RhodeCodeがAppenlightの買収完了

RhodeCode Inc.

2015/11/13 11:55

RhodeCodeがAppenlightの買収完了

AsiaNet 62544 (1485)

【ベルリン、パロアルト(米カリフォルニア州)2015年11月13日PR Newswire=共同通信JBN】

*クロスレファレンス:写真はAP Images (http://www.apimages.com )およびhttp://www.presseportal.de/nr/114491 で入手可能

RhodeCode Inc.は13日、民間のアプリケーション・パフォーマンス管理(APM)プロバイダー、Appenlightの買収を完了したと発表した。Appenlightはデベロッパーがウェブアプリから容易かつ迅速に性能測定基準とエラー報告を収集できるようにしている。金銭的条件は明らかにされていない。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151023/279973LOGO

ゲーミング、金融サービス、リテール、ヘルスケアなどさまざまな業界のクライアントが現在、Appenlightを利用している。RhodeCodeはAppenlightをエンタープライズ・ソリューションに統合し、顧客が社内のファイアウォールの背後(BTF)にいるソフトウエア開発チームに強力な性能管理・報告能力を与えられるようにする。

RhodeCodeのマシュー・パウエル最高経営責任者(CEO)は「Appenlight買収はRhodeCodeと顧客に大変革をもたらす。われわれはいまや、性能監視、リアルタイムのデータ分析、エラー警告の提供が可能で、顧客はアプリケーション・パフォーマンスとサービス提供を最適化できるようになる。数カ月内にAppenlightプラットフォームの追加アプリをリリースするつもりだ」と語った。

Appenlightの創設者でクリエーターのマルチン・ルーレク氏は「RhodeCodeへの合流決定は道理にかなっている。デベロッパーはいま、常時リアルタイムでアプリケーションを展開する一方、ウェブ・フレームワークとクラウド・インフラストラクチャーを使うことをコード化している。ウェブ開発はエンタープライズに移行し、その一環としてAppenlightをBTFに置くことは自分たちのソフトウエア性能を的確に把握したいチームのニーズに適応させている」と語った。

Appenlightの買収は、現在のデータ管理テクノロジーとアプリケーション監視の開発環境を拡張することによって、RhodeCodeのポートフォリオ強化に寄与する。このため、顧客はスケーラブルなウェブアプリの開発を簡素化、加速できるようになる。

このサービスは、データの保管、アクセスが容易なRESTful JSON APIに全面依存している。そのフロントエンドは強力な図表化能力があり、ユーザーはデータをグラフ、チャート、グループ分け報告のような特注ビジュアル・フォーマットで示すことができる。

RhodeCodeに関する詳細はhttps://rhodecode.com/ を参照。

▽報道関係問い合わせ先

Brian Butler

brian@rhodecode.com

+49-1575-3023-911

John Farrell

John@rhodecode.com

+1-(415)-813-2047

ソース:RhodeCode Inc.

RhodeCode Completes Acquisition of Appenlight

PR62544

BERLIN and PALO ALTO, California, Nov. 13, 2015 / PRNewswire=KYODO JBN / --

-Cross reference: Picture is available at AP Images (http://www.apimages.com)

and http://www.presseportal.de/nr/114491

RhodeCode Inc., today announced that it has completed the acquisition of

Appenlight, a privately held application-performance-monitoring provider that

enables developers to easily and quickly gather performance metrics and error

reports from web apps. Financial terms were not disclosed.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151023/279973LOGO )

Clients across a variety of industries, including gaming, financial services,

retail, and healthcare use Appenlight today. RhodeCode has now integrated

Appenlight into its Enterprise solution, enabling customers to deliver powerful

performance monitoring and reporting capabilities to their software development

teams behind-the-firewall.  

"Acquiring Appenlight is a game changer for RhodeCode and our customers.  We

can now deliver performance monitoring, real-time data analysis, and error

alerts, so customers can optimize their application performance and service

delivery. We will launch added applications on the Appenlight platform in the

months to come," said Matthew Powell, RhodeCode CEO.

"The decision to join RhodeCode makes perfect sense. Developers now code using

web frameworks and cloud infrastructure while constantly deploying their

applications in real-time. Web development has transitioned into Enterprise and

as part of that shift putting Appenlight behind-the-firewall fits the needs of

teams looking to be right on the pulse of their software's performance," said

Marcin Lulek, Appenlight founder and creator.

The acquisition of Appenlight helps strengthen the RhodeCode portfolio by

extending the current development environment with data management technologies

and application monitoring. This will enable customers to simplify and

accelerate the development of scalable web apps.

The service is fully based on a RESTful JSON API, that allows for data to be

easily

stored and accessed. Its front-end has powerful graphing capabilities, letting

users present their data in custom visual formats such as graphs, charts, or

grouped reports.

To learn more about RhodeCode, visit https://rhodecode.com/

<start_indent>

Press Contacts:

Brian Butler

brian@rhodecode.com

+49-1575-3023-911

John Farrell

John@rhodecode.com

+1-(415)-813-2047

Source: RhodeCode Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中