国際神経精神薬理学会(CINP)、新薬不足という深刻な事態を改善するために、各国政府に呼びかける

国際神経精神薬理学会(CINP)

2014/12/2 10:55

AsiaNet 58817

国際神経精神薬理学会(CINP)、世界人口10%の精神神経疾患の治療における新薬不足という深刻な事態を改善するために、各国政府に呼びかける

East Kilbride, Scotland, UK、2014年12月1日/PRニュースワイヤー/ --

国際神経精神薬理学会(International College of Neuropsychopharmacology、CINP)は、本日、精神神経疾患のための新薬不足に対し、各国政府の対処方法について、Nature Review Drug Discoveryで、論文を発表しました。

脳とこころの病気である精神神経疾患は21世紀の最大の健康問題にもかかわらず認識は不十分です[i]。現在、少なくとも世界人口の10%が精神神経疾患を抱え、2010年[ii]時点で、その人数は7億人に達しました。2010年の精神神経疾患に関する世界的経済コストの推定額は約2.5兆ドル(約290兆円)であり、2030年は6兆ドル(約702兆円)になると推定されています[iii]。

イノベーション・ファンド・デンマーク所属で、本論文の筆頭著者であるピーター・アンデルセン博士は「3分の1の人々が精神神経疾患に罹患しますが、大半の人々はこの病気の蔓延と、その社会への負担を認識していません。この分野に関する研究の明らかな重要性にも関わらず、メンタルヘルスは、投資の観点でますます軽視され、精神神経疾患に対する新薬パイプライン(研究開発から承認・発売に至るまでの開発品)の不足という結果を招いている。」と述べています。

CINPの前理事長であるアンソニー・フィリップス博士は「身体疾患に関する治療標的の研究が活発に行われていますが、精神神経疾患はその原因である脳の複雑性のために未解決の問題が多く、脳科学研究をさらに推進していく必要があります。現在市販されている多くの向精神薬は根本的治療には程遠く、効果と忍容性の低さ(副作用)の問題を克服する新たな標的に基づく化合物を開発する必要があります。CINPは、向精神薬の開発を加速するために、投資家、研究者、規制当局、保険料支払者による新たな新パートナーシップを構築するために、アクションプランを実行する」と述べています。

CINPは、新薬パイプラインの不足に対処するため、世界の精神医学、脳科学研究のリーダーらによるサミットを開催しました。本サミットの結果は、CINP白書、「Innovative partnerships to accelerate CNS drug discovery for improved patient care(患者治療の改善に向けた中枢神経系薬物の発見を加速する革新的なパートナーシップ)」として出版され、精神神経疾患の治療の改善を目的として、多くのまだ満たされていないアンメットニーズに対処するため、EU、北米、日本、その他の国々の政府に対し提案を行います。

CINP白書は、精神神経疾患で苦しむ人々の生活の質を向上し、かつ医療費の削減するために、企業や研究者らが最先端の脳科学研究を駆使して革新的な創薬が可能となるよう、10項目からなるアクションプランを開始します。

編集者への注釈

CINP白書について

CINP白書、「Innovative partnerships to accelerate CNS drug discovery for improved patient care(患者治療の改善に向けた中枢神経系薬物の発見を加速する革新的なパートナーシップ)」は、2013年11月、ドイツ、ミュンヘンで行われたCINPサミットでの向精神薬の開発を加速するための議論を基に作成されました。

CINP白書の筆頭著者は、イノベーション・ファンド・デンマークのピーター・アンデルセン博士、CINPの前プレジデント、アンソニー・フィリップス教授です。本白書の共同執筆者は、米国食品医薬品局(FDA)のリチャード・モスキツキ博士、英国ケンブリッジ大学のバーバラ・サハキアン教授、カナダ・ケベック研究基金のレミ・クィリオン教授、米国デューク・シンガポール国立大学医科大学院のランガ・クリシュナン博士、英国ドイツ銀行のティム・レース博士です。

CINP白書の完全版は、http://cinpwhitepaper.cinp.org/ で入手可能となっています。

CINPについて

CINP (Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum、国際神経精神薬理学会)は最も歴史と権威のある世界的な精神薬理学の学術団体です。本学会のミッションは、神経精神薬理学の国際的な科学研究、教育、社会貢献の促進です。本学会は、精神医学、生化学、薬理学、安全性、治療効果など、向精神薬開発のあらゆる側面に関してアドバイスとコンサルテーションを提供します。これらの活動を通して、研究活動を改善、発展させることに貢献し、患者の治療改善に展開していきます。詳細は、CINPウェブサイトから入手可能です: http://cinp.org/home/

i. Race T、Parkes R、Clark M。Psychiatric disorders: The 21st century health challenge。 ドイツ銀行市場調査。ドイツ銀行、ロンドン2013

ii. Patel V & Saxena S。Transforming lives, enhancing communities - innovations in global mental health。 N Engl J Med。2014; DOI: 10.1056/NEJMp1315214

iii. Bloom DE, et al The global economic burden of non-communicable diseases。2011。ジュネーブ:世界経済フォーラム

