中国のMidea社が画期的炊飯器IH Smart Rice Cookerを日本で公開・発売へ

Midea

2015/4/13 17:00

中国のMidea社が画期的炊飯器IH Smart Rice Cookerを日本で公開・発売へ

AsiaNet 60136 (0487)

【東京2015年4月13日PRN=共同通信JBN】

*中国は世界を驚かす

中国家電メーカーのMideaは13日、家庭用電化製品技術では最先端を行く日本の電気炊飯器の中でも、最高のインテリアチェンバーを持つ「トライポッド・ポット」を公開した。その画期的製品Midea IH Smart Rice Cookerは、初めてというトライポッド・ポットのインテリアチェンバーを備えて、2990元の価格で東京で発売された。

Midea Living Appliance Groupのゼネラルマネジャー、リ・グオリン氏は新製品を発表した記者会見で、Midea IH Smart Rice Cookerのデザインの本質的な部分となる加熱・制御技術であるインテリアチェンバーの研究と開発にまつわる苦労話を語り、中国の家庭用電化製品メーカーが今やこの分野のほかの主要なメーカーに比べ、抜きんでていることを日本と世界に広く示した。

▽中国製Midea Tripod Potは世界を標的とする

中国の長い歴史のある伝統的調理法、広大な国土、豊富な資源が、この国独自の食文化に貢献する。中国製炊飯器を代表するブランドして、Mideaはどうしたら中国国民の味覚に合うかを熟知している。

中国国民の心の中では、まきで炊いた米が最も香りがよくおいしいと思われ、いつもイメージされる。炊飯器のインテリアチェンバーは、まきで炊く米の需要を満たすカギを握っている。インテリアチェンバー技術の分野で過去20年蓄積してきた経験を生かして、Mideaは古代中国料理法に基づく複製品と言うべきトライポッド・ポットに使われる、独自の多層複合材料を開発した。この機器は8層の材料、6つの沸騰リング、108のハチのハニカム模様のインナーポット、精緻に62度の円弧に同調された起伏のある曲面で構成され、インテリアチェンバーの均一な加熱と耐久性で驚くべき改善が施されている。

弱火でより一層長い時間をかける炊飯は、まきで炊いた米のデリカシーを生む正しい方法である。望ましい香りを生み出すためには、まず高熱で米を沸騰させてから低めの熱に切り替えて、米の香りを完全に引き出すようぐつぐつ炊き込む。Mideaはその合理的な制御技術を日本と韓国で特許を取得した。Midea IH Smart Rice Cookerは技術的革新を通じて、洗練された煮沸とより緩慢な炊き込み処理を通じて、デリケートに炊き込んだ望ましい米の香りを見事に生み出した。

ある国の誇りはまた、世界の誇りでもある。中国と日本の料理文化の間のリンクとして、この炊飯器によって中国人愛好者は日本料理の繊細な多様性を賞味できるようになるとともに、中国料理が日本の料理人や主婦らにより近づき、広く受け入れられるようになるだろう。

▽Mideaトライポッドは着実に蓄積する知識と創意工夫の結晶である

Mideaは常に、中国の炊飯器消費者市場で進行する転換のリーダーであり続けてきた。同社のトライポッド・インテリアチェンバーは、中国市場でその種の最高の製品である。Midea IHスマート炊飯器は、ドイツのIFプロダクトデザイン賞、同レッドロット・デザイン賞を受賞した中国初の製品であり、国内市場の業界リーダーである企業にはふさわしい賞である。

Mideaによる日本への同製品展開は、日本の同業企業の専門知識から学ぶことによって、自社製品ラインを最適化することを目指している。Midea Groupは世界に6カ所の研究開発センター、スタッフの10%を占める開発者を持つ世界最大の炊飯味覚研究所を誇る。製品と技術に対するMideaのコミットメントは、日本のメーカーがそのことで知られるクラフトマンの誇りと一致する。

