対貧困戦略が世界の極貧の人々に持続的恩恵を提供

CGAP

2015/5/15 10:55

対貧困戦略が世界の極貧の人々に持続的恩恵を提供

AsiaNet 60438 (0621)

【ワシントン2015年5月15日PRN=共同通信JBN】1日あたり1.25ドル以下で暮らしている約10億人の極貧の人々に対する包括的なアプローチが暮らし、収入、健康を押し上げたことを新たな6カ国研究は示している。サイエンス誌に発表されたこの研究(http://www.sciencemag.org/lookup/doi/10.1126/science.1260799 )は、世界の最も貧しい2万1000人を3年間フォローして、「グラデュエーション・モデル」として知られるアプローチの効果を6カ国で調べた。データはこのアプローチが彼らの生活水準に大きな永続的影響をもたらしたことを示している。

インタラクティブなマルチメディア・ニュースリリースは以下で体験できる。

http://www.multivu.com/players/English/7267352-cgap-science-anti-poverty-study

極貧の人々のなかで貧困を減らすための各国政府、援助グループによるこれまでのサポートは効果があることが証明されていない。このギャップに対処して、新たな研究は貧困の多くの難問に同時に対処する包括的アプローチについての6カ国の評価について報告している。研究の共著者でエール大学と研究・政策非営利団体イノベーションズ・フォー・ポバティー・アクション(IPA)(http://www.poverty-action.org/ )のディーン・カーラン氏によると「極貧であることは通常収入がないというだけではない。食べるのに十分な食料がない、節約の方法がない、情報がない、その状況から逃れる機会のパーセンテージが低いということでもある」。同氏は「いくつかの要因に同時に対処するアプローチを試して、大きな改善があることを発見し、3年後でもそのプログラムは大きな仕事していた」と語っている。

エチオピア、ガーナ、ホンジュラス、インド、パキスタン、ペルーで研究者たちは約2万1000人の人々を追跡してグラデュエーション・アプローチがその生活と家族の福利をどれほど改善したかを調べた。このプログラムには以下の6項目が含まれ、期間は約2年だった。

*小さな店を始めるための家畜か商品など暮らしを立てるために使う資産

*資産の管理法の訓練

*緊急時に新しい資産を売る必要を減らすための基本的食料、現金のサポート

*頻繁な(通常は毎週の)スキルを高め、信頼を構築し、参加者の困難処理を助けるための教育訪問

*健康を維持し働けるための健康教育、健康管理へのアクセス

*投資や将来の緊急事態に備えての貯金を助けるための貯金口座

研究者は健康管理研究方法から借用した無作為対比試験法を使って、2年間のプログラム参加を勧誘された人々と勧誘されなかったグループを追跡し、プログラム終了の最大1年後まで双方の生活がどのように変化したかを比較した。プログラム・グループの人々は大幅により多くの資産と貯金を持ち、より多くの時間を仕事に費やし、空腹になった日がより少なく、経験したストレスのレベルが低く、肉体的健康は改善した。

このプロジェクトの実行を助けたワシントンDCのコンサルタティブ・グループ・トゥー・アシスト・ザ・プアー(www.cgap.org )のケート・マッキー氏は「それは効果的であるだけでなく大きな投資利益を示している。希望は、次にNGO、政府がこのアプローチをそれぞれのプログラムにどのように効果的によりよく組み込めるのかをわれわれが学ぶことができるという点である」と語っている。

プログラムはコスト効率がよく、ガーナの133%からインドの433%まで6カ国中5カ国でプラスの利得があった。言い換えれば、インドでは1ドル使うごとに極貧家庭が4.33ドルの長期的利益を得るということである。研究の共著者でアブドル・ラティフ・ジャミール・ポバティー・アクション・ラブ(J-PAL)(http://www.povertyactionlab.org/ )ディレクターであるMIT(マサチューセッツ工科大学)経済学部のエステル・デュフロ氏は「グラデュエーション・アプローチは調査したほとんどの国で経済的、非経済的福利の重要次元で幅広い改善をもたらした。極貧の人々の生活を持続的に改善するプログラムを求める政策立案者はこのアプローチへの投資を考えるべきである」としている。

