JAソーラーがフィリピン最大の太陽光プロジェクトにモジュール供給

JAソーラー・ホールディングス

2015/11/10 17:45

JAソーラーがフィリピン最大の太陽光プロジェクトにモジュール供給

AsiaNet 62484(1461)

【カディス市(フィリピン)2015年11月10日PR Newswire=共同通信JBN】高性能太陽光発電製品の世界的メーカーであるJAソーラー・ホールディングス(JA Solar Holdings Co., Ltd.、Nasdaq:JASO)(以下JAソーラーもしくはJA)は10日、フィリピンにこれまで建設された最大の太陽光発電(PV)プロジェクトで使われる92.5 MWの高性能太陽光発電モジュールの搬送を10月中旬に完了したと発表した。

西ネグロス州カディス市に所在する同施設は総出力132.5MWで設計され、その内92.5MWは当初30MWの施設内設置を含めて、JAソーラーのJAP6-72 310Wモジュールが装備される。西ネグロス州は赤道近くにあり、施設は海岸線から約3キロ地点にある。施設の最大風速は秒速56メートル(125mph)と記録されている。強風は湿気の多い潮風の気象条件と合わせて、電圧誘起出力低下(PID)、塩水噴霧腐食性、風圧に耐えうる優れた性能のソーラーモジュールが必要になる。

PIDに100%耐えるセルの量産を世界で初めて開始したメーカーとして、JAソーラーは業界をリードするPID耐性のあるモジュールを製造する。JAソーラーは2014年8月初め、その高効率多結晶RIECIUMモジュールが、第三者認証機関テュフズードが実施した500時間のPIDテストに合格した。同テストは摂氏85度、85%相対湿度、1000ボルトのシステム・バイアス電圧という極めて厳しい条件下で実施された。

JAソーラーの塩水噴霧に耐えるPVモジュールは今年3月、TUV NORDが実施したダブルスタンダードのIEC 61701塩水噴霧腐食試験(重大度レベル6)に合格した。112日のテスト後、JAモジュールは電力損失2%以下であることを実証した。JAソーラーのJAP6 モジュールは、長期的かつ出力効率が保証される高風圧加重(2400Pa)、積雪加重(5400Pa)以下を実現することができる。

JAソーラーのジアン・シエ社長は「カディス市の太陽光発電プロジェクトへのモジュール搬送は、JAソーラーがフィリピンに初の進出となり、新興市場でのプレゼンスを構築するという当社決意と確信の表れである。JAモジュールの優れたPID耐性、性能、信頼性は、フィリピンのような暑く湿度の高い気象条件での効率的で信頼できる出力を保証する」とコメントした。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150522/0861504483LOGO

ソース:JA Solar Holdings Co., Ltd.

JA Solar Provides Modules for the Largest Solar Project Ever Built in the Philippines

PR62484

CADIZ CITY, Philippines, Nov. 10, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

JA Solar Holdings Co., Ltd. (Nasdaq: JASO) ("JA Solar"), one of the world's

largest manufacturers of high-performance solar power products, today announced

that it completed a 92.5 MW shipment of modules in mid-October to be used in

the largest solar photovoltaic (PV) power project ever built in the Philippines.

Located in Cadiz City of the Negros Occidental province, the facility is

designed for a total capacity of 132.5MW, 92.5MW of which will be equipped with

JA Solar's JAP6-72 310W modules, including an initial on-site installment of

over 30MW. The Negros Occidental province is located near the equator and the

facility is located approximately 3 km from the coastline. Maximum wind speeds

at the facility have been clocked at 56 meters/second (125 mph). The strong

winds, combined with humid and salty air conditions require superior

performance solar modules resistant to potential induced degradation (PID),

salt spray corrosion and wind pressure.

As the first manufacturer worldwide to have started mass production of 100%

PID-resistant cells, JA Solar produces modules with industry-leading

PID-resistance. In early August 2014, JA Solar announced that its

high-efficiency polycrystalline RIECIUM module passed the 500-hour PID test

administered by TUV SUD. The tests were conducted under extreme conditions of

85 degrees Celsius, 85% relative humidity and 1,000 volts of system voltage

bias.

In March of this year, JA Solar's salt mist resistance PV modules passed the

Double Standard IEC 61701 Salt Mist Corrosion Test (Severity Level 6) conducted

by TUV NORD. Following 112 days of testing, JA modules demonstrated a power

loss of less than 2%. In terms of its load performance, JA Solar's JAP6 modules

are able to perform under high wind loads (2400Pa) and snow loads (5400Pa),

ensuring long-term stability and power output efficiency.

Mr. Jian Xie, President of JA Solar, commented, "The module shipments for the

solar project in Cadiz City mark JA Solar's first entry into the Philippine

market, demonstrating our resolution and confidence in building a presence in

emerging markets. The superior PID-resistance, performance and reliability of

JA Solar's modules ensure efficient and reliable power output in the hot and

humid conditions of the Philippines."

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150522/0861504483LOGO

SOURCE: JA Solar Holdings Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中