アエロフロートの1-10月の旅客輸送は前年比13.7%増

アエロフロート

2015/11/27 16:31

アエロフロートの1-10月の旅客輸送は前年比13.7%増

AsiaNet 62679(1549)

【モスクワ2015年11月26日PR Newswire=共同通信JBN】アエロフロートPJSC(Aeroflot PJSC、モスクワ証券取引所ティッカー:AFLT)は26日、アエロフロート・グループ(以下グループ)およびアエロフロート・ロシア航空(以下同社)の2015年10月と同年1-10月の運航実績を発表した。

Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150115/724686

グループと同社の2015年10月と同年1-10月の運行実績は、トランスアエロ航空の旅客を輸送する計画へのグループの参加によって大きな影響を受けた。10月には、トランスアエロ航空の全便が26日に運行停止するまで、トランスアエロ航空の旅客はアエロフロート・グループが運行するトランスアエロ便およびグループ自身の定期便で輸送された。このような状況を処理するための特別運行センターが設置され、旅客輸送に伴う金銭上の支出を最小限に抑える目的でトランスアエロ旅客を割り振った。

この文書が示す輸送実績は、アエロフロート・グループの便で運ばれたトランスアエロの旅客についてのみ示している。旅客は8万8700人、有償旅客キロ数(RPK)は2億5920万だった。アエロフロート・ロシア航空は最大数のトランスアエロ旅客6万1100人、RPKで1億7830万を輸送した。2015年9月、10月のアエロフロート・グループ運行管理によるトランスアエロ便の旅客を含めると、輸送旅客総数は190万人となった。

トランスアエロ航空の旅客に対するサービス提供には、多くの路線の増便あるいは大型機の割り当てなどを含め、アエロフロート・グループのフライトスケジュールに大きな変更を必要とした。これらの便宜的な変更は、座席キロ数への影響はあったが、運行計画の枠内だった。ロシア国内航空会社オレンエアは、グループの運行プログラムの範囲外の旅行代理店Biblio Globusの顧客であったトランスアエロ旅客のために追加の輸送力を提供した。

トランスアエロ旅客の輸送は、2015年10月のグループおよび同社の前年比旅客搭乗率の増加を説明する主要な要因となった。

▽2015年1-10月の運航ハイライト

2015年1-10月のアエロフロート・グループの旅客輸送数は前年比13.7%増の3350万人だった。アエロフロート航空の旅客数は、同期間で前年比10.6%増の2200万人だった。

グループの有償旅客キロ数(RPK)は2015年1-10月で前年比8.1%増、同社は10.3%増だった。同期間のグループの座席キロ数(ASK)は前年比7.8%増、同社のASKは9.1%増。グループの同期間の旅客搭乗率は前年比0.2ポイント増の79.2%、同社は1.0ポイント増の80.3%だった。

▽2015年10月の運航ハイライト

2015年10月のアエロフロート・グループの旅客数は340万人で、前年比17.9%増だった。アエロフロート航空の旅客数は230万人で13.1%増。

グループおよび同社のRPKは前年比それぞれ11.3%、11.9%増加した。ASKは、アエロフロート・グループが前年比9.3%増、アエロフロート航空が8.8%増だった。

国内路線では、グループの旅客数とRPKは、それぞれ前年比37.1%、31.1%増加した。これは主として国内便の需要増、国内観光旅行の伸び、格安便旅行の増加、および高需要路線の増便を含むASKの前年比29.0%増に起因する。2015年10月の国内路線の同社旅客数とRPKは、それぞれ17.9%、17.2%増加した。これは国内便の需要増とそれに伴うASKの13.4%増にけん引された。

国際路線では、グループの旅客数とRPKは2015年10月にそれぞれ、前年比3.1%、1.8%減少した。この下落は、グループが引き続き子会社の輸送力の効率化(主としてチャーター便部門)と、国内路線への輸送力振り向けを続けていることに伴い、国際路線のASKが前年比3.4%減少したことに起因する。アエロフロート航空の国際路線の旅客数とRPKは2015年10月、いずれも前年度比8.8%増加した。同社の国際路線の伸びは、複数の外国航空会社がロシアへの便数を減らしたため競争が低下したほか、シェレメチェボ空港経由の国際便の増加によって支えられた。

2015年10月の旅客搭乗率は、グループで前年比1.4ポイント増の78.8%、同社で2.2ポイント増の80.6%だった。

▽機材の更新

アエロフロート航空は2015年1-10月に、ボーイング737-800を6機、SSJ100を5機、ボーイング777-300ERを3機追加した。同じ期間に、5機のIL-96が退役した。アエロフロート機材の純増は9機となる。2015年10月31日時点で、アエロフロート航空の機材は164機。

アエロフロート・グループは2015年1-10月に、Boeing 737-800を11機、エアバスA319を1機、SSJ100を5機、ボーイング777-300ERを3機追加した。9機のボーイング737-800、1機のエアバスA320、5機のIL-96が退役した。2015年10月31日時点で、グループの機材は262機。

ソース:Aeroflot

Aeroflot Group Passenger Traffic Up 13.7% in 10M 2015

PR62679

MOSCOW, Nov. 26/PRNewswire=KYODO JBN/ --

    Aeroflot PJSC (Moscow Exchange ticker: AFLT) announces operating results

for Aeroflot Group ("the Group") and Aeroflot - Russian Airlines ("the

Company") for October and ten months of 2015.