情報源: 国際神経精神薬理学会(CINP)

(日本語リリース:クライアント提供)

International College of Neuropsychopharmacology (CINP) Calls on Governments to Reverse 'Disturbing' Trend of Lack of New Drugs for the 10% of the Glo

PR58817

International College of Neuropsychopharmacology (CINP) Calls on Governments to Reverse 'Disturbing' Trend of Lack of New Drugs for the 10% of the Global Population Affected by Brain Diseases

EAST KILBRIDE, Scotland, Dec. 1 /PRN=KYODO JBN/ --

    The International College of Neuropsychopharmacology (CINP) has today

published a paper in Nature Reviews Drug Discovery on how global governments

must act to address the dearth of new drugs for central nervous system (CNS)

diseases.

    CNS diseases, and in particular, mental health disorders, are the

unrecognised health challenge of the 21st century[i]. Currently, at least 10%

of the global population is affected by a mental health disorder, with up to

700 million people living with a mental health disorder in 2010[ii]. The

estimated global economic cost of mental health disorders for 2010 was

approximately $2.5 trillion, with a projected cost for 2030 of $6 trillion[iii].

    Dr Peter Andersen, Innovation Fund Denmark and joint lead author of the

paper said "A third of people will develop a brain disorder, however, the

majority of people are unaware of the prevalence of brain disease and its

burden on society. Despite the clear importance of research into this area,

mental health has been increasingly ignored from an investment perspective with

the result that there is a lack of novel drugs in the pipeline for brain

diseases".

    Professor Anthony Phillips, Past President of CINP and joint lead author of

the paper said "Despite the assumption that therapeutic targets in brain

disease have been fully investigated, this is not the case and there is still

much to do in researching the basic biology of the brain. It is accepted that

many current drugs have serious flaws, providing significant opportunity to

develop compounds based on new targets that address the issues of low efficacy

and poor tolerability. For this reason, CINP has set out an action plan to

facilitate greater collaboration between investors, researchers, regulators and

payors in order to develop new partnerships to accelerate CNS drug discovery".

    CINP convened a Summit of leaders in the field of CNS diseases to address

the lack of new drugs in the pipeline. The result of the Summit was the CINP

White Paper 'Innovative partnerships to accelerate CNS drug discovery for

improved patient care' which makes recommendations to governments in the EU,

North America, Japan and other countries to address the huge unmet need for

improved treatment of brain diseases.

    The CINP White Paper sets out a 10 point action plan to enable companies

and researchers to exploit advances in science to develop innovative medicines,

which both improve the quality of life for those affected by brain disease and

reduce the burden to healthcare systems.

    Notes to Editors

    About the CINP White Paper

    The CINP White Paper 'Innovative partnerships to accelerate CNS drug

discovery for improved patient care' was developed following the CINP Summit

held in November 2013 in Munich, Germany which discussed ways to accelerate CNS

drug discovery.

    The lead authors of the CINP White Paper were: Dr Peter Andersen,

Innovation Fund Denmark, and Professor Anthony Phillips, Past President of the

CINP. The topic authors of the White Paper were: Dr Richard Moscicki, FDA, USA;

Professor Barbara Sahakian, Cambridge University, UK; Professor Remi Quirion,

Fonds de Recherche du Quebec, Canada; Dr Ranga Krishnan, Duke NUS, USA; and Dr

Tim Race, Deutsche Bank, UK.

    The full CINP White Paper is available at: http://cinpwhitepaper.cinp.org/

    About CINP

    CINP (Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum) is the world's

global psychopharmacology organisation. It is a membership organisation with

widespread support from all over the world. Its mission is to encourage and

promote international scientific study, teaching and the application of

neuropsychopharmacology. It provides advice and consultation for the evaluation

of all aspects of neuropsychiatric drugs, including biochemistry, pharmacology,

safety and therapeutic efficacy. Through these activities it seeks to improve

and advance research activities thus leading to improved patient care. More

information is available from the CINP website: http://cinp.org/home/

    i. Race T, Parkes R, Clark M. Psychiatric disorders: The 21st century

health challenge. Deutsche Bank Markets Research. Deutsche Bank A/G London 2013

    ii. Patel V & Saxena S. Transforming lives, enhancing communities -

innovations in global mental health. N Engl J Med. 2014; DOI:

10.1056/NEJMp1315214

    iii. Bloom DE, et al. The global economic burden of non-communicable

diseases. 2011. Geneva: World Economic Forum

    SOURCE: The International College of Neuropsychopharmacology (CINP)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中