文化観光施設「さかい利晶の杜」がまもなくオープン!

堺市

2015/3/13 14:45

2015/03/13

堺市

文化観光施設「さかい利晶の杜」がまもなくオープン!

 堺が生んだ茶の湯の大成者「千利休」と、日本近代文学を切り拓いた歌人「与謝野晶子」の生涯や人物像などを通じて、堺の歴史・文化の魅力を発信する文化観光施設「さかい利晶の杜(りしょうのもり)」が平成27年3月20日(金)正午、堺市にオープンします!

 オープンを記念して、茶道三千家ご協力のもと、下記のとおり開設記念茶会と茶室披き茶会を開催します。

                     記

 ▼「さかい利晶の杜」開設記念茶会

  日時:平成 27年 3月 20日(金) 14時30分~16時30分

  会場:茶室「西江軒(せいこうけん)」、「風露軒(ふうろけん)」

  定員:先着順100名 呈茶券:500円 

  ※定員に達し次第終了します。

  ※呈茶券は当日13時から、特設ブースで販売します。

 ▼茶室披き茶会

 (1)「西江軒(せいこうけん)」茶室披き茶会

   日時:平成 27年 3月 29日(日)11時15分~17時

   定員:先着順180名 呈茶券:500円

 (2)「風露軒(ふうろけん)」茶室披き茶会

   日時:平成 27年 4月 12日(日)11時15分~17時

   定員:先着順180名 呈茶券:500円

 (3)「得知軒(とくちけん)」茶室披き茶会

   日時:平成 27年 4月 26日(日)11時15分~17時

   定員:先着順100名 呈茶券:500円

  ※各日とも定員に達し次第終了します。

  ※呈茶券は当日10時から、特設ブースで販売します。

■「さかい利晶の杜」概要■

 千利休茶の湯館、茶の湯体験施設、与謝野晶子記念館、観光案内展示室(各画像有)からなる施設です。

 千利休茶の湯館では、千利休作で唯一現存する茶室である国宝「待庵」の創建当初の姿を復元した「さかい待庵」などが見学でき、茶の湯体験施設では、裏千家大宗匠や三千家家元が命名した本格的な茶室や茶庭で千利休によって大成された「茶の湯」を体感することができます。

 また、敷地内には「利休懐石」などの限定メニューを提供する和食レストラン「湯葉と豆腐の店 梅の花」や、緑側席を備えた和の要素を感じられる「スターバックスコーヒー」、大型バスの駐車場も備わります。

 

  ※「さかい利晶の杜」に関する問い合わせ先

   さかい利晶の杜 http://www.sakai-rishonomori.com/

   TEL 072-260-4386 FAX 072-260-4725

□その他周遊観光情報□

 ▽観光周遊バス「堺まち旅ループ」 http://www.nankaibus.jp/rosen/sakai_loop.html

  「さかい利晶の杜」をはじめ、千利休屋敷跡、与謝野晶子生家跡、千利休が参褝した南宗寺、世界文化遺産登録をめざす仁徳天皇陵古墳や百舌鳥古墳群シアターのある堺市博物館などを周遊。

  ・運行日時  土・日・祝休日運行

  ・乗車料金 1乗車220円

 ▽堺おもてなしチケット http://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/doro/toshikotsu/hankaisen/omotenashiticket.html

  阪堺電車及び南海バスが一日乗り放題。(各種特典あり)

  ・発売金額 ①阪堺拡大版 700円(小人350円)、②南海バス拡大版 500円(小人 250円)

  ※①、②とも、それぞれ利用可能な区間・エリアは異なります。

 ▽堺ミュージアムぐる得9 http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/kanko/gurutoku9.html

  対象施設の観覧料割引などの特典あり。

  ・実施期間 平成28年3月31日まで

  ・対象施設 堺市博物館、大仙公園日本庭園、自転車博物館サイクルセンター、町家歴史館山口家住宅、町家歴史館清学院、みはら歴史博物館、堺市立文化館、さかい利晶の杜、堺伝統産業会館

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

茶の湯体験施設館

さかい利晶の杜オープン

千利休茶の湯館

与謝野晶子記念館

観光施設展示室

堺まち旅ループバス

堺まち旅ループ 周遊ルート

阪堺電車 期間限定ラッピング

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース