企業の二酸化炭素排出報告は全面的見直しが必要とKPMG調査

KPMG International

2015/12/3 14:13

企業の二酸化炭素排出報告は全面的見直しが必要とKPMG調査

AsiaNet 62698(1557)

【パリ2015年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*重要な情報が年次財務報告書と企業責任報告書から抜けている

*世界規模のガイドライン設定が一貫しない取り組みの是正に役立つ

KPMG Survey of Corporate Responsibility Reporting(KPMGの企業責任報告調査)2015年版によると、世界の大企業による二酸化炭素情報には一貫性がなく、利害関係者が企業の実績を他社と容易かつ正確に比較することをほとんど不可能にしている。

KPMGメンバーファームのプロフェッショナルは世界の大企業250社が財務報告書および企業責任報告書の中で公表した二酸化炭素情報を分析、5社のうち4社がこれらの報告書で二酸化炭素について報告しているものの、公表された情報のタイプや質が大きく異なることが分かった。

例えば、250社の半数(53%)は企業報告の中で二酸化炭素の削減目標を明確にしているが、このうちの3分の2はその目標をなぜ選択したかを説明する理論的根拠を提供していない。

報告された排出のタイプも大きく異なる。報告を出した企業の大半は自社操業からの排出(84%)と調達電力からの排出(79%)は報告しているものの、サプライチェーンの排出は半数(50%)が報告しているにすぎない。さらに少数、10社のうち1社未満(7%)が製品・サービスの利用および廃棄に起因する排出の情報を含んでいるだけである。

企業報告書の中で二酸化炭素を取り上げた約半数の企業(51%)は投資家向けのCDPデータベースなど他の情報源の詳細情報を読者に提供している。残り半数はそうしていない。

オランダのKPMGのパートナーでKPMGのサステナビリティー分野における報告と保証業務の責任者であるヴィム・バーテルズ氏がこのKPMG調査の筆頭作成者である。同氏は次のように語った。

「すべての利害関係者は、企業の年次財務報告書ないしは企業責任報告書から企業の二酸化炭素関係実績の高品質で比較可能な情報に素早く容易にアクセスできるべきである。現在はそのようになっていない」

「明らかに改善する必要があり、二酸化炭素に関する世界規模の報告ガイドラインがこの問題の是正に役立つ。これの作成を企業だけに任すべきではない。業界団体、規制機関、基準決定機関、投資家をはじめすべてがその役割を担う」

KPMG調査は、融資者、保険業者、投資家などの利害関係者による実体リスクの把握に役立つ企業の一貫性のある気候関連情報開示制度を開発するタスクフォースの設置を金融安定理事会がG20に最近提案したことに沿っている(注1)。Climate Standards Disclosure Board(CDSB)は企業が主要な財務報告書の中に投資家に関係する気候情報を含めることを促進するための自発的な枠組みも導入した(注2)。

KPMG調査には、企業が年次財務報告書および企業責任報告書で二酸化炭素情報を公表する際に従わなければならないとKPMGメンバーファームが考えるデータ、目標、コミュニケーションに関するガイドラインも含まれている。

KPMGリサーチャーは、大企業250社の各社報告書の品質を評価するために使用したこれらのガイドラインに基づく採点法を考案した。主な調査結果は次の通り。

*鉱業、建設、化学など二酸化炭素高排出部門の大企業5社のうち1社は年次財務報告書ないしは企業責任報告書の中で二酸化炭素について報告していない。

*欧州企業は世界の他地域の企業より高品質な報告書を提出している。

*輸送&レジャー部門の企業は部門別では最も高品質な報告書を作成し、石油&ガス企業は最低品質である。

*年次財務報告書ないしは企業責任報告書の中で二酸化炭素について報告している企業の半数は、二酸化炭素削減がどのように事業に恩恵をもたらしているかを説明している

▽企業責任報告の世界的なトレンド

KPMG Survey of Corporate Responsibility Reportingは、45カ国にある4500社の報告書の分析に基づくCR報告の世界的なトレンドに関する所見を含んでいる。