         (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150115/724686 )

    The operating results of Aeroflot Group and Aeroflot - Russian Airlines for

October and ten months of 2015 were significantly influenced by the Group's

participation in a major program to carry passengers of Transaero airline.

During the month of October, until all Transaero flights ceased on October 26,

Transaero passengers flew aboard Transaero flights operated by Aeroflot Group

as well as aboard Aeroflot Group's own scheduled flights. A special operational

centre was established to handle the situation, and it reassigned Transaero

passengers with the goal of minimising financial expenses associated with

carrying passengers.

    The traffic figures presented in this document account only for Transaero

passengers carried aboard Aeroflot Group flights. This totalled 88,700

passengers, or 259.2 million revenue passenger kilometres. Aeroflot - Russian

Airlines carried the largest number of Transaero passengers, 61,100 passengers

or 178.3 million revenue passenger kilometres. When including passengers that

flew aboard Transaero flights under Aeroflot Group operational management in

September and October 2015, the total number of passengers carried was 1.9

million.

    Servicing Transaero passengers required insignificant changes in Aeroflot

Group's flight timetable, including additional flights on a number of routes

and allocation of larger aircraft. These tactical changes, though they had an

effect on available seat kilometres, were a part of the operational programme.

OrenAir supplied additional capacities for Transaero passengers who were

clients of the travel agency Biblio Globus, beyond the scope of the operational

programme.

    Transportation of Transaero passengers was the key factor that explains

year-on-year passenger load factor increase of the Group and the Company in

October 2015.

    January - October 2015 Operating Highlights

    Passenger traffic for Aeroflot Group in 10M 2015 was 33.5 million, up 13.7%

year-on-year. Aeroflot airline's passenger traffic was 22.0 million during the

same period, up 10.6% year-on-year.

    Group revenue passenger kilometres ("RPKs") rose by 8.1% year-on-year for

10M 2015, while the Company posted 10.3% year-on-year RPK growth. Group

available seat kilometres ("ASKs") increased by 7.8% year-on-year for 10M 2015,

while the Company's ASKs increased by 9.1% year-on-year. Group passenger load

factor increased 0.2 percentage point (p.p.) year-on-year to 79.2%, while the

Company's passenger load factor increased by 1.0 p.p.

year-on-year to 80.3%.

    October 2015 Operating Highlights

    In October 2015, Aeroflot Group passenger traffic was 3.4 million, up 17.9%

year-on-year. Aeroflot airline's passenger traffic was 2.3 million, a

year-on-year increase of 13.1%.

    Group and Company RPKs increased by 11.3% and 11.9% year-on-year,

respectively, in October 2015. ASKs for the same period rose by 9.3%

year-on-year for Aeroflot Group and by 8.8% for Aeroflot airline.

    On domestic routes, Group traffic and RPKs grew by 37.1% and 31.1%

year-on-year, respectively, in October 2015. This was mainly attributable to

increased demand for domestic flights, growth of in-country tourism, a rise in

low-cost travel, combined with a 29.0% year-on-year increase in ASKs, including

increased flight frequencies on high-demand routes. Company traffic and RPKs on

domestic routes in October 2015 were up 17.9% and 17.2% year-on-year,

respectively, driven by increased demand for domestic flights and a

corresponding increase in ASKs of 13.4%.

    On international routes, Group traffic and RPKs were down by 3.1% and 1.8%

year-on-year, respectively, in October 2015. This decline was attributable to a

3.4% year-on-year decrease in ASKs on international routes, as the Group

continued to optimise capacities in its subsidiaries (mainly in the charter

flights segment) and reallocate capacity to domestic routes. Aeroflot airline's

traffic and RPKs on international routes increased by 8.8% and 8.8%

year-on-year, respectively, in October 2015. The Company's growth on

international routes was supported by a continuing decrease in competition as

several foreign carriers reduced flight frequencies to Russia, as well as by

increased international transit traffic through Sheremetyevo airport.

    In October 2015, the passenger load factor increased by 1.4 p.p.

year-on-year to 78.8% for the Group and by 2.2 p.p. year-on-year to 80.6% for

the Company.

    Fleet Update

    During 10M 2015, Aeroflot airline added six Boeing 737-800s, five SSJ100s

and three Boeing 777-300ERs. During the same period, five IL-96 aircraft were

phased out of the fleet. The net increase in the Company's fleet amounted to

nine aircraft. As of 31 October 2015, the Aeroflot airline's fleet included 164

aircraft.

    During 10M 2015, the Group added eleven Boeing 737-800s, one Airbus A319,

five SSJ100s and three Boeing 777-300ERs. Nine Boeing 737-800s, one Airbus A320

and five IL-96s were phased out of Aeroflot Group fleet. The net increase in

the Group's fleet amounted to five aircraft. As of 31 October 2015, the Group's

fleet included 262 aircraft.

SOURCE: Aeroflot

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中