ポール・アレン氏がエボラ出血熱で親を失った孤児救援にも寄付

Paul G. Allen

2014/11/14 16:58

ポール・アレン氏がエボラ出血熱で親を失った孤児救援にも寄付

AsiaNet 58647 (1280)

【シアトル2014年11月14日PRN=共同通信JBN】

*子供を救う最大の個人的寄付がリベリアの孤児に緊急ケアを提供。この寄付はエボラ危機と闘う1億ドル基金の一部

慈善運動家のポール・G・アレン(Paul G. Allen)氏は14日、リベリアにおけるエボラ危機の最も悲劇的な結果の1つであるウイルスのために孤児となった子供のケアに対処するために数百万ドルを寄付すると発表した。ユニセフ(国連児童基金)によるとことしこれまでに、ギニア、リベリア、シエラレオネで少なくとも3700人の子供がエボラで両親のどちらかを失っている。これらの孤児が直面している困難は若い命に数十年にわたって影響を及ぼす。

アレン氏はリベリアの子供に保健ケア、快適さ、教育を提供する「セーブ・ザ・チルドレン」の努力をサポートするために660万ドルの寄付を約束している。この基金はエボラ・ウイルスのこれ以上の拡大防止を目指す共同体認識計画も対象とする。この寄付はエボラ危機と取り組む計画に少なくとも1億ドルの資金を提供するというポール・アレン氏の約束の一部で、エボラ出血熱対応のためにこれまでにセーブ・ザ・チルドレンが受けた最大の個人的寄付である。

西アフリカにおけるセーブ・ザ・チルドレンの活動のビデオ、写真を見るには http://www.tackleebola.com/toolkit-save-the-children.html へ。

両親が治療のために入院しているので、大勢の子供は家族の喪失や離別を経験している。子供の多くは自宅に閉じこもっているが、ウイルスから生き延びながら所持品もシェルターもないまま放置されている子供もいる。エボラ危機の若い犠牲者は最後には独りぼっちになり、感染を恐れ続けている共同体から排斥されることが多い。

セーブ・ザ・チルドレンには西アフリカで20年以上にわたる強力な計画実績がある。リベリアのエボラ出血熱発生に対応して直ちに動員を開始、子供や大人に手を差し伸べた。アレン氏の寄付はリベリアで次のような行動を前進させる。

*エボラ熱に感染して発病の恐れがある子供の保護:アレン氏のサポートはエボラ患者と接触した子供を虐待、搾取、暴力、無視から保護する助けとなる。心理学的、心理社会学的治療が提供され、家族追跡・再会サービスが孤児に提供される。また、子供の福利を保証するためにプレースメントのフォローアップも提供される。

*緊急教育計画の実行:ユニセフによると、リベリアのエボラ関連学校閉鎖によって100万人近い学齢期の児童が構造的な学習計画のない状態に置かれている。セーブ・ザ・チルドレンは緊急教育計画を開始し、実績ある識字、算数教育パッケージを適応させて共同体の児童学習を助ける。これらの計画は学校再開後も続き、より長期的な影響を確保する。さらに、ラジオによる教育計画で休校中も児童が学習できるようにする。在宅学習計画はウイルスの感染拡大を予防するための心理学的サポート、衛生上のメッセージを提供する。

*「エボラ共同体ケアセンター」(Ebola Community Care Centers)のサポート:セーブ・ザ・チルドレンはエボラ共同体ケアセンターを建設、運営して「共同体に密接した」ケアを提供する。同組織は感染した共同体の既存スペースをエボラ感染の疑いがある人、疑いの濃い人、確認された人を隔離、観察し、サービスを提供するために使う施設に変える。センターは設備、補給品の形態で必要な助力を提供することによってエボラ治療班の負担を減らし、追加的なセンターを建設、管理、運営することが期待されている。最初のセンターは今週リベリアに開設され、次の2カ月で計10カ所のセンターが開設される。

