白色ソーラーモジュール:建物との一体化革命

CSEM

2014/10/29 10:42

AsiaNet 58407

白色ソーラーモジュール:建物との一体化革命

ヌーシャテル(スイス)、2014年10月28日/PRニュースワイヤー/--

CSEMは史上初の白色ソーラーモジュールを発表しました。この革新的太陽光発電(PV)技術は、PV素子が建物外皮に溶け込むことができ、事実上隠されたエネルギー源となる建築産業にとって特に魅力的です。消費財セクターにおける応用もまた期待されます。

マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、http://www.multivu.com/players/English/72762576-csem-white-solar-modules-revolution/ をクリックしてください。

現在市場では、建物に溶け込むように設計されたPV製品が不足しています。ほとんどのPVモジュールは、太陽光吸収を最大にするよう設置されており、濃い藍色をしています。セルと結合部がもたらすその外見は、視覚的に非審美的で、建築環境ではPVの受け入れが困難になっています。

数十年間、建築家はPV素子の色をカスタマイズして建物外皮に溶け込ませるための新しいソリューションを要求しています。白色は、その上品さ・多様性・新鮮な表情のために幅広く使用されており、特に関心を集めています。このような需要にも関わらず、本物の白色ソーラーモジュールを今まで誰も実現できませんでした。光の大半が反射するため、それは不可能だというのが自然な認識だったためです。

CSEMは、目に見えるセルや結合部のないソーラーモジュールを現実にする新しい技術を開発しました。この技術は、太陽の赤外線を電気に変える太陽電池技術と、赤外線を透過しながら目に見えるスペクトル全てを錯乱する分離度が良い錯乱フィルターを組み合わせています。結晶シリコンをベースとしたあらゆるPV技術は、白色および色のついたソーラーモジュールの生産に使用することができます。

この技術は、既存モジュールのトップに応用され、あるいは、平面や曲面上で組み立て中に新しいモジュールに組み込むことができます。つまり、建物一体型太陽光発電(BIPV)での主な応用は別として、消耗電子機器(ラップトップ)、自動車産業のような他の分野がそれを進んで取り入れています。

詳細情報の問い合わせ先:Florence Amez-Droz, +41-32-720-52-03, media@csem.ch

情報源:CSEM

(日本語リリース:クライアント提供)

White Solar Modules: A Revolution for Building Integration

PR58407

NEUCHATEL, Switzerland, Oct. 28/PRN=KYODO JBN/ --

    

    CSEM announces the world's first white solar modules. This innovative

technology is particularly attractive to the building industry where solar

elements can blend into a building's skin and become virtually hidden energy

sources. Applications in the consumer goods sector are also expected.

    To view the Multimedia News Release, please click:

    

http://www.multivu.com/players/English/72762576-csem-white-solar-modules-revolution

    Currently, the market lacks photovoltaic (PV) products specifically

designed to be integrated into buildings. Most PV modules, built to maximize

sunlight absorption, appear blue-black. This appearance, caused by the presence

of cells and connections, is visually unaesthetic and this complicates the

acceptance of PV by built-environment professionals.

    For decades architects have been asking for a way to customize the color of

solar elements to make them blend into a building's skin. White is a

particularly interesting color as it is widely used for its elegance,

versatility, and fresh look. Despite of this demand, no one was ever able to

realize a truly white solar module; naturally believing that it was impossible

as most of the light is reflected, contrary to the requirements of all solar

panels.

    CSEM has developed a new technology to make white solar modules, with no

visible cells and connections, a reality. It combines a solar cell technology

able to convert infrared solar light into electricity and a selective

scattering filter, which scatters the whole visible spectrum while transmitting

infrared light. Any solar technology based on crystalline silicon can now be

used to manufacture white- and colored-modules.

    The technology can be applied on top of an existing module or integrated

into a new module during assembly, on flat or curved surfaces. Besides its main

application in BIPV, other fields such as consumer electronics (laptops), and

the car industry are expected to show significant interest.

    For further information: Florence Amez-Droz, +41-32-720-52-03, media@csem.ch

    SOURCE: CSEM

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中