エアチャイナが2月10日から週4便の成都・コロンボ航空路開設

中国国際航空(エアチャイナ)

2015/1/14 14:55

エアチャイナが2月10日から週4便の成都・コロンボ航空路開設

AsiaNet 59184(0066)

【北京2015年1月13日PRN=共同通信JBN】
*魔法の国への飛行

中国国際航空(エアチャイナ)は2015年2月10日に成都からスリランカの首都コロンボへのノンストップ航空サービスを開始し、旅行者は熱帯地域の魔法にあふれロマンティックな国に容易にアクセスできるようになる。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

エアチャイナはエアバス330を使って成都-コロンボ間サービスCA425/6を運航する。週4回のフライトは火曜日、木曜日、土曜日、日曜日に提供される。出国便は北京時間18時30分に成都を離陸し、スリランカ時間21時50分にコロンボに着く。到着便は現地時間23時10分にコロンボを出発し、翌日6時40分に成都に着く。この新しいノンストップ航路は、同航空がカトマンズ(ネパール)、ムンバイ(インド)、バンガロール(インド)への航路を開設した後、東南アジアへの4番目のそれとなる。それは北京、上海、香港、バンコク、シンガポールなどの都市にフライト接続するのが難しい中国南西部からスリランカ間を旅行する乗客には救いとなり、旅行時間も10時間から5時間半までに短縮する。

エアチャイナはこの航路で数多くのサービスを提供する。成都からコロンボに飛ぶファーストクラスとビジネスクラスの乗客は、空港と成都市街地間の運転手付きの無料送迎車を利用する資格がある。24時間内に成都にフライト接続する旅客は、無料のホテル滞在とホテルと空港間の無料送迎を利用することができる。成都でフライト接続する国際便部門に搭乗するファーストクラスとビジネスクラスの旅客は、5つ星のホテルに無料で滞在することできる。

中国とスリランカは、何世紀にもわたって友好的な隣国である。この数年は両国間の関係は非常に速く進展している。中国は現在、スリランカにとって第3位の貿易パートナーであり、ますます多くの中国人観光客がスリランカを訪問している。2013年の統計によると、中国は東アジアではスリランカ最大の観光客資源となっている。四川省とスリランカの間の友好的交流と協力は速いペースで進んでいる。スリランカは現在、成都に領事館を開設済みで、経済、貿易、投資、教育、観光などの分野の成都とスリランカの協力関係は、ますます緊密になっている。新航路は両地域間の交流にますます貢献することになる。

スリランカは長い歴史と世界クラスの観光資源を誇っている。その史跡の7カ所が国連教育科学文化機関(ユネスコ)から世界遺産登録地に指名されている。2300年の歴史を持つ4つの国立公園は、世界中に知れ渡っている。動物園や植物園は至る所にある。スリランカは貴石の世界最大鉱物資源国であり、「宝石の島」として評判である。「ゴールデンコースト」として評判の東海岸はアクアマリンの海と深海魚種で印象的であり、サーフィン、水泳、ダイビング、深海魚の愛好家には最高の観光地である。

成都・コロンボ航路は両都市を結ぶその種で初のルートであり、成都を航空事業の地域ハブとするエアチャイナの重要な動きの1つとなる。それは南アジアのトラフィックセンターとして成都の立場を固め、同市を商業航空の国際ハブにするエアチャイナの努力の一般である。

ソース:Air China


Air China To Start Chengdu-Colombo Service In February

PR59184

BEIJING, Jan. 13, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

-- Fly to a Magical Land

Air China will commence nonstop service from Chengdu to Colombo, the capital of
Sri Lanka, on February 10, 2015, giving travelers easy access to a magical and
romantic tropical land.

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

Air China will operate its Chengdu-Colombo service CA425/6 with Airbus 330
aircraft. The four flights a week will be offered on Tuesday, Thursday,
Saturday and Sunday. The outbound flight departs from Chengdu at 18:30 Beijing
time and arrives in Colombo at 21:50 local time. The inbound flight departs
from Colombo at 23:10 local time and arrives in Chengdu at 06:40 of the second
day. The new nonstop route will be Air China's fourth one to Southeast Asia
after the launch of the routes to Kathmandu, Mumbai and Bangalore by the
carrier. It will spare passengers who travel between southwest China and Sri
Lanka the trouble of having to make flight connections in cities of Beijing,
Shanghai, Hong Kong, Bangkok and Singapore, thusly cutting the travel time from
10 hours to 5.5 hours.

Air China will introduce a number of services on the route. First
Class/Business Class passengers who fly to Colombo from Chengdu are entitled to
free chauffeured transfer between the airport and downtown in Chengdu;
passengers with flight connections in Chengdu within 24 hours are entitled to
free hotel stay and free transfer between the hotel and the airport; First
Class/Business Class passengers on international flight segment with flight
connections in Chengdu are entitled to free stay in a five-star hotel.

China and Sri Lanka have been friendly neighbors for many centuries. Recent
years have seen the relationship between the two countries develop very
rapidly. Now, China is Sri Lanka's third largest trading partner, and more and
more Chinese tourists visit Sri Lanka. Statistics of 2013 suggest that China
has become the country's largest source of tourists in East Asia. The friendly
exchanges and cooperation between Sichuan province and Sri Lanka have been
developing at a fast pace. Now, Sri Lanka has opened its consulate in Chengdu,
and the cooperation between Sichuan and Sri Lanka in the fields of economy,
trade, investment, education and tourism is becoming closer and closer. The new
route will further facilitate the exchanges between the two regions.

Sri Lanka boasts a long history and world-class tourism resources. Seven of its
historical sites have been named World Heritage Sites by UNESCO. Its four
2,300-year-old national parks are well known around the world. Zoos and
botanical gardens are everywhere. Sri Lanka deserves its reputation as an
"Island of Gem" since it's the world's largest mine of precious stones. Its
eastern coast, hailed as "Golden Coast," impresses with its aquamarine water
and deep sea fish species, best for surfing, swimming, diving and deep sea
fishing enthusiasts.

Chengdu - Colombo route is the first of the kind linking the two cities and
represents one of the important moves of Air China to make Chengdu its regional
hub of operations. It will solidify the position of Chengdu as a center of
traffic in South Asia, and is part of Air China's endeavor to make Chengdu an
international hub of commercial aviation.

Source: Air China


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中