調査は、CR報告の比率が欧州や米州よりもアジア太平洋地域で大きいことを示している(アジア太平洋地域の企業の79%がCRについて報告している)。

CR報告の最高比率はインド、インドネシア、マレーシア、南アフリカのような新興経済国に見られる。比率が高いのは、大抵の場合、政府ないしは証券取引所の規制によって促されているからである。

調査はまた、年次財務報告書の中にCR情報を含めることが標準的な商習慣になっていることを明らかにしている。調査した4500社の半数以上(56%)がこれを実行している。

▽調査について

KPMG Survey of Corporate Responsibility Reportingは今回が9回目で、1993年に初めて公表された。調査はKPMGメンバーファームのプロフェッショナルによって実施され、企業責任報告書、年次財務報告書、ウェブサイトで企業が公表した公開情報に基づいている。

2015年版では、世界の大企業250社のサンプルは、2014年のフォーチュン500社リストに基づく(注3)。CR報告の世界的なトレンドは45カ国のそれぞれの国で収益がトップの100社の報告書調査に基づいている。

詳細情報および調査コピーのダウンロードは、ウェブサイトhttp://www.kpmg.com/crreporting を参照。

▽KPMG Internationalについて

KPMGは監査、税務、アドバイザリーサービスを提供する専門企業の世界的ネットワークである。世界155カ国で業務を行い、メンバーファーム全体で16万2000人以上が働いている。KPMGネットワークの独立したメンバーファームは、スイスの組織体であるKPMG International Cooperative(KPMG International)に加盟している。個々のKPMGメンバーファームは法律上独立した別の組織体で、その旨を明らかにして事業を展開している。

(注1)出典(http://www.financialstabilityboard.org/wp-content/uploads/Disclosure-task-force-on-climate-related-risks.pdf )2015年11月17日に閲覧

(注2)(http://www.cdsb.net/what-we-do/reporting-frameworks/climate-change )2015年11月19日に閲覧

(注3)http://fortune.com/global500/2014/

▽問い合わせ先

Mark McKenzie

Climate Change & Sustainability Center of Excellence

KPMG International

+31 6 4676 1884 (mobile)

mmckenzie@kpmg.com

Ellie Austin

Climate Change & Sustainability Center of Excellence

KPMG International

+44 7789 942159 (mobile)

eleanor.austin@kpmg.co.uk

ソース:KPMG International

Corporate carbon reporting needs overhaul: KPMG global study

PR62698

PARIS, Dec. 3, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Key information is missing from annual financial and corporate

responsibility reports

-- Global guidelines could help to address inconsistent approaches

Carbon reporting from the world's largest companies lacks consistency, making

it almost impossible for stakeholders to compare one company's performance

easily and accurately with another's, according to the 2015 edition of the KPMG

Survey of Corporate Responsibility Reporting.

Professionals at KPMG member firms reviewed the carbon information published by

the world's largest 250 companies in annual financial and corporate

responsibility reports. They found that although 4 out of 5 of the companies

discuss carbon in these reports, the type and quality of information published

varies dramatically.

For example, only half the G250 (53 percent) state carbon reduction targets in

their company reports and, of these, two thirds provide no rationale to explain

why those targets were selected.

The type of emissions reported varies considerably. While a majority of

reporting companies report on emissions from their own operations (84 percent)

and from purchased power (79 percent), only half (50 percent) report on

emissions in their supply chains. Even fewer, less than one in ten (7 percent),

includes information on emissions resulting from the use and disposal of their

products and services.

Around half (51 percent) of the companies that do discuss carbon in their

company reports refer readers to further detailed information in alternative

sources such as the CDP database for investors. The other half does not.