Mideaは巨大な中国市場によって育ち、躍進を果たすことにリードを奪い、家庭用電化製品部門で世界を代表するブランドの1つに成長し、「中国製」の言葉を国家の誇りの要素に変えている多くの企業のリストに加わることを望んでいる。

ソース:Midea

Chinese Home Appliance Giant Midea Rolls Out Tripod Pot IH Smart Rice Cooker in Tokyo

PR60136

TOKYO, Apr. 13, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

China Dazzling the World

On April 13, Midea unveiled its "tripod pot" with the best interior chamber

among electric cookers in Japan, a country known for being ahead of the curve

when it comes to the technology of home appliances. Its breakthrough product,

the Midea IH Smart Rice Cooker, the first to be equipped with a tripod pot

interior chamber, debuted in Tokyo, Japan, priced at 2,999 Chinese yuan.

At the press conference announcing the new product, Midea Living Appliance

Group general manager Li Guolin told the story behind the research and

development of the interior chamber, heating and controlling technologies that

are part and parcel of the design of the Midea IH Smart Rice Cooker,

demonstrating to Japan and to the whole world that China's home appliance

manufacturers now stand head and shoulders with other leading makers in the

field.  

Midea Tripod Pot, Made in China and Targeting the World

China's long-established culinary traditions, vast territory and abundant

resources contribute to the country's unique food culture. As a brand

representative of China-made rice cookers, Midea has a deep understanding of

how to cater to the taste buds of the country's citizens.  

In the minds of the Chinese people, firewood-cooked rice is considered and

always remembered as the most savory. The cooker's interior chamber is the key

to satisfying the demand for fire-cooked rice. Leveraging its accumulation of

knowledge over the past 20 years in the field of interior chamber technology,

Midea innovatively developed the unique multilayer composite material that is

used in the tripod pot, a reproduction based on ancient Chinese cooking

methods. The device is composed of 8 layers of material, 6 boiling rings, 108

honeycomb-patterned inner pots and undulating curves at a finely tuned 62

degrees of arc, bringing about remarkable improvements in the heating

uniformity and in the durability of the interior chamber.

Rice cooked for an extended period of time over a low flame is the correct way

to create the delicacy that is firewood-cooked rice. To bring out the desired

flavor, boil the rice over a high heat, then switch to low heat and simmer to

fully bring out the flavor of the rice. Midea has patented its intelligent

control technology in Japan and South Korea. Through technological innovation,

the Midea IH Smart Rice Cooker has successfully produced the sought-after

flavor of delicate stewed rice through the process of refined boiling and slow

simmering.

The pride of a nation is also the pride of the world.  As a link between

Chinese and Japanese culinary cultures, the rice cooker enables Chinese

aficionados to savor the nuanced diversity of Japanese cuisine, and, at the

same time, make Chinese cuisine more accessible to and widely accepted by

Japanese cooks and homemakers.  

Midea Tripod Pot, the Crystallization of a Steady Accumulation of Knowledge and

Ingenuity

Midea has always been the leader in the ongoing transformation of China's rice

cooker consumer market. The firm's tripod pot interior chamber is the best of

its kind in the Chinese market. The Midea IH smart rice cooker is the first

Chinese product to win the German IF Product Design Award and German Red Dot

Design Award, well-deserved rewards to a company that is the industry leader in

its home market.

Midea's current rollout in Japan is aimed at optimizing its own product lines

by learning from the expertise of its Japanese counterparts. The Midea Group

boasts the world's largest rice cooking taste research laboratory, with six

research and development centers around the world and developers accounting for

10 percent of its staff. Midea's commitment to products and technology happens

to coincide with the pride in craftsmanship that Japanese manufacturers are

known for.   

Nurtured by the enormous Chinese market, Midea hopes to take the lead in

achieving breakthroughs and grow into one of the world's leading brands in the

home appliance sector, adding to the list of the many companies that are

changing the term "Made in China" into an element of pride for the nation.

SOURCE:  Midea

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中