*共同体の認識活動増大:エボラの拡大を止めるには効果的なコミュニケーションが必要不可欠である。アレン氏の寄付はリベリア全土で共同体の認識、敏感化活動を増大させる資金となる。これはエボラ治療班、エボラ・ケアセンター近くの人々のメディア関与を必然的に伴う。さらに、セーブ・ザ・チルドレンはリベリア保健省、教育省と協力してエボラ予防資料が閉鎖されていない学校で利用できるようにする。

世界保健機関(WHO)によると、リベリアは現在のエボラ出血熱の流行で最大の被害を受けている国である。WHOは2014年11月5日現在、6525人のリベリア人が感染を確認されたか、疑いが濃いか、疑いがあると診断され、2697人がこのウイルスのために死亡したと報告している。

▽サポート発言

「エボラ熱の長期的影響は、われわれが正しい措置をとらなければ猛烈に大きなものになるだろう。西アフリカの人々に永続的サポートを提供する常設インフラを構築するソリューションに集中しなければならない。子供はこの国の人々の中で最も傷つきやすく、セーブ・ザ・チルドレンの仕事は、危機の若い犠牲者に重要なケアと健康的な将来を保証するために不可欠な教育を提供することである」(アレン氏)

「リベリアへの最近の旅行中、死をもたらすエボラ・ウイルスが子供、家族、共同体に及ぼす影響を直接目にした。孤児の数が毎日増えていることは特に切実である。アレン氏から受けるサポートによって、セーブ・ザ・チルドレンは患者が緊急に必要としている直接的なケアをより多くの患者に与え、多くの家族が経験している悲劇的な喪失の予防を助けることができる」(セーブ・ザ・チルドレンのキャロリン・マイルズ会長兼CEO)

▽アレン氏のこれまでの寄付

流行発生の初期からアレン氏とPaul G. Allen Family Foundationは被害を受けた人の最大のニーズに対処する戦略的ソリューションの発見、資金調達、調整に集中してきた。また、アレン氏はTackleEbola.comを創設して個人が特定の組織に寄付し、不可欠なニーズに資金を提供する簡単な方法を提供した。

詳しい情報とアレン氏の完全な寄付リストはwww.tackleebola.com 、またはTwitter(@TackleEbola)、Facebook(@PaulGAllen)へ。

▽プレス問い合わせ先

Alexa Rudin

Vulcan Inc.

+1-206-342-2230

alexar@vulcan.com

Dana Lengkeek

Burson-Marsteller

+1-415-994-4008

dana.lengkeek@bm.com

Wendy Christian

Save the Children

+1-203-465-8010

wchristian@savechildren.org

Phil Carroll

Save the Children

+1-267-992-6356

pcarroll@savechildren.org

ソース:Paul G. Allen

Paul G. Allen Extends Tackle Ebola Effort to Address Plight of Children Orphaned by Ebola

PR58647

SEATTLE, Nov. 14, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

       -- Largest Private Grant to Save the Children Will Provide Urgent

   Care for Orphans in Liberia; Gift Is Part of $100 Million Commitment to

                             Fight Ebola Crisis

   Philanthropist Paul G. Allen today announced a multi-million dollar grant

aimed at addressing one of the most tragic outcomes of the Ebola crisis in

Liberia: the care of children orphaned by the virus. According to UNICEF, at

least 3,700 children in Guinea, Liberia and Sierra Leone have lost one of their

parents to Ebola so far this year. The challenges facing these orphans will

impact their young lives for decades.

    Mr. Allen is committing $6.6 million to support Save the Children's efforts

to provide health care, comfort and education to Liberia's children. The

funding also covers community awareness programs aimed at preventing further

spread of the virus. The grant is part of Paul G. Allen's commitment to funding

at least $100 million in programs to tackle the Ebola crisis. Mr. Allen's grant

is the largest private donation Save the Children has received for its Ebola

response to date.

    To view video and photos from Save the Children's work in West Africa

please visit: http://www.tackleebola.com/toolkit-save-the-children.html.

    Children are experiencing family member losses and separation at an

alarming rate as their parents are admitted for treatment. Many are confined to

their homes; yet others, while having survived the virus, are left without

possessions or shelter. These young victims of the Ebola crisis often end up

alone and ostracized by their communities who remain fearful of infection.

