ドイツの公共交通企業がビッグデータ対処のためにIBM Software Defined Storageを導入

IBM

2014/10/22 10:05

ドイツの公共交通企業がビッグデータ対処のためにIBM Software Defined Storageを導入

AsiaNet 58316 (1161)

【アーモンク(米ニューヨーク州)2014年10月21日PRN=共同通信JBN】

*Stuttgarter StrassenbahnenがPower Systems、Flash、Software Defined Storageインフラストラクチャー・ソリューションを装備したIBM Cloudを使って、SAPパフォーマンスと顧客応答時間を向上させた

IBM(NYSE: IBM、http://www.ibm.com/investors )は21日、ドイツの大手公共輸送企業Stuttgarter Strassenbahnen AG(SSB)が業務アプリケーション・パフォーマンスと顧客応答時間を向上させるためにIBM Cloud、Software Defined Storage、Flashを採用したと発表した。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20090416/IBMLOGO

シュツットガルト市の主要公共輸送機関であるSSBは、ライトレールおよびバスの広域ネットワークを運行し、年間1億7100万人以上にサービスを提供している。シュツットガルト大都市圏は人口530万人に膨れ上がり、SSBのデータ量は年間10%増加している。その結果、同社データへのアクセスが遅延し、多数のSAPアプリケーションのパフォーマンスが不足し、サービス内容合意書を満たすとともに堅ろうなオンライン顧客サービスを維持する同社の能力が低下した。

SSBのシステム技術担当チームリーダーであるローラント・ワーグナー氏は「当社が抱えるデータ問題が業務に影響を与えている。当社のIT問題が1つのシステムやコンポーネントではなく、インフラストラクチャーに起因していることは明白だった。それは単に当社が経験し計画している量と拡大に調整されていないからだった」と語った。

そのため、SSBはインフラストラクチャーを全面的にオーバーホールするためにIBMを選択し、それには既存のIBM Power Systemの更新、IBM Software Defined Storage、Virtualization、Flashなどが含まれていた。

同社は増え続けるデータロードを一貫して管理し、可用性を向上させるためにIBM Power Systemを導入した。同社は人事および財務を含むSAP ERPアプリケーションを実行させるために、PowerVMが稼働するIBM Power Systemサーバーにプライベートクラウドも構築した。

SSBはアプリケーション・パフォーマンス全体で大幅な向上を確認した。例えば、同社の人事部は6時間かかった給与処理を6分に短縮することができるようになった。

IBM Systems & Technology GroupのStorage and Software Defined Systemsゼネラルマネジャーであるヤミー・トマス氏は「SSBのように、戦略ITインフラストラクチャーが業績にプラスの効果をもたらすことを実感する組織が増えている」と指摘した。

SSBのアプリケーションおよびその一連のオンラインサービスのデータレスポンス時間を早めるため、SSBはIBM FlashSystem 840を採用し、それをSSBの既存IBM SAN Volume Controllerストレージ仮想化ソフトウエアと一体化させた。Software Defined Flashとして知られるこの統合ソリューションによって、SSBは管理諸経費を最小限に抑えたうえで、安定したシステム稼働率と社内およびオンライン事業の変動に対処できる能力を達成した。

SSBのワーグナー氏は「当社の顧客は24時間休みなしの高い可用性と極めて迅速な応答時間を期待している。FlashSystemは極めて柔軟であり、パフォーマンス要件の変更にも迅速に対応でき、必要ならばシステムを大幅に加速することができる」と語った。

▽Stuttgarter Strassenbahnen AGについて

Stuttgarter Strassenbahnen AG(SSB)はバーデンビュルテンベルク州の州都シュツットガルト市最大の輸送企業であり、2900人以上を雇用している。ウェブサイトはhttp://www.ssb-ag.de/

