JAソーラーがより厳しいRETC衝撃抵抗力試験に合格

JAソーラー・ホールディングス

2015/6/16 14:35

JAソーラーがより厳しいRETC衝撃抵抗力試験に合格

AsiaNet 60901(0801)

【上海2015年6月16日PRN=共同通信JBN】高性能太陽光発電製品の世界最大手メーカーの1つであるJAソーラー・ホールディングス(JA Solar Holdings Co., Ltd.、Nasdaq:JASO)(以下JAソーラーもしくはJA)は16日、米カリフォルニア州フリーモントにある施設で5月に、今年3月初めにテュフ・ラインランド(TUV Rheinland)によって実施された同様の試験に合格したのに続いて、RETCが行った衝撃抵抗力試験である高度のClass 4 Hail Testに合格したと発表した。

 http://photos.prnasia.com/prnh/20150522/0861504483LOGO

Class 4 Hail Testは、カ氏17度で凍った直径2インチ(50.8ミリメートル)の固形氷塊を太陽光発電(PV)モジュールのガラス表面の異なる場所にぶつける試験であり、氷塊を落下させる場所は中心部、1カ所のコーナー、1カ所のエッジ、さらにはメタルフレーム、その他無作為に選択した場所で最大秒速76メートル(時速274キロメートル)までのさまざまな衝撃速度でテストされる。RETCが今回JAソーラーのPVモジュールで実施したClass 4 Hail Testの動力学的衝撃エネルギーは、衝撃時速度毎秒30.7メートルで直径45ミリメートルのあられ(ひょう)が使われたテュフ・ラインランドが実施した3月の前回氷塊落下試験と比較して、8倍以上高いものだった。

JAソーラーのウェイ・シャン最高技術責任者(CTO)は「当社製品がより厳しい気象条件に耐えるためには、当社モジュールがより厳しい条件下での降ひょう衝撃試験を合格することが必須となる。RETCのClass 4 Hail Testを合格したことは、JAソーラーのPVモジュールの高い質と信頼性とともに、継続的なパフォーマンス向上、製品イノベーション、熱心な品質管理を通じて顧客のニーズに応える当社の休むことない献身的努力をさらに実証する証しである」とコメントした。

ソース:JA Solar Holdings Co., Ltd.


JA Solar PV Modules Pass Class 4 Hail Test

PR60901

SHANGHAI, June 16, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

JA Solar Holdings Co., Ltd. (Nasdaq: JASO) ("JA Solar" or "JA"), one of the
world's largest manufacturers of high-performance solar power products, today
announced that its PV modules have passed the high-grade Class 4 Hail Test
conducted by RETC in May at its facility located at Fremont, California,
following the successful pass of the similar test conducted by TUV Rheinland in
early March this year.

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150522/0861504483LOGO

The Class 4 hail test uses solid ice balls frozen at -17 degrees Celsius with a
diameter of two inches (50.8 millimeters) to strike different locations of the
glass surface of a PV module that include center, one corner, and one edge
along the metal frame, as well as some random places, at various impact
velocities with the maximum reaching 76 meters per second (274 kilometers per
hour). The kinetic impact energy of this Class 4 Hail Test carried out by RETC
this time on JA's PV modules is more than eight times higher compared to the
energy registered in the previous hail test conducted by TUV Rheinland Lab in
March when 45-mm hailstones with a striking speed of 30.7 m/sec were used.

Mr. Wei Shan, Chief Technology Officer of JA Solar, commented, "In order for
our products to withstand harsher weather conditions, it is a necessity that
our modules pass the hail impact test under more stringent conditions. Passing
the Class 4 Hail Test at RETC is a testament that further demonstrates the high
quality and reliability of JA Solar's PV modules, as well as our tirelessly
devoted efforts to meet the needs of our customers through continuous
performance improvement, product innovation, and vigorous quality control."

SOURCE: JA Solar Holdings Co., Ltd.


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中