーレでExpo2015のエキシビション

Padiglione Italia - Expo 2015 Milan

2014/6/2 10:38

◎ミラノのトリエンナーレでExpo2015のエキシビション

AsiaNet 56890

共同 JBN 0589 (2014.5.30)

【ミラノ(イタリア)2014年5月30日PRN =共同JBN】「Vivaio Italia」のエキシビションとイベントカレンダーが30日、ミラノで発表された。「Raccontare l’Italia」のミーティングに集まったゲストは「Padiglione Italia」の一般部門コミッショナーでExpo 2015 SpAの総裁、ディアナ・ブラッコ氏やPadiglione Italiaの芸術ディレクター、マルコ・バリッチ氏、その他イタリア諸団体の代表が含まれていた。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140530/689853-a

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140530/689853-b

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140530/689853-c

ディアナ・ブラッコ・コミッショナーは「本日のイベントは、2012年8月3日に始まったPadiglione Italiaへの旅の第一歩である。イベントに先立つ2回のステージの最初は2012年11月の『Disegnare  l’Italia』で『Vivaio』のコンセプトを発表し、Padiglione Italiaの国際デザイン賞を生み出した。2番目のステージは2013年4月の『Costruire l’Italia』で、受賞者が公表され他の68候補を凌駕した。われわれはそれ以来、エキシビションのコンテンツ開発に注力してきた。Conferenza delle RegioniやANCI、商業会議所とともに企画した一般参加デザインの地域間ワークショップから多くの応募があった。われわれはいま、イタリアから受け取ったものをお返ししたい。Expoのテーマ『Feeding the planet. Energy for life(この惑星を豊かにする-命のためのエネルギー)』はイタリアとその才能にふさわしい。イタリアに未来を建設する能力があることを示したい」と述べた。

芸術ディレクターのマルコ・バリッチ氏はVivaioのコンセプトに刺激されたPadiglione Italia のコンテンツを紹介した。Vivaioは2015年Expoの大きな課題に対応するためにイタリアが選択したメタファーである。「何が間もなくイタリアのホーム、イタリアのアイデンティティーになるか議論した。Padiglione Italia はイタリアのアイデンティティーと、未来へ向けた効果的努力に焦点を与えたいと考えている。われわれはPadiglione Italia について、さまざまな場所や物語、課題を通じてだれもが興味を持てるようにエンターテインメントの旅と考えるよう決めた。世界におけるイタリアの役割の議論を刺激、自国にプライドを持つことを目指している」と述べ「だれでもわれわれを訪ねてくる人々は、われわれのアイコンを見ることだろう。それは最良の種を集め、上方に向かって伸びていき、全世界に提供する木の巨大な構造物『生命の木』である」と結んだ。

高さ35メートル、木と鋼鉄でできた構造物で、一日のうち時間によって形を変え、光と色彩と音楽のインタラクティブショーを演じる「生命の木」の計画も公表された。バリッチ氏はまた、訪問客が歩く舗装アベニュー、Cardusも紹介した。幅35メートル、長さ325メートルあり、エキシビションや公式イベントを開催、イタリアの多様性と富を展示する。

2015年Expo はミラノで2015年5月1日から10月31日まで開催される。

http://www.expo2015.org/en/index.html

http://www.padiglioneitaliaexpo2015.com

Padiglione Italia

Press and Communication Office: comunicazione@paditexpo2015.com

ソース:Padiglione Italia - Expo 2015 Milan

"Raccontare l'Italia" Contents of Italian Hall Presented at Milan's Triennale

PR56890

MILAN, May 30, 2014/PRN=KYODO JBN/--

   The exhibition and the calendar of events about "Vivaio Italia" were

presented in Milan earlier today. Guests at the meeting "Raccontare l'Italia"

included Diana Bracco, General Section Commissioner of Padiglione Italia and

President of Expo 2015 SpA, Marco Balich, Artistic Director of Padiglione

Italia, and members of Italian institutes.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140530/689853-a )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140530/689853-b )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140530/689853-c )

   "Today's event - Commissioner Diana Bracco said - is the first in our

journey towards Padiglione Italia, started on 3rd August 2012. The first two

stages in such journey were "Disegnare l'Italia", in November 2012, when we

presented the concept of "Vivaio" which inspired the international design award

of Padiglione Italia. The second stage was "Costruire l'Italia", in April 2013,

when the winner of the Award was announced with an overwhelming victory over

the other 68 entrants. Since then, we have focussed our efforts on the

development of the contents of the exhibition. Lots of cues came from the cycle

of inter-regional workshops on participatory design, which we organised with

the Conferenza delle Regioni, ANCI and the Chambers of Commerce. Now, we want

to give back to Italy what we have taken from its regions. The theme of the

Expo, "Feeding the planet. Energy for life", is perfect for Italy and for its

talents. An Italy we want to show in its ability of building the future".

   Marco Balich the Artistic Director presented the contents of Padiglione

Italia inspired by the concept of Vivaio, the metaphor chosen by Italy to

respond to the big challenge of EXPO 2015. "We have talked about what is soon

to become our Home, the home of Italian Identity. The Padiglione Italia will

focus on Italian identity and on the strengths that we wish to express  in an

endeavour that looks prevalently towards our future.  We decided to think of

the Padiglione Italia  as an entertaining  journey through places, stories and

challenges, presented in a way that is exciting for everyone, and that

stimulates  debate on Italy's role in the world: what we are aiming for is to

inspire a sense of pride in our Country. -  concluded Balich, adding - Anyone

coming to visit us, will also see our icon: a huge structure representing the

Tree of Life, a tree that collects our best seeds and carries them upwards, to

offer them all to the world."

   The plan for the "Tree of Life", a 35-metre-high interactive wood and steel

construction, which changes at different times of the day, creating an

interactive show of lights, colours and music, was also presented. Balich also

revealed the journey that visitors will go through along the Cardus, a paved

avenue, 35 metres wide and 325 metres long, which will host exhibitions and

institutional events, showcasing Italy's variety and wealth.

   Expo 2015 is open in Milan from 1st May to 31st October 2015

   http://www.expo2015.org/en/index.html    

   http://www.padiglioneitaliaexpo2015.com

   Padiglione Italia

   Press and Communication Office: comunicazione@paditexpo2015.com

   SOURCE: Padiglione Italia - Expo 2015 Milan

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中