FlexjetがAerionの超音速ビジネスジェットの初の発注者に

Aerion Corporation

2015/11/18 14:07

FlexjetがAerionの超音速ビジネスジェットの初の発注者に

AsiaNet 62591(1508)

【ラスベガス2015年11月18日PR Newswire=共同通信JBN】

*画期的な新ジェット機は大陸間旅行の時間を大幅短縮

超音速テクノロジーリーダーであるAerion Corp.(http://www.aerionsupersonic.com )とプライベートジェットでは世界で最も豪華な機材を旅行者に提供するFlexjet LLC(http://www.flexjet.com )は18日、ビジネス航空ショーのNBAA(ナショナル・ビジネス・アビエーション・アソシエーション)会場で、超音速ビジネスジェット機として初めて市販されるAerionのAS2航空機20機をFlexjetが確定発注したと発表した。FlexjetはAS2機材の初の購入者となる。

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151117/288051

Flexjetのケン・リッチ会長は「Flexjetはその歴史を通じて、航空機技術では最先端を行き、当社航空機オーナーの最新のパフォーマンスを紹介してきた。われわれは今日、超音速旅行というビジネスジェットの新たな革命の最前線に立つことを誇りに思う。Aerion AS2の初の購入者となり、当社オーナーに超音速、大陸間飛行能力を提供できることは喜ばしい」と語った。

Aerion AS2ビジネスジェットはトップスピードがマッハ1.5で、現在および今後予測される長距離亜音速ジェットのトップ巡航スピードより67%速い。AS2は8人から12人乗りで、超音速スピードで4750ノーティカルマイルの大陸間横断能力があり、亜音速航空機と比較して大西洋横断で3時間、太平洋横断で6時間以上節約する。エアバス・グループと共同開発中のこの3発ジェット機は、2021年に初飛行し、2023年に就航する。

リッチ会長は「われわれはAerionの技術とAS2の驚嘆すべき性能を検討して、それがビジネス旅行のゲームチェンジャーになり得ると見ている。Aerionとエアバス・グループは、AS2開発で大きく前進しつつある」と付け加えた。

AerionとFlexjetは、Flexjetが最近就航したRed Label機材のような優れた内装という伝統を活かしながら、AS2向けの驚異的な独自の内装の設計で協力する。Flexjetは、多くの顧客が同社の革新的なグローバルアクセス・プログラムを通じて、AS2を他のFlexjetの大型機と組み合わせて利用し、1日で大陸間往復など特に需要の多い旅行日程にAS2のスピードを活かすと予想している。

Aerionのロバート・バス会長は「ケン・リッチ氏と同氏が統括するすべてのDirectional Aviation企業グループは、再三にわたり業界リーダー、イノベーターであることを実証してきた。われわれはパフォーマンスとビジネス航空を大きく変革する熱意を共有している。今回は両社間の大きな関係の真の始まりである。私はリッチ氏のビジョンとAerionに対する信頼に感謝したい」と語った。

▽Aerion Corporationについて

米ネバダ州リノに本社を置くAerion Corporationは、実用的で効率的な超音速飛行の新時代をもたらすために2002年に設立された。Aerionは10年余りにわたり、NASAや他の有力な航空機関と連携して最新のウィング(翼)テクノロジーの開発を進めてきた。この研究は同社AS2ビジネスジェットに関連する主要な実用技術である超音速自然層流領域における画期的成果が含まれる。Aerionは2014年、マッハ1.5の超音速ジェットAerion AS2を開発するため、エアバス・グループとの協業に入った。2021年の初飛行、2023年の就航に向け、開発業務が進行している。詳しい情報はwww.aerionsupersonic.comを参照。

▽Flexjet について

Flexjet, LLCは1995年に初めてジェット機のフラクショナル・オーナーシップ(fractional

ownership)市場に参入し、2015年5月に20周年を祝った。Flexjetはフラクショナル・ジェット・オーナーシップとリースを提供する。Flexjetのフラクショナル・オーナーシップ航空機プログラムは世界初の試みであり、Air Charter Safety Foundation(ACSF)の業界監査規格を達成したと認定されている。Flexjetは米連邦航空局(FAA)の第16回Diamond Award for Excellence賞を受賞する初めてで唯一の企業である。

Flexjetのフラクショナル・プログラムは、平均年数が約6年とフラクショナル・ジェット業界で最も新しい部類の専用ビジネス航空機群をそろえ、その中にはLearjet 75、Challenger 350、エンブラエルLegacy 450、Global Express、ガルフストリームG450、G500、G650ビジネスジェットのLXiキャビン・コレクションが含まれる。全体的なジェット・コレクションはエンブラエルPhenom 300、Challenger 300、Challenger 605が含まれる。FlexjetはDirectional Aviation企業グループに属している。Flexjetの詳しい情報はwww.flexjet.comを参照あるいはTwitter @Flexjet(https://mobile.twitter.com/flexjet )をフォロー。