▽問い合わせ先

Mike Zimmerman

IBM Media Relations

+1-914-766-4935

mrzimmerman@us.ibm.com

Hans-Jurgen Rehm

IBM Deutschland GmbH

Unternehmenskommunikation IBM Deutschland

Tel: +49 7034 151887

Mobile: +49 171 5566940

hansrehm@de.ibm.com

ソース: IBM

IBM、IBM logo、ibm.com、IBM FlashSystem、IBM Power System、IBM PowerVMはInternational Business Machines Corporationの商標であり、世界多数の国で登録されている。その他の製品およびサービスはIBMないしはその他企業の商標の可能性がある。IBMの商標に関する最新の一覧はウェブサイトwww.ibm.com/legal/copytrade.shtml を参照。

German Public Transportation Co. Adopts IBM Software Defined Storage to Tackle Big Data

PR58316

ARMONK, New York, Oct. 21, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

-- Stuttgarter Strassenbahnen improves SAP performance and customer response

times with IBM Cloud powered by Power Systems, Flash and Software Defined

Storage infrastructure solution

IBM (NYSE: IBM (http://www.ibm.com/investors )) today announced that

Stuttgarter Strassenbahnen AG (SSB), a leading German public transportation

company has turned to IBM Cloud, Software Defined Storage and Flash to improve

business application performance and customer response times.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20090416/IBMLOGO

SSB, the principal public transportation organization in the City of Stuttgart,

operates a broad network of light rail and buses that serves more than 171

million passengers a year. The greater metropolitan area of the city has grown

to 5.3 million, causing SSB's data volumes to grow at 10 percent annually. As a

result, access to corporate data slowed, the performance of its extensive SAP

applications waned and the company's ability to meet service level agreements

and maintain its robust online customer services degraded.

"Our data challenges were affecting our business," said Roland Wagner, Team

leader for System Technology at SSB. "It was clear our IT issues were not

relegated to a single system or component, but the infrastructure. It was

simply not tuned for the volumes and expansion we were experiencing and

projecting."

That's when SSB turned to IBM for a top-to-bottom infrastructure overhaul that

included the renewal of the preexisting IBM Power Systems, and adoption of IBM

Software Defined Storage, Virtualization and Flash.

The company deployed IBM Power Systems to help consistently manage the

ever-growing data loads and increase availability. It also established private

clouds on IBM Power Systems servers running PowerVM to run its SAP ERP

applications, including Human Resources and Financials.

SSB saw significant improvements in overall application performance. For

example, its Human Resources department was able to reduce wage-processing from

six hours to six minutes.

"Increasingly, organizations like SSB are realizing the positive impact that a

strategic IT infrastructure can make on business results," said Jamie Thomas,

General Manager, Storage and Software Defined Systems, IBM Systems & Technology

Group.

To speed data response times for both its SAP applications and its array of

online services, SSB adopted the IBM FlashSystem 840 and integrated it with

SSB's existing IBM SAN Volume Controller storage virtualization software. With

the integrated solution, known as Software Defined Flash, SSB achieved

consistent uptime and the ability to weather peaks and valleys in internal and

online business - all while keeping management overhead to a minimum.

"Our customers expect high availability around the clock and extremely quick

response times," said SSB's Wagner. "FlashSystem is so flexible that we can

promptly respond to changing performance requirements and, when needed,

dynamically accelerate the systems."

About Stuttgarter Strassenbahnen AG

Stuttgarter Strassenbahnen AG (SSB) is the largest transport company in the

capital city of Baden-Wurttemberg with more than 2,900 employees.

http://www.ssb-ag.de/

Contacts:

Mike Zimmerman

IBM Media Relations

+1-914-766-4935

mrzimmerman@us.ibm.com

Hans-Jurgen Rehm

IBM Deutschland GmbH

Unternehmenskommunikation IBM Deutschland

Tel: +49 7034 151887

Mobile: +49 171 5566940

hansrehm@de.ibm.com   

SOURCE: IBM

IBM, the IBM logo, ibm.com, IBM FlashSystem, IBM Power System, and IBM PowerVM

are trademarks of International Business Machines Corporation, registered in

many jurisdictions worldwide. Other product and service names might be

trademarks of IBM or other companies. For a current list of IBM trademarks,

please see www.ibm.com/legal/copytrade.shtml.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中