ファーウェイはクラウド時代の通信ネットワーク変革を支援

ファーウェイ

2014/10/17 14:28

ファーウェイはクラウド時代の通信ネットワーク変革を支援

AsiaNet 58277 (1141)

【デュッセルドルフ(ドイツ)2014年10月17日PRN=共同通信】ファーウェイ(Huawei、華為技術)は17日ドイツで開かれたSDN & OpenFlow World Congressで、同社のソフトウエア定義ネットワーキング(SDN)とネットワーク機能仮想化(NFV)技術を公開した。ファーウェイはこのイベントで、業界パートナーが通信業界の発展を促進するこれらの技術をどのように最大限活用できるか、特に同社のSoftCOM戦略が同業界トレンドに対処できるかを説明した。

ファーウェイのグローバル・マーケティング&ソリューション担当プレジデントであるケン・ワン(シェンギン)氏は「ファーウェイのSoftCOMはSDNとNFVの潜在的可能性を最大限に引き出し、ICT業界向けのオープンかつ柔軟なネットワーク・インフラストラクチャーを構築する。われわれはすべての業界参加者と協力して、クラウドICT時代における未来志向のオープン・ネットワーク・エコシステムをつくり上げたい」と語った。

ICT技術はクラウド利用がますます進んでおり、通信キャリアは開発コストの増大と収益の伸びの鈍化という難題に直面している。ICTの新時代である今、キャリアは事業の進化に専念し、これらの課題に対処し能力を回復する必要がある。クラウドコンピューティングのSDNとNFVのコンセプトに基づき、ファーウェイは未来志向の通信ネットワーク・アーキテクチャー戦略となるSoftCOMを開発した。この戦略の目標は、ネットワーク・アーキテクチャー、ネットワーク機能、さらにサービスとObservation and Measurements(O&M)モデルの観点から、通信業界の再構築を支援することにある。SoftCOM戦略によって、通信キャリアは総合的なネットワーク進化と事業変革を達成することが可能となり、ICT統合を通じて新しい価値を創造し、それを獲得することができる。このアプローチはオープンで相互接続された革新的エコシステムを構築・促進することに寄与し、業界価値を増大させるとともに、その活用を推進することにつながる。

ファーウェイは事業要件によって促される技術開発に焦点を合わせ、あらゆるネットワーク分野において多数のSDNとNFVイノベーションを試行し、キャリアが将来に向けてフルスケール・ネットワークと事業変革を実施するうえで役立つソリューションを公開してきた。ファーウェイは現在、Telefonica、中国移動(China Mobile)、中国聨合通信(China Unicom)、中国電信(China Telecom)など20以上の世界の通信キャリアとともにNFVおよびSDN関連の革新的なプロジェクト60件以上を実施した。ファーウェイとグローバル・キャリアは2014年、数件の商用SDNおよびNFVの展開を実施した。その中には、中国電信と協力した世界初の商用SDN展開、中国聨合通信と協力したSDNベースのWoクラウド・プロジェクト、大手欧州オペレーターとのNFVベースvIMS合同事業などがある。

ファーウェイはSDN & OpenFlow World Congressで、最新のFlexible Ethernetソリューション、革新的なネットワーク・アーキテクチャーMobileFlowをはじめ、最新技術のプロトタイプ・システム数件を公開した。Flexible Ethernetソリューションは、種々のEthernetサブインターフェースの多様なダイナミック・ソフトウエア設定コンビネーションをサポートする柔軟性がある。このソリューションは、異なるデータトラフィックを必要とするさまざまなデータコネクションとサービスを記録し、それらと対応するサブインターフェースにそれぞれ適合させる。Flexible Ethernetは、従来の固定Ethernetに支配されてきた業界を一変させるEthernet革命であり、将来のIPネットワーク・アーキテクチャーに大きな影響を与える。さらにMobileFlowストラクチャーは、クラウドを通じたモバイル・ネットワーク・コントロール機能の統合展開を実現した。従来のプレーンモデルはサービス転送および処理だけしかできない。サウスバウンド・インターフェースを通じて、モバイル・コントローラーは分散転型送デバイスの粒度の細かい転送コントロールを行うことが可能となり、またコントロール機能をアプリケーション・レイヤーに解放することもできる。

ファーウェイは将来に向けた業界のネットワーク構造を促進する目標を掲げ、今後も同社のSDNおよびNFVベースのクラウド技術開発に専念していく。

▽ファーウェイ(Huawei)について

ファーウェイは通信を通じて生活を充実させるビジョンを掲げ、世界をリードする情報通信技術(ICT)ソリューション・プロバイダーである。ファーウェイは消費者中心のイノベーションとオープンなパートナーシップを通じて、エンドツーエンドのICTソリューションを構築し、通信会社および企業のネットワーク、デバイス、クラウドコンピューティングで顧客の競争上の優位性を確立した。ファーウェイは世界で15万人を雇用し、通信オペレーター、企業、消費者の最大価値を創出することにコミットする。当社の革新的なICTソリューション、製品、サービスは170以上の国・地域に展開され、世界人口の3分の1以上の人々にサービスを提供している。1987年に創設されたファーウェイは株式非上場企業で、同社の従業員が完全保有している。

詳細はファーウェイのウェブサイトwww.huawei.com を参照するか、以下でフォローを。

http://www.linkedin.com/company/Huawei

http://www.twitter.com/Huawei

http://www.facebook.com/Huawei

http://www.google.com/+Huawei

http://www.youtube.com/Huawei

ソース:Huawei Technologies Co., Ltd.

