押し出し成型とグラフェンとプラスチック

Luigi Bandera spa

2015/11/4 12:13

押し出し成型とグラフェンとプラスチック

AsiaNet 62408(1428)

【ケンブリッジ(英国)2015年11月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*Luigi Bandera spaがCGC Cambridge Graphene Centreと事業提携

Cambridge Graphene Technology Daysが11月5、6の両日、ケンブリッジ大学で開催される。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151102/282890LOGO

このイベントではCambridge Graphene Technology Industry Showcaseも行われ、Bandera spaがプラスチック押し出し成型ラインを披露する。それは、22メートルまでの農業用材、3メートルの梱包、変換、印刷、ラミネート加工材、重層(3層から 9層)構造で最大8.5メートルの防水システムを毎時数トン工業生産するフィルム、フォイル/シート基板用である。

CGC Cambridge Graphene Centerとの協力の目標は、グラフェンとほかの2D素材を押し出し成型プロセス、新合成物のペレット化、および機能増強や先進プラスチック製品の開発のために既存規格品と新構造的性質を融合することによって、いくつかのポリマーに融合する新アプリケーションを調査、実行することである。

Banderaの機械が稼働するセクターは例を挙げるだけでも、工業/食品梱包、農業、建築、ジオメンブレン、航空機、自動車に及んでいる。

Banderaはイタリアのブストアルシーツィオにある本社に「House of Extrusion」を開設した。欧州一革新的な梱包、変換の押し出し成型センターで、そこでは研究機関、調査センター、業界が試作品を工業生産水準にスケールアップすることができる。

新研究所が間もなく「Extruding Future Plastics Now」を設置する。CGCの協力を得て、特性が革新的であると証明されれば直ちにスケールアップできる試作品を生み出す新アプリケーションのテストが可能である。

Banderaはまた、光起電プラスチック太陽電池パネルの一体押し出し成型工程の国際特許を保有している。超多角的なグラフェン特性(伝導性、透明性、バリアー、強度など)が、それをプラスチック多層製品に付加する重要な対象にしている。

1947年創業のBandera spaは50カ国以上で8000万ユーロの販売高がある。

イベントにはナノテクノロジー&IP担当マネジャーのジョバンニ・A・デラロッサ氏が立ち会う。

▽問い合わせ先

Giovanni A. della Rossa

gadr@lbandera.com

http://www.luigibandera.com

ソース:Luigi Bandera spa

Extrusion Meets Graphene Meets Plastics

PR62408

CAMBRIDGE, England, Nov. 3 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Luigi Bandera spa - proud Industry Partner of CGC Cambridge Graphene Centre

Cambridge Graphene Technology Days will be held the 5th and 6th of November at

Cambridge University.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151102/282890LOGO )

Within this event is the Cambridge Graphene Technology Industry Showcase where

Bandera spa will present its plastics extrusion lines for substrate films and

foil/sheet with industrial production output up to several tons per hour and

dimensions up to 22 m for agricultural applications and 3 m for packaging,

converting, printing, lamination or up to 8.5 m for waterproof systems, with

multilayer (3 to 9) structure.

The goal of the collaboration with CGC Cambridge Graphene Center is to

investigate and implement new applications due to integration of graphene and

other 2D materials with several polymers via the extrusion process, the

pelletising of the new composites and the integration in already standard

products with new structural characterisation for increased features or to

develop new advanced plastic products.

The sectors in which Bandera machinery operates are: industrial and food

packaging, agriculture, building, geomembrane, aeronautics, automotive, to

mention a few.

Bandera has created The House of Extrusion at its headquarters in Busto

Arsizio, Italy. It is the most innovative European extrusion centre for

packaging and converting, where academia, research centres and industry can

scale up their prototypes to industrial volumes.

A new laboratory is soon to be installed 'Extruding Future Plastics Now' where

in collaboration with CGC it will be possible to test new applications in order

to create prototypes which can be eventually scaled up once their properties

have proved innovative.

Bandera also has an international patent to create a photovoltaic plastics

solar panel all-in-one extrusion process. The extreme multifaceted graphene

properties (conductivity, transparency, barrier, strength, etc.) make it an

important candidate as an additive in plastic multilayer products.

Bandera spa est. 1947 has sales of Euros 80 million in over 50 countries.

Giovanni A. della Rossa, Nanotechnology & IP Manager, will be present at the

event.

For further information    

Giovanni A. della Rossa

gadr[at]lbandera.com    

http://www.luigibandera.com

SOURCE: Luigi Bandera spa

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中