    Save the Children has had a strong program presence in West Africa for more

than 20 years. They quickly began mobilizing a response to the Ebola outbreak

in Liberia to reach children and adults. Mr. Allen's grant will advance the

following actions in Liberia:

    -- The protection of vulnerable children affected by Ebola: Mr. Allen's

       support will help protect Ebola impacted children from abuse,

       exploitation, violence and neglect. Psychological and psychosocial

       treatment will be offered, and family tracing and reunification

       services will be provided for those orphaned. There will also be follow

       up on the placement of children to ensure their well-being.

    -- The implementation of emergency education programs: According to

       UNICEF, Ebola-related school closures in Liberia have left nearly one

       million school-aged children without a structured learning program.

       Save the Children will initiate emergency education programs and adapt

       their proven literacy and numeracy education packages to help

       communities support children's learning. These programs will continue

       after schools reopen, ensuring a longer-lasting impact.

       In addition, radio-based education programming will enable students to

       learn while schools remain closed. Home-learning programming will

       provide psychological support and hygiene messaging to prevent the

       spread of the virus.

    -- Support Ebola Community Care Centers: Save the Children is constructing

       and operating Ebola Community Care Centers to provide "close to the

       community" care. They will convert existing spaces in affected

       communities to facilities to be used to isolate and observe and provide

       services for suspected, probable and confirmed Ebola cases. The centers

       are expected to reduce the burden on Ebola treatment units by providing

       essential help in the form of equipment and supplies, and to construct,

       manage and operate additional centers. The first center will open this

       week in Liberia with a total of ten opening in the next two months.

    -- Increased community awareness activities: Effective communication is

       crucial to stopping the spread of Ebola. Mr. Allen's donation will fund

       an increase in community awareness and sensitization activities across

       Liberia. This will entail media engagement for people near Ebola

       Treatment Units and Ebola Care Centers. Additionally, Save the Children

       is working with the Ministry of Health and the Ministry of Education in

       Liberia to ensure Ebola prevention materials are available in the

       schools that remain open.

    According to the World Health Organization (WHO), Liberia has been the

country most affected by the current Ebola outbreak. WHO reports that as of

November 5, 2014, Liberia has recorded 6,525 confirmed, probable, or suspected

Ebola cases and 2,697 deaths from the virus.

    Supporting Quotes:

    "The long term impact of Ebola will be severe unless we take the right

steps," said Mr. Allen. "We must focus on solutions that will build permanent

infrastructure to provide lasting support for the people of West Africa.

Children are the most vulnerable of this population and the work Save the

Children is doing will provide critical care and education essential to

ensuring a healthy future for these young victims of the crisis."

    "During my recent trip to Liberia, I saw firsthand the impact the deadly

Ebola virus is having on children, families and communities," said Carolyn

Miles, president & CEO of Save the Children. "The daily increase in the number

of orphans is particularly alarming. The support we receive from Mr. Allen will

enable Save the Children to give more patients the immediate care they so

desperately need, and can help to prevent the tragic loss so many families are

experiencing."

    Mr. Allen's Contributions to Date:

    From the early days of the outbreak, Mr. Allen and the Paul G. Allen Family

Foundation have focused on finding, funding and coordinating strategic

solutions that address the most critical needs of those affected. Mr. Allen has

also created TackleEbola.com to provide an easy way for individuals to

contribute to specific organizations and fund critical response needs.

    For more information and a complete list of Mr. Allen's contributions,

visit www.tackleebola.com and follow @TackleEbola and @PaulGAllen on Twitter or

Facebook.

    Press Contacts:

    Alexa Rudin

    Vulcan Inc.

    +1-206-342-2230

    alexar@vulcan.com

    Dana Lengkeek

    Burson-Marsteller

    +1-415-994-4008

    dana.lengkeek@bm.com

    Wendy Christian

    Save the Children

    +1-203-465-8010

    wchristian@savechildren.org

    Phil Carroll

    Save the Children

    +1-267-992-6356

    pcarroll@savechildren.org

    SOURCE: Paul G. Allen

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中