このモデルを使う政策決定者にとって重要なことは、この評価がどれだけ包括的であったかである。この研究を支援し資金を提供したフォード財団ディレクターのフランク・デジョバンニ氏は「広範な異なる状況における肯定的な結果は極めて心強いものであり、これによってわれわれはこのアプローチが個人にとって有効であり、政府にとっても有効な戦略であり、貧しい家族の生活を向上させる優れた指針になるとの確信を深めた」と語った。

ソース:CGAP

▽問い合わせ先

Sue Pleming, CGAP spleming@worldbank.org

Anti-poverty Strategy Offers Sustained Benefit for World's Ultra-poor, says New Study in Science

PR60438

WASHINGTON, May 15, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

    A new six-country study shows a comprehensive approach for the ultra-poor,

the approximately one billion people who live on less than $1.25 a day, boosted

livelihoods, income, and health. Published in Science (

http://www.sciencemag.org/lookup/doi/10.1126/science.1260799), the research

tested the effectiveness of an approach known as the "Graduation model" in six

countries by following 21,000 of the world's poorest people for three years.

The data show this approach led to large and lasting impacts on their standard

of living.

    Experience the interactive Multimedia News Release here:

http://www.multivu.com/players/English/7267352-cgap-science-anti-poverty-study

   

    Previous efforts by governments and aid groups to reduce poverty among the

ultra-poor have not been proven to work. Addressing this gap, the new study

reports on a six-country evaluation of a comprehensive approach that addresses

the many challenges of poverty simultaneously. According to study co-author

Dean Karlan of Yale University and the research and policy non-profit

Innovations for Poverty Action (IPA)( http://www.poverty-action.org/ ): "Being

ultra-poor usually means more than just not having an income - like not enough

food to eat, no way to save, no information, and low perception of their

opportunities to escape their situation," Karlan said. "We tested an approach

that addressed several factors at once, and found significant improvements,

even three years after the program did the bulk of the work."

    In Ethiopia, Ghana, Honduras, India, Pakistan, and Peru, researchers

tracked over 21,000 people to test how much the Graduation approach improved

their lives and their families' welfare. The program included six components

over a two-year period:

    -- An asset to use to make a living, such as livestock or goods to start

       an informal store.

    -- Training on how to manage the asset.

    -- Basic food or cash support to reduce the need to sell their new asset

       in an emergency.

    -- Frequent (usually weekly) coaching visits to reinforce skills, build

       confidence, and help participants handle any challenges.

    -- Health education or access to healthcare to stay healthy and able to

       work.

    -- A savings account to help put away money to invest or use in a future

       emergency.

    Borrowing from healthcare research methodology, the researchers used a

randomized controlled trial, tracking both people invited to participate in the

two-year program and a similar group who was not, to compare how their lives

changed up to a year after the program ended. Those in the program group had

significantly more assets and savings, spent more time working, went hungry on

fewer days, and experienced lower levels of stress and improved physical

health.  

    "Not only is it effective, but it represents a significant return on

investment," according to Kate McKee of the Consultative Group to Assist the

Poor ( www.cgap.org ) in Washington, DC, which helped implement the project.

"The hope is that we can next learn how NGOs or governments can better

integrate this approach into their programs effectively."  

    The program is cost effective, with positive returns in five of six

countries, ranging from 133 percent in Ghana to 433 percent in India. In other

words, for every dollar spent on the program in India, ultra-poor households

saw $4.33 in long-term benefits. "The Graduation approach has led to broad

improvements in key dimensions of economic and non-economic well-being in most

countries where it was tested. Policymakers seeking a program to sustainably

improve the lives of the very poor should consider investing in this approach,"

according to study co-author Esther Duflo of MIT's economics department and

Director at the Adbul Latif Jameel Poverty Action Lab (J-PAL)

(http://www.povertyactionlab.org/ ).

    A key factor for decision-makers using the model is how comprehensive the

evaluation was: "The positive results across such a range of different settings

is highly encouraging, and gives us substantial confidence that this approach

works for individuals, can be an effective strategy for governments, and can be

a tremendous guide to improve the livelihoods of poor families," said Frank

DeGiovanni, a director at the Ford Foundation, which helped build and fund the

effort.

SOURCE: CGAP

    CONTACT: Sue Pleming, CGAP spleming@worldbank.org

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中