ソース:Aerion Corporation

▽問い合わせ先

Aerion Corporation,

Jeff Miller, VP, marketing and communications,

1-817-291-2234 jeffmiller@aerioncorp.com,

Flexjet,

Nicholas Parmelee, The Hubbell Group, Inc.,

216-406-5602 (cell), 781-878-8882 (office)

nparmelee@hubbellgroup.com

Flexjet to Become First Fleet Customer for Aerion Supersonic Business Jet

PR62591

LAS VEGAS, Nov. 18, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

  -- Revolutionary New Jet Will Slash Trip Times for Intercontinental Travel

NBAA -Aerion Corp.[ http://www.aerionsupersonic.com/ ], the leader in

supersonic technology, and Flexjet LLC [ http://www.flexjet.com/ ] , offering

travelers access to the world's most luxurious fleet of private jets, today

announced that Flexjet has placed a firm order for 20 of Aerion's AS2 aircraft,

which will be the first commercially available supersonic business jet. Flexjet

becomes the inaugural fleet purchaser of the AS2.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151117/288051

"Throughout its history, Flexjet has been on the leading edge of aviation

technology, introducing advanced performance to our Owners. Today, we are proud

to be at the forefront of the next revolution in business jets, supersonic

travel. We are pleased to be the first fleet purchaser of the Aerion AS2 and to

be able to offer supersonic, intercontinental flight capabilities to our

Owners," said Flexjet Chairman Kenn Ricci.

The Aerion AS2 business jet has a top speed of Mach 1.5, which is 67 percent

faster than the top cruise speeds of current or anticipated long-range subsonic

jets. Carrying eight to 12 passengers, the AS2 has an intercontinental-capable

range of 4,750 nautical miles at supersonic speed, saving three hours across

the Atlantic versus subsonic aircraft and more than six hours on longer

trans-Pacific routes. The three-engine jet, now under development by Aerion in

collaboration with Airbus Group, will make its first flight in 2021 and enter

service in 2023.

"We have examined Aerion's technology and the AS2's remarkable performance

capabilities, and see them as potential game-changers for business travel.

Aerion and Airbus Group are moving forward impressively with the AS2's

development," added Ricci.

Aerion and Flexjet will work together to design stunning and unique interiors

for the AS2, continuing the tradition of premium interiors such as those in

Flexjet's recently launched Red Label fleet. Flexjet anticipates that many

customers will, through its innovative Global Access program, use the AS2 in

combination with other large-cabin Flexjet aircraft, taking advantage of the

AS2's speed to meet especially demanding travel schedules, such as

intercontinental round trips in a single day.

"Kenn Ricci, and all of the Directional Aviation companies he oversees, have

proven themselves time and again to be industry leaders and innovators," said

Aerion Chairman Robert Bass. "We share a passion for performance and for

revolutionizing business aviation. This is indeed the beginning of a great

relationship between our companies. I want to thank Kenn for his vision and his

confidence in Aerion."

About Aerion Corporation

Aerion Corporation of Reno, Nevada, was formed in 2002 to introduce a new era

of practical and efficient supersonic flight. Over more than a decade, Aerion

has demonstrated advanced wing technology in conjunction with NASA and other

leading aeronautical institutions. This research includes breakthrough work in

the area of supersonic natural laminar flow, the key enabling technology behind

the company's AS2 business jet. In 2014, Aerion entered into collaboration with

Airbus Group to develop the Aerion AS2 Mach 1.5 supersonic jet. Engineering is

underway with first flight planned for 2021 and entry into service in 2023.

More information can be found at www.aerionsupersonic.com.

About Flexjet

Flexjet, LLC first entered the fractional jet ownership market in 1995, and

celebrated its 20th anniversary in May 2015. Flexjet offers fractional jet

ownership and leasing. Flexjet's fractional aircraft program is the first in

the world to be recognized as achieving the Air Charter Safety Foundation's

Industry Audit Standard, and Flexjet is the first and only company to be

honored with its 16th FAA Diamond Award for Excellence.

Flexjet's fractional program fields an exclusive array of business

aircraft - some of the youngest in the fractional jet industry, with an average

age of approximately six years - including their LXi Cabin Collection consisting

of the Learjet 75, Challenger 350, the Embraer Legacy 450, Global Express and

the Gulfstream G450 ,G500 and G650 business jets. In addition, the overall jet

collection includes the Embraer Phenom 300, Challenger 300 and Challenger 605.

Flexjet is a member of the Directional Aviation family of companies. For more

details on innovative programs and flexible offerings, visit www.flexjet.com or

follow us on Twitter @Flexjet [ https://mobile.twitter.com/flexjet ].

SOURCE: Aerion Corporation

CONTACT: Aerion Corporation, Jeff Miller, VP, marketing and communications,

1-817-291-2234 jeffmiller@aerioncorp.com, OR Flexjet, Nicholas Parmelee, The

Hubbell Group, Inc., 216-406-5602 (cell), 781-878-8882 (office)

nparmelee@hubbellgroup.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中