MainstreamとActisがアフリカ全体向け再生可能エネルギー発電事業でLekela Powerを設立

Mainstream Renewable Power

2015/2/18 12:42

MainstreamとActisがアフリカ全体向け再生可能エネルギー発電事業でLekela Powerを設立

AsiaNet 59516(0189)

【ダブリン2015年2月17日PRN=共同通信JBN】世界的な風力、太陽光発電企業であるMainstream Renewable Powerは17日、アフリカ全体向け再生可能エネルギー発電プラットフォームであるLekela Powerの開始を発表した。Lekela Powerは世界の全新興市場を対象とするプライベートエクイティ投資企業のActisと共に設立された。Lekela Powerは2018年までに700-900メガワット(MW)の風力、太陽光発電を供給する。

Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141010/709908

MainstreamとActisは、これまでに南アフリカとチリで2つの提携関係を形成して成功している。Lekela PowerはMainstreamと既存の提携関係と同様のやり方で操業する。Mainstreamは立地選定、プロジェクト開発、建設管理とともにプラントの運営・保守を含めプロジェクト全体にわたるエンドツーエンド管理に責任を負う。

Mainstreamは先週、資金調達を完了してLekelaプラットフォームの中核となる南アフリカに3基の風力発電プラントの建設を開始すると発表した。総発電量360MWとなるこのプロジェクトは、南アフリカのノーザンケープ州に位置し、同国の再生エネルギー調達プログラムの一環としてMainstreamに発注された。これら風力発電プラントは、2016年初めに商用運転が始まる見込みである。Mainstreamはまた、アフリカ全土にほかの一連のプロジェクトを持っており、ガーナの225MWのアイテパ(Ayitepa)風力発電プロジェクトを含めて資金調達を完了している。

Mainstreamのバリー・リンチ・マネジングディレクター(オンショア調達・建設・運営担当)は「われわれは当社の金融パートナーであるActisとの第3次コラボレーションに取り組むことを喜んでいる。Actisは今回もまた当社の世界クラスの風力・太陽光発電プロジェクトと日程,予算通りに商用運転に持ち込む実績を信頼してくれた。南アフリカにおける当社の広範なプロジェクトに加えて、われわれはまたガーナでのプロジェクトを進めているとともに、アフリカのその他地域で素晴らしい機会を探っている」と語った。

Actisのルーシー・ハインツ再生エネルギー部長はLekelaについて「再生エネルギーに対するアフリカのニーズは、急増する需要と資金調達上の制約があって、差し迫った問題である。例えば南アフリカでは現在、消費電力の95%が石炭燃料発電所から発電されている。アフリカにはかなりな量の天然燃料や化石燃料があるにもかかわらず、長期的な投資がないことで非常用かつ短期的にディーゼル発電への依存につながった」とコメントした。

▽Mainstream Renewable Powerについて

Mainstream Renewable Powerは、再生可能エネルギー・プロジェクトにおける世界有数の独立系開発企業の1つ。同社は世界で1万7000MW(17GW)以上の開発プロジェクトを持ち、現在はアイルランド、南アフリカ、チリ、カナダで太陽光・風力発電プラントを運転あるいは建設中である。

Mainstreamは欧州を代表する独立系海上風力発電デベロッパーとして、最近は英国で数十億ポンド予算による2つのオフショア風力発電プラントを建設・運用する同意承諾を得ている。

同社はベルリン、ケープタウン、シカゴ、ダブリン、グラスゴー、ヨハネスブルク、ロンドン、サンティアゴにオフィスを構えている。

http://www.mainstreamrp.com

ソース:Mainstream Renewable Power

Mainstream Renewable Power Launches $1.9bn pan-African Renewable Energy Platform

PR59516

DUBLIN, Feb. 17, /PRN=KYODO JBN/ --

Global wind and solar company Mainstream Renewable Power today announces the

launch of a pan-African renewable energy generation platform, Lekela Power,

which it has formed along with Actis, the global pan-emerging market private

equity firm. Lekela Power will provide between 700 and 900 megawatts of wind

and solar power across Africa by 2018.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141010/709908 )

Mainstream and Actis have already formed two successful partnerships in South

Africa and Chile. Lekela Power will operate in a similar fashion to the

existing partnerships with Mainstream taking responsibility for the full

end-to-end management of the projects; including site identification, project

development, construction management as well as the operations and maintenance

of plants.

Last week Mainstream announced financial close and the start of construction

for three wind farms in South Africa which will form the core of the Lekela

platform. The projects, which have a combined capacity of 360 megawatts, are

located in the country's Northern Cape and were awarded to Mainstream as part

of the Government's Renewable Energy Procurement Programme. They are expected

to reach commercial operation beginning in 2016. Mainstream also has a pipeline

of other projects across Africa which will transfer to the Lekela platform at

financial close including the 225 megawatt Ayitepa wind project in Ghana.

Barry Lynch Mainstream's Managing Director, Onshore Procurement, Construction

and Operations added:  "We are delighted to be working on our third

collaboration with our financial partner Actis which once again draws on

Mainstream's world- class portfolio of wind and solar projects and our track

record delivering them into commercial operation on time and on budget.  In

addition to Mainstream's extensive portfolio of projects in South Africa we are

also developing projects in Ghana as well as pursuing exciting opportunities in

other parts of Africa."

Commenting on Lekela, Lucy Heintz, Partner, Head of Renewable Energy at Actis,

said: "With soaring demand and funding constraints, Africa's need for renewable

energy is pressing. In South Africa for example, currently 95% of the country's

electricity is generated by coal-fired power stations. While the region has

significant natural and fossil fuel resources a lack of long-term investment

has led to a reliance on emergency and short-term diesel generation."

About Mainstream Renewable Power

Mainstream Renewable Power is one of the world's leading independent developers

of renewable energy projects. With a development pipeline of over 17,000

megawatts globally it is currently operating and constructing solar and wind

farms across Ireland, South Africa, Chile and Canada.

As Europe's leading independent offshore wind developer Mainstream was recently

granted consent to build and operate two multi-billion pound offshore wind

farms in the UK.

The company has offices in Berlin, Cape Town, Chicago, Dublin, Glasgow,

Johannesburg, London and Santiago.

http://www.mainstreamrp.com

Source: Mainstream Renewable Power

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中