ティッセンクルップが新たなブランド・アイデンティティを導入

ティッセンクルップ

2015/11/24 14:24

ティッセンクルップが新たなブランド・アイデンティティを導入

AsiaNet 62624

【エッセン(ドイツ)2015年11月24日PR Newswire】

すべてのグループ企業に共通のブランド

・新しいブランドは多角化した工業グループへの転換を反映

・顧客中心のブランド・プロミス

・多大な費用を掛けた広告キャンペーンは行わず、ブランドは段階的に導入

ティッセンクルップは今後、世界でひとつの共通ブランドを使用します。このブランド変更はドイツ、エッセン市を拠点とする技術系企業から、多角化した工業グループへの転換を反映したものです。

ティッセンクルップの最高経営責任者(CEO)であるハインリヒ・ヒージンガー(Dr. Heinrich Hiesinger)は、「ティッセンクルップは最近になって変化を遂げ、今日ではこれまでと異なる企業となっています。さらに多角化を進め、その結果として、一層安定した企業となりました」と述べています。

また、広報責任者であるアレクサンダー・ヴィルケ(Alexander Wilke)は、「ティッセンクルップはまだ、自らが目指しているハイパフォーマンスの工業グループとして、あらゆる場所で認識されているわけではありません。ブランドの変更に踏み切ったのはこのためです」と付け加えています。新しいブランドは顧客中心主義をさらに強く打ち出し、多角化した工業グループとしての位置付けと共に、グループ・シナジーを活用することによって、顧客、従業員、および株主に付加価値を創り出す、総合的な事業推進への取り組みを表現します。

新たなブランド戦略は、6,000名を超える顧客、従業員、入社希望者、投資家、工場協議会メンバー、公人、および消費者を対象とした調査に基づいて行われました。この結果、ティッセンクルップはエンジニアリングにおいて高いスコアを得ていることが明らかになりました。また、ティッセンクルップとその従業員および製品は、高度な品質と信頼性を備えていると見なされています。新しいブランドは、このイメージを基盤とし、顧客要求への取り組みを高めます。

この新しいブランドは、ティッセンクルップが拠って立つものをロゴ、スローガン、および新しいカラーに表しています。ヴィルケは、「これらはブランドの目に見える要素に過ぎません。その中心には顧客を据え、さらにどのように顧客の進歩を実現するかという私たちのブランド・プロミスがあります」と述べています。

ヒージンガーは、「この新しいブランドは私たちが変革の終わりに達したことを意味するのではなく、社内外において私たちの変革をさらに推し進めるようデザインされています」と続けます。これがティッセンクルップが今後ひとつの共通ブランドを使用しようとしている理由です。グループ内には現在、180種類を超える異なったブランド・アイデンティティが共存しています。単一のブランドにより顧客や従業員の間に統一されたイメージが生まれます。

これもまた、新しいロゴが強調するものです。ティッセンとクルップはかつて別々の存在でしたが、今ではひとつのデザイン要素として統一されています。新たなスローガンである「engineering.tomorrow.together.」は、このブランド・プロミスを集約し、「私たちが誰か、何を行っているか、そして、どのように行うかを3つの単語で表しています」と、ヴィルケは述べています。この新しいブランドは、進化も強調しています。

ティッセンクルップは、この新しいブランドを段階的に、会社の財務状況に合わせて導入します。サービス車両、物流部門が使用するトラック、事務用品、ユニフォームなどへの新ブランド導入は、それぞれが入れ換えの時期を迎えたうえで実施します。ティッセンクルップによる新ブランドへの投資は数百万ユーロ程度を見込んでいます。

ティッセンクルップについて

アジア太平洋地域におけるティッセンクルップ

ティッセンクルップは、アジア太平洋地域において19カ国に27,000人を超える従業員を擁し、持続可能な発展に向けて技術、製品、およびサービスを開発するために熱意と専門知識を持って取り組んでいます。アジア太平洋地域におけるティッセンクルップは、2013~2014年度において世界の総売上のほぼ12%にあたる約49億ユーロの売り上げを達成しています。

ウェブサイト:www.thyssenkrupp.com

ブログ:www.engineered-thyssenkrupp.com

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20151119/8521507893LOGO

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20151119/8521507893-a

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20151119/8521507893-b

(日本語リリース:クライアント提供)

thyssenkrupp with new brand identity -- common brand for all Group companies

PR62624

ESSEN, Germany, Nov. 19, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-New brand reflects transformation to diversified industrial group

-Brand promise places focus on customers

-Brand to be introduced gradually: no lavish advertising campaign

In the future thyssenkrupp will use one common brand globally. The

redevelopment of the brand reflects the transformation of the Essen-based

technology company to a diversified industrial group. "thyssenkrupp has changed

in recent years. We are a different company today. We have become more

diversified and as a result more stable," says Dr. Heinrich Hiesinger, CEO of

thyssenkrupp.

"However, we are not yet perceived everywhere as the high-performance

industrial group we are and want to become even more. That's why we decided to

redevelop the brand," adds communications chief Alexander Wilke. The new brand

communicates the company's positioning as a diversified industrial group and

its aspiration to work in an integrated way, leveraging internal synergies and

creating added value for customers, employees and shareholders.

The new branding is based on a survey of over 6,000 customers, employees,

applicants, investors, works council members, public figures and consumers. The

findings: thyssenkrupp scores highly on engineering. The company and its

employees and products are seen as high-quality and reliable. The new brand

identity builds on this image and puts an even stronger focus on customer

requirements.

The new brand condenses what thyssenkrupp stands for in a logo, a slogan, and

new colors. Wilke: "But these are only the visible elements of our brand. At

its core is our brand promise-because it places the focus on customers and says

how we want to advance them."

"The new brand does not mean that we have reached the end of our

transformation. But it is designed to give a further boost to our change

process both inside and outside the company," Hiesinger continues. Over 180

different brand identities currently exist side-by-side within the Group. The

single brand will create a unified image among customers and employees.

This is also underlined by the new logo. The Thyssen and Krupp signets,

previously separate, now form a single element. The new slogan engineering.

tomorrow. together. condenses the brand promise "and describes in three words

who we are, what we do and how we do it," says Wilke.

thyssenkrupp will gradually introduce the new brand in accordance with the

company's financial situation. Service vehicles, trucks used by the logistics

unit, office stationery, work clothes, etc. will only appear in the new brand

look when they are due to be replaced. Overall thyssenkrupp is investing a

mid-single-digit million euro amount in the new brand.

About us:

ThyssenKrupp in Asia and the Pacific

ThyssenKrupp has over 27,000 employees in 19 countries across Asia and the

Pacific working with passion and expertise to develop technologies, products

and services for sustainable progress. In fiscal year 2013/2014, ThyssenKrupp

in Asia and the Pacific generated sales of around EUR 4.9 billion, representing

nearly 12% of the global total sales. www.thyssenkrupp.com

Company blog: www.engineered.thyssenkrupp.com

Logo  http://photos.prnasia.com/prnh/20151119/8521507893LOGO

Photo http://photos.prnasia.com/prnh/20151119/8521507893-a

Photo http://photos.prnasia.com/prnh/20151119/8521507893-b

SOURCE  thyssenkrupp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中