2015年C&Dアモイ国際マラソンの男女優勝者が新記録樹立

Xiamen International Marathon Organizing Committe Market Development

2015/1/6 16:57

2015年C&Dアモイ国際マラソンの男女優勝者が新記録樹立

AsiaNet 59090(0030)

【アモイ(中国)2015年1月5日PRN=共同通信JBN】2015年C&Dアモイ国際マラソンは2015年1月3日午前8時にスタートした。ケニアのモーゼス・モソップ選手が最終区間の5キロでスピードを上げ、2時間6分19秒の時計で男子優勝し、中国での過去のマラソン記録を塗り替えた。2位はエチオピアのティラフン・レガッサ選手、3位は同国のアブラ・ミラウ選手で、走破タイムはそれぞれ2時間6分54秒、2時間8分9秒だった。女子では、エチオピアのマレ・ディババ・フルサ選手(25歳)が2時間19分52秒で走り、昨年、自ら樹立した記録を1分40秒短縮して再度チャンピオンに輝いた。エチオピアのメセレット・レガッセ選手が2時間27分38秒で2位に入り、続いて2時間27分53秒でケニアのミリアム・ワンガリ選手が3位だった。男子の優勝賞金は8万米ドル、女子の優勝賞金は6万米ドルだった。

アモイ国際マラソンは2003年の初開催以来毎年開かれて今年で13回を数え、53カ国・地域から4万3064人が参加、フルマラソンには2万3675人、残りの1万9389人がハーフマラソン参加だった。1月2日には主催者グループがマラソン・ファミリー班による「全中国ランナー集会」を開催した。このイベントでの自由発言方式によってランナーたちは参会者たちからの質問を取り上げながら、自分たちの発言や助言を交換し合った。同イベントは全国各地から集まった38のランナー団体の代表が参加した人々とコミュニケートして、健康上の利点とともに、走ることを通じて体験した快適感覚について伝えられる場を提供した。スペイン国家チームのヘッドコーチを務めているマラソン専門家のリンダ・ガルシア・ルイス・ミゲル氏や南極地区100キロ・ノンストップ・ウルトラマラソンの勝者で、7大州全部でウルトラマラソンを戦った体験を持つ陳盆濱氏、さらにアモイ国際マラソン大会主催者集団マラソン・ファミリー班長の張思傑氏も同イベントに加わって、自分たちのマラソンに関する知識や自分がどうしてマラソンに参加するようになったかの精神的遍歴の物語を共有した。

ソース:Xiamen International Marathon Organizing Committee Market Development


Both Male and Female Champions of 2015 C&D Xiamen International Marathon Break Records

PR59090

XIAMEN, China, Jan. 5, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

The 2015 C&D Xiamen International Marathon kicked off at 8:00AM on January 3,
2015. Moses Mosop from Kenya picked up speed during the last five kilometers to
clock in at 2 hours, 6 minutes and 19 seconds and win the men's title, beating
the previous male marathon record in China, also set in Xiamen, by 1 minute and
13 seconds. The runner-up and the second runner-up were Ethiopia's Tilahun
Regassa and Abrha Milaw, who clocked in at 2 hours, 6 minutes and 54 seconds
and 2 hours, 8 minutes and 9 seconds, respectively. As for the female runners,
25-year-old Mare Dibaba Hurssa from Ethiopia again claimed the championship by
clocking in at 2 hours, 19 minutes and 52 seconds, 1 minute and 40 seconds
better than the female marathon record she set last year. Meseret Legesse from
Ethiopia finished second at 2 hours, 27 minutes and 38 seconds, followed by
Mirriam Wangari from Kenya at 2 hours, 27 minutes and 53 seconds. The male
champion collected $US80,000 while the female champion took home US$60,000.

The Xiamen International Marathon, in its 13th consecutive year since hosting
the first race in 2003, saw 43,064 runners from 53 countries and regions
registering, of which, 23,675 ran the full marathon, while the remaining 19,389
ran the half marathon.On January 2, the hosting team held the Marathon family
"China national runners meeting". The free form discussion style of the event
gave runners the opportunity to share their comments and suggestions as they
took questions from the audience. The event provided a platform where
representatives from 38 running groups from across the country were able to
communicate to the audience the health benefits as well as the sense of joy
that they experienced as a result of running. Marathon expert Linda Garcia Luis
Miguel, head coach of the Spanish squad, Chen Penbin, gold medal winner of the
100 kilometers nonstop ultra-marathon in Antarctica and the first runner to
compete in ultra-marathons on all seven continents as well as Zhang Sijie, head
of the marathon family for Xiamen International Marathon hosting team attended
the event where they shared their marathon sports knowledge and the story of
their spiritual journey that led them to their participation in the marathon.

SOURCE:  Xiamen International Marathon Organizing Committe Market Development


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中