Huawei Facilitates Telecom Network Transformation in the Cloud Era

PR58277

DUSSELDORF, Germany, Oct. 17, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Huawei today showcased its software-defined networking (SDN) and network

functions virtualization (NFV) technologies at the SDN & OpenFlow World

Congress in Germany. At the event, Huawei discussed how industry partners can

best utilize these technologies to further the development of the telecom

industry, with specific focus on how its SoftCOM strategy will continue to help

address this industry trend.

    "Huawei's SoftCOM will unleash the full potential of SDN and NFV, building

an open and flexible network infrastructure for the ICT industry. We hope to

work with all industry participants to create a future-oriented open network

ecosystem in the cloud ICT era," said Ken Wang (Shengqing), President of Global

Marketing and Solutions, Huawei.

    As ICT technologies become increasingly cloud-based, telecom carriers are

faced with the pressure of increased development costs and sluggish revenue

growth. In this new era of ICT, carriers must now focus on evolving their

businesses to address these challenges and regain competency. Based on the

concepts of cloud computing, SDN, and NFV, Huawei developed the future-oriented

telecom network architecture strategy, SoftCOM, which aims to help reconstruct

the telecom industry from the perspectives of network architecture, network

functions, as well as service and Observation and Measurements (O&M) models.

The SoftCOM strategy enables telecom carriers to realize comprehensive network

evolution and business transformation, thus creating and seizing new value

opportunities through ICT integration. This approach will further help with

establishing and advancing an open, interconnected, and innovative ecosystem,

to increase and better leverage the aggraded industry value.

    Focusing on technological development driven by business requirements,

Huawei has experimented with numerous SDN and NFV innovations across all

network fields and launched corresponding solutions to help carriers implement

full-scale network and business transformation for the future. To date, Huawei

has worked with more than 20 leading carriers around the world including

Telefonica, China Mobile, China Unicom, and China Telecom, on over 60 joint

SDN- and NFV-related innovation projects. In 2014, Huawei and global carriers

executed several commercial SDN and NFV deployments, including the world's

first commercial SDN deployment in cooperation with China Telecom, the

SDN-based Wo cloud project in cooperation with China Unicom, the SDN-based

hybrid cloud project in cooperation with China Telecom, and an NFV-based vIMS

joint project in Europe.

    The SDN & OpenFlow World Congress saw Huawei reveal its new Flexible

Ethernet solution and an innovative network architecture MobileFlow, as well as

several prototype systems of its new technologies at the event. The Flexible

Ethernet solution has the flexibility to support various dynamic

software-configured combinations of different Ethernet sub-interfaces. It marks

different data connections and services that require different data traffic,

and match them to their correspondent sub-interfaces accordingly. The Flexible

Ethernet is an Ethernet revolution that will change the industry dominated by

the traditional fixed Ethernet forever, and would greatly impact the future IP

network architecture. In addition, the MobileFlow structure has realized

unified deployment of mobile network control functions through cloud, while the

previous plane model is only capable of service forwarding and processing.

Through the southbound interface, the mobile controller is now able to conduct

fine-grained forwarding control of the distributed forwarding devices, and also

open the control capability to their application layers.

    Huawei will continue to focus on the development of its SDN and NFV-based

cloud technology, with the aim of facilitating the industry's network

structural transformation for the future.

    About Huawei

    Huawei is a leading global information and communications technology (ICT)

solutions provider with the vision to enrich life through communication. Driven

by customer-centric innovation and open partnerships, Huawei has established an

end-to-end ICT solutions portfolio that gives our customers competitive

advantages in telecom and enterprise networks, devices and cloud computing.

Huawei's 150,000 employees worldwide are committed to creating maximum value

for telecom operators, enterprises and consumers. Our innovative ICT solutions,

products and services have been deployed in over 170 countries and regions,

serving more than one third of the world's population. Founded in 1987, Huawei

is a private company fully owned by its employees.

    For more information, please visit Huawei online: www.huawei.com or follow

us on:

    http://www.linkedin.com/company/Huawei  

    http://www.twitter.com/Huawei  

    http://www.facebook.com/Huawei  

    http://www.google.com/+Huawei  

    http://www.youtube.com/Huawei

    SOURCE: Huawei Technologies Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中