UV LEDのRayVio社が製造能力と販売力を拡大へ

RayVio Corporation

2015/8/26 14:26

UV LEDのRayVio社が製造能力と販売力を拡大へ

AsiaNet 61572 (1072)

【ヘイワード(米カリフォルニア州)2015年8月26日PRN=共同通信JBN】遠紫外線(UV)

LEDと統合ソリューションの開発・製品化の世界的リーダーであるRayVio Corporationは26日、顧客の需要増に対応するため国際的な販売力と製造能力を拡大すると発表した。オリジナルサイトの施設拡大は年末までに完成する予定である。

RayVioのシリコンバレー本社には現在、ウエハー成長(単結晶化)、チップ製造、パッケージング、テストR&D、試作品製造能力を共用している。同施設の拡大によってRayVioは、サイクルタイムを短縮し、製造、試験機器の設置を通じて年間200万のLEDユニットを上積み製造することが可能になる。RayVioは委託加工戦略と組み合わせて、急速成長しているUV LED市場の需要に対応する構えである。

需要は水殺菌から消費者用医療機器まで、多くの世界市場に役立つ一連の工業用、消費者用アプリケーションによって高まりつつある。シングルエミッター機器から最大45mWまでの出力デモ、より高い出力を提供する能力のあるマルチチップ製品を提供することによって、RayVioの全製品スイートはすべてのUV顧客とアプリケーションの需要に対応できるよう製造される。

RayVioのダグ・コリンズ副社長(エンジニアリング・オペレーション担当)は「当社の実証済みの新しい技術プラットフォームは、この種の最高のパフォーマンスを生み出し、同時にコスト削減ロードマップに対処して実行しているので、当社の下流パートナーは製品を(計画通り)実現することができる」と語った。

パフォーマンスとコスト両面で成果を上げた最近まで、UV LEDソリューションはニッチ・アプリケーションに限定されていたが、高度光パワーUV LEDが入手できるようになって、UV LED は供給される各種ソリューションでの利用拡大が見込まれている。

RayVioの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のロバート・C・ウォーカー博士は「RayVioの優れたパフォーマンスと費用対効果のあるソリューションは、UV LEDを利用する産業用と消費者用機器の大量採用を加速している。今年初めに受け取った資金提供によって、われわれは会社を積極的に成長させるのに必要な資本を保有している。国際販売力を拡大し、製造と研究能力を高めることによって、われわれは指導的役割を維持するのに十分な立場になる」と語った。

RayVioは930万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを完了した後、2015年初めに(外部接触のない)ステルスモードを脱した。同社は現在選択的に顧客を集めており、UV LED治療、医療機器、水・表面・空気消毒市場で業界をリードするパートナーと緊密に協力しようとしている。

▽RayVioについて

RayVioは高性能で低消費電力、携帯可能で耐久性があり、費用対効果のある消費者用殺菌ソリューションによって、今日のUV利用形態を変えようとしている。

RayVioの特許で守られたUV LED技術と材料は当初、ボストン大学で共同創立者のイータオ・リャオ博士とセオドア・マスターカス教授によって開発された。それは高度に差別化されており、産業、商業、消費者などの分野におけるUV LEDソリューションの大量普及を可能にする価格ポイントでその性能を実現している。

RayVioの新UV LED技術によって、ビタミンD欠乏症から多発性硬化症まで病気を治療する内科療法機器など、UVを使った水、表面、空気殺菌市場など、産業用キュアリング向けにパフォーマンスと最もコスト効率の高いソリューションが実現する。

RayVioに関する詳しい情報はwww.rayvio.com を参照

ソース:RayVio Corporation

▽問い合わせ先

Dr. Robert C. Walker

RayVio

+1.650.208.8482

info@rayvio.com

RayVio Expands Its UV LED Manufacturing Capacity and Global Sales Force

PR61572

HAYWARD, Calif., Aug. 26, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

RayVio Corporation, the world leader in the development and commercialization

of deep ultraviolet (UV) LEDs and integrated solutions, announced today that

they are expanding their international sales force, and manufacturing capacity

to support increased customer demands. The facility expansion at the original

site is scheduled to be complete by year-end.

RayVio's current Silicon Valley headquarters houses their wafer growth, chip

fabrication, packaging and test R&D and proto-typing capability. The expansion

of this facility will enable RayVio to reduce cycle time and produce in excess

of two million LED units annually through the installation of additional

manufacturing and test equipment. Combined with its contract manufacturing

strategy, RayVio is poised to keep pace with the increasing demand of the fast

growing deep UV LED market.

The demand is being driven by a host of industrial and consumer applications

ranging from water disinfection to consumer medical devices serving multiple

global markets. With the demonstration of power levels up to 45mW from a single

emitter device, and multi-chip offerings capable of delivering much higher

power, RayVio's complete product suite is tailored to meet the demanding needs

of all UV customers and applications.

"Our proven, novel technology platform is producing best in class performance,

and at the same time we are executing against our cost reduction roadmap,

allowing our downstream partners to make their products a reality," says Dr.

Doug Collins, Vice President of Engineering and Operations.

Until recent achievements in both performance and cost, UV LED solutions were

limited to niche applications. With the availability of high optical power UV

LEDs, and competitive system level pricing to alternative UV sources, the UV

LED industry is seeing a major uptake in solutions being provided.

"RayVio's superior performance and cost effective solutions have accelerated

the mass adoption of UV LED enabled industrial and consumer devices," says Dr.

Robert C. Walker, RayVio co-founder and CEO. "With the funding we received

earlier this year, we have the capital required to grow the company

aggressively. By expanding our international sales force and increasing our

manufacturing and research capabilities, we will be well positioned to maintain

a leadership role."

RayVio came out of stealth mode at the beginning of 2015 after closing their

$9.3M series B round of financing. They are currently sampling selected

customers, and are working closely with industry leading partners in the UV LED

curing, medical device and water, surface and air disinfection markets.

About RayVio

RayVio is transforming how we use UV today by offering consumer disinfection

solutions that are higher performance, require less power, are portable,

durable, and cost effective.

RayVio's patent protected UV LED technology and materials, originally developed

at Boston University by co-founders Dr. Yitao Liao and Prof. Theodore

Moustakas, are highly differentiated, delivering performance at price points

which are enabling the mass adoption of UV LED solutions in the industrial,

commercial and consumer sectors.

RayVio's novel UV LED technology will make possible the highest performance,

most cost effective solutions for industrial curing, for UV medical treatment

devices to treat ailments ranging from vitamin D deficiency to Multiple

Sclerosis, and for the UV water, surface and air disinfection markets.

To learn more about RayVio please visit us at www.rayvio.com

SOURCE  RayVio Corporation

CONTACT: Dr. Robert C. Walker, RayVio, +1.650.208.8482, info@rayvio.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中