Eigerがスタンフォード大からリンパ浮腫プログラムの独占ライセンス取得

Eiger BioPharmaceuticals, Inc.

2015/11/12 10:29

Eigerがスタンフォード大からリンパ浮腫プログラムの独占ライセンス取得

AsiaNet 62516(1470)

【パロアルト(米カリフォルニア州)2015年11月11日PR News=共同通信JBN】

*リンパ浮腫の治療アプローチとしての可能性があると判定された新たな標的

Eiger BioPharmaceuticals,Inc.は11日、構造組織の変化を後退させてリンパ機能を改善し、リンパ浮腫治療の治療アプローチの可能性を提供するロイコトリエンB4(LTB4)の効果を標的にする技術の独占的ライセンスを取得したと発表した。この技術はスタンフォード大学の心臓血管医療教授でスタンフォード・リンパ・静脈疾患センター長のスタンリー・ロックソン博士が発明した。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151108/285009LOGO

リンパ浮腫はリンパ系が損傷を受け、または阻害された場合に起こる人体の軟組織内の流体の蓄積である。リンパ液の異常な移動による腫れと影響を受けた部分の皮膚が厚くなったり固くなったりするのが特徴である。流体の蓄積に伴って通常は手や足に腫れが生じるが、人体のほかの部分に影響が及ぶこともある。リンパ浮腫は患者に長期的な肉体的、心理的、社会的問題を起こし、生活の質に大きな影響を及ぼすことが多い。承認された処方治療法はない。

Eigerのジョアン・クァン最高医療責任者(CMO)は「スタンフォードの研究者たちはLTB4として知られる自然に生じる炎症性物質がリンパ浮腫の動物モデルとヒトのリンパ浮腫で増加すること、LTB4の増加には組織の炎症とリンパ機能の損傷が伴うことを初めて示した。LTB4の薬理学的標的化阻害は動物の治療では生理的なリンパ機能の修復を促進し、リンパ腫疾患を後退させる」と語った。

Eigerのデビッド・コーリー社長兼最高経営責任者(CEO)は「現在、承認されたリンパ腫向けの薬剤はない。ロックソン博士の研究はリンパ浮腫の病因にLTB4の新たな機能があることを示し、LTB4の効果を阻害すればこの病気の有望で安全な新しい治療戦略になることを示唆した。EigerはLTB4の効果のブロックがリンパ浮腫の有用な新治療法になるかどうかを調べるという次のステップにコミットする」と述べた。

▽リンパ浮腫について

リンパ浮腫は原発性(それ自体が発生する)だったり、副次性(他の病気、症状によって起こる)だったりする。原発性リンパ浮腫は誕生時にリンパ管の一部が欠損しているか、リンパ管の異常によって起こる。発病時の年齢によって3つの形態がある。原発性リンパ浮腫の発生は米国では20万人以下、EU(欧州連合)では1万人あたり5人以下で、規制当局による希少疾患指定の対象になると見込まれている。副次性リンパ浮腫は通常はリンパ系を通じたリンパ液の流れを変える阻害、中断の結果として発生し、感染、悪性腫瘍、手術、瘢痕組織の形成、トラウマ、放射線照射などのがん治療から起こることもある。原発性リンパ浮腫と副次性リンパ浮腫はいずれも生活の質の低下をもたらす衰弱性の障害で、効果的な治療法に対する満たされていない医療上の必要が大きい。リンパ浮腫に対する承認された薬理的な治療法はない。

▽Eigerについて

Eigerは臨床段階のバイオ医薬品会社で、希少疾患治療用の新製品を市場化することにコミットしている。同社は満たされない医療上の必要が大きく、治療のバイオロジーが明確で、そのために有効な療法を緊急に必要とする疾患に対応する能力を持った十分に特性化された多様な後期段階の医薬品候補ポートフォリオを持っている。

▽投資家問い合わせ先

Jim Shaffer, Eiger Bio, Inc., +1-919-345-4256,

jshaffer@eigerbio.com

ソース:Eiger BioPharmaceuticals, Inc.

Eiger BioPharmaceuticals Announces Acquisition of Exclusive License to Lymphedema Program from Stanford University

PR62516

PALO ALTO, Calif., Nov. 11, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Novel Target Identified as Potential Therapeutic Approach for Lymphedema

Eiger BioPharmaceuticals, Inc. today announced that it has acquired an

exclusive license to technology for targeting effects of leukotriene B4 (LTB4)

to reverse structural tissue changes and improve lymphatic function, providing

a potential therapeutic approach for treating lymphedema.  The technology was

invented by Dr. Stanley Rockson, MD, Professor of Cardiovascular Medicine at

Stanford University and Director of the Stanford Center for Lymphatic and

Venous Disorders.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151108/285009LOGO

Lymphedema is the build-up of fluid in soft body tissues when the lymph system

has been damaged or blocked. It is characterized by swelling due to abnormal

transport of lymphatic fluid and thickening or hardening of the skin in

affected areas.  As fluid builds up, swelling occurs, usually in an arm or a

leg, but can also affect other parts of the body.  Lymphedema often causes

long-term physical, psychological, and social problems for patients and

significantly impacts quality of life.  There is no approved prescription

therapy.

"Stanford researchers have demonstrated for the first time that a

naturally-occurring inflammatory substance known as LTB4 is elevated in both

animal models of lymphedema as well as human lymphedema and that elevated LTB4

is associated with tissue inflammation and impaired lymphatic function," said

Joanne Quan, MD, Chief Medical Officer at Eiger.  "Targeted pharmacologic

inhibition of LTB4 promotes physiologic lymphatic repair and reverses

lymphedema disease in treated animals."

"There are no approved pharmacologic agents for lymphedema today," said David

Cory, President and Chief Executive Officer at Eiger.  "Dr. Rockson's work

demonstrates a novel function of LTB4 in the pathogenesis of lymphedema

suggesting that blocking the effects of LTB4 may be a promising and safe new

therapeutic strategy for this disorder.  Eiger is committed to the next step,

initiating a clinical study to explore if blocking the effects of LTB4 may be a

useful new treatment for lymphedema."

About Lymphedema

Lymphedema can be either primary (occurs on its own) or secondary (caused by

another disease or condition).  Primary Lymphedema is caused by the absence of

certain lymph vessels at birth, or abnormalities in the lymphatic vessels.  It

can be divided into three forms, depending on age of onset.  The prevalence of

Primary Lymphedema is less than 200,000 in the US and less than 5 in 10,000 in

the EU, and is expected to be eligible for Orphan Designation by regulatory

authorities.  Secondary Lymphedema usually develops as a result of a blockage

or interruption that alters the flow of lymph through the lymphatic system and

can develop from an infection, malignancy, surgery, scar tissue formation,

trauma, radiation, or other cancer treatment.  Primary Lymphedema and Secondary

Lymphedema can both be debilitating disorders with negative impact on quality

of life and a large unmet medical need exists for an effective therapy.  There

is no approved pharmacologic treatment for Lymphedema.

About Eiger

Eiger is a clinical-stage biopharmaceutical company committed to bringing to

market novel products for the treatment of Orphan diseases.  The company has

built a diverse, late-stage portfolio of well-characterized product candidates

with the potential to address diseases for which the unmet medical need is

high, the biology for treatment is clear, and for which an effective therapy is

urgently needed.

Investors: Jim Shaffer, Eiger Bio, Inc., +1-919-345-4256, jshaffer@eigerbio.com

SOURCE: Eiger BioPharmaceuticals, Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中