Wim Bartels, a partner with KPMG in the Netherlands and KPMG's Global Head of

Sustainability Reporting & Assurance, is the lead author of KPMG's survey. He

said:

"All stakeholders should be able to access good quality, comparable information

on a company's carbon performance quickly and easily from the company's annual

financial or corporate responsibility reports. That is simply not the case

today.

"There is a clear need for improvement and global reporting guidelines on

carbon could help to address this problem. It should not be left to companies

alone to figure this out; industry bodies, regulators, standard setters,

investors and others all have a role to play."

KPMG's study follows a recent proposal to the G20 by the Financial Stability

Board for a task force to develop consistent climate-related disclosures for

companies to help lenders, insurers, investors and other stakeholders to

understand material risks.(1) The Climate Standards Disclosure Board (CDSB) has

also introduced a voluntary framework aimed at helping companies include

investor-relevant climate information in mainstream financial reporting.(2)

The KPMG study includes guidelines on data, targets and communication that KPMG

member firms believe companies should follow when publishing carbon information

in annual financial and corporate responsibility reports.

KPMG's researchers devised a scoring methodology based on these guidelines

which they used to assess the quality of reporting from each of the 250 largest

companies. Key findings include:

    - 1 in 5 large companies in high carbon sectors such as mining,

      construction and chemicals does not report on carbon in its annual

      financial or corporate responsibility reports

    - European companies have a higher quality of reporting than companies

      elsewhere in the world

    - Companies in the transport & leisure sector produce the highest quality

      reporting by sector, and oil & gas companies the lowest

    - Only half the companies that report on carbon in their annual financial

      or corporate responsibility reports explain how cutting carbon benefits

      their business

Global trends in corporate responsibility reporting

The KPMG Survey of Corporate Responsibility Reporting includes a view of global

trends in CR reporting based on analysis of reporting by 4,500 companies across

45 countries.

It shows that the rate of CR reporting is now higher in Asia Pacific than it is

in Europe or the Americas (79 percent of companies in Asia Pacific report on

CR).

The highest rates of CR reporting are now found in emerging economies such as

India, Indonesia, Malaysia and South Africa. These high rates are often driven

by regulation, either from governments or stock exchanges.

The research also shows that it is now standard business practice to include CR

information in the annual financial report - more than half (56 percent) of the

4,500 companies studied do this.

About the report

The KPMG Survey of Corporate Responsibility Reporting is now in its 9th edition

and was first published in 1993. Research is carried out by professionals in

KPMG member firms and is based on publicly available information published by

companies in their corporate responsibility reports, annual financial reports

and websites.

In the 2015 edition, the sample of the world's 250 largest companies is based

on the 2014 Fortune 500 listing.(3) Global trends in CR reporting are based on

a study of reporting from the top 100 companies by revenue in each of the 45

countries.

For more information and to download a copy of the report visit

http://www.kpmg.com/crreporting

ABOUT KPMG INTERNATIONAL

KPMG is a global network of professional firms providing audit, tax and

advisory services. We operate in 155 countries and have more than 162,000

people working in member firms around the world. The independent member firms

of the KPMG network are affiliated with KPMG International Cooperative ("KPMG

International"), a Swiss entity. Each KPMG firm is a legally distinct and

separate entity and describes itself as such.

(1) Source: (

http://www.financialstabilityboard.org/wp-content/uploads/Disclosure-task-force-on-climate-related-risks.pdf

) Retrieved 17 November 2015

(2) ( http://www.cdsb.net/what-we-do/reporting-frameworks/climate-change )

Retrieved 19 November 2015

(3) http://fortune.com/global500/2014/

For further information: Mark McKenzie, Climate Change & Sustainability Center

of Excellence, KPMG International, +31 6 4676 1884 (mobile),

mmckenzie@kpmg.com; Ellie Austin, Climate Change & Sustainability Center of

Excellence, KPMG International, +44 7789 942159 (mobile),

eleanor.austin@kpmg.co.uk

SOURCE: